FC2ブログ

数字は面倒なのよね

  • 2018/11/03 22:18
  • Category: 言葉
この間、初級2の方の授業で最後にちょっとばかり時間が余ったので
5ケタの数字「23,500」を黒板に書いて、一人ひとり読んでもらった。
いやはや、これが面白かった。

ちなみに初級2であるから、みなすでに数字の読み方の基礎は
一通り学習済みである。
また記憶を新たにするために、その前に100は「ひゃく」、1000は「せん」、
10,000は「まん」であることを、再度確認した。

であるにもかかわらず、最初のSくんは「にじゅうまん ごひゃく」と読み、
次のMちゃんは「にじゅうさんまん ごひゃく」、
3人めのOくんは「にじゅうさんまん ごせん」、
4にんめのGちゃんでやっと「にまん さんせん ごひゃく」と近い答えが出てきた。
と言ってもGちゃんも、見るなりさらりと言ってのけたわけではなく
「えーと、えーと・・・」と、頭の中の『数字の読み方一覧表』を必死にたぐりつつ
何とか近い答えを手繰り出したのであった。

私はそれぞれの答えをひらがなで書き、全員終わったところで
今度はそのひらがなを数字に直していったのだが
なにしろ大部分「にじゅうさんまん」なのだから、ケタがひとつ違う。
みんな私が書いていくアラビア数字を見て「おう」とか「あう・・・」とか嘆声を発していたが
どこで間違えたかは各自すぐにわかったようだったので
最後にもう一度、10,000は日本語の場合「まん」という別の単位がある、
フランス語や英語みたいに「じゅう せん」ではありませんよ
とだめ押しをして終わりにした。

余り時間に数字の読み方を練習したのは
その課の後半に「これはいくらですか」「○○円です」という会話例が出てくるから、
まあ予習を兼ねてだったのだが、
それにしても、英仏語と日本語のように、くくる単位が違う数字の置き換えは大変だ。
私自身、英仏語で5ケタ以上の数字を言われると、
頭の中でアラビア数字に直すのに、一瞬、間があく。
日本語や中国語のように、即座にさらさらとは並んでくれない。

生徒たちの答えに「にじゅうさんまん」が多かったのも
フランス語での数え方「vingt-trois-mille(にじゅうさんぜん?)」が頭に染みついていて
とっさには「まん」という違う単位でのくくり方に切り替えることができなかった
ということだと思う。
1週間に1回の日本語では、無理もないことである。
でもまあ「考えれば正しい答えが出てくる」ようには、なって欲しいと思うが。
がんばってねー、みんな。
スポンサーサイト

カレンダー

  • 2018/10/27 20:48
  • Category: 雑記
先日、友達との連絡で2回も日付を間違えたので
「これではいかん」と、パソコンのタスクバーにカレンダーをピン留めした。 

仕事時代は常に机の上にカレンダーがあったので
お客様や同僚との連絡に日付を間違えることなどなかったが
今わたしがひねもす座っている椅子の周りには、カレンダーがない。
だから友達との連絡には、頭の中にうろ覚えのカレンダーを思い浮かべ
それでお返事メールを送るから、
曜日と日付がずれた存在しない日取りを回答するという
間抜けなことをしてしまうのである。
仕事時代には考えられないミスである。
だから、紙のカレンダーが手近にないなら電子のでいいや、と
ウィンドウズ・デフォのカレンダーをピン留めしたのである。

お仕事仕様のカレンダーなので、
時間刻みで予定があるわけではない私には少々使い勝手が悪いが、
ないよりはまし。
出かける予定の他に、親戚、友人の誕生日や
大物洗濯日(入れておかないとすぐ忘れる)、
リサイクル可能廃品の回収日も入れた。
うちはコンポストがあるので、ゴミはほとんど出ないが
紙、プラスチックなどのリサイクル可能廃品はけっこう出るので
忘れて回収日を1回逃すと、相当な大きさの回収容器がぱんぱんになってしまう。
回収は2週間に1回で、今まではあやふやな時は隣近所を見回し
近所が回収容器を引き出していればうちも出す、という風にしていたが
隣近所もたまには間違うので、カレンダーに入れておいた方が安心である。

そしてその留めたカレンダーを、さて本日は、と見渡してみれば
来週はもう11月。
ケベックでは今週すでに、ほんの少しだが雪も降ったし
ほんとに降るかどうかは別として、今日も雨または雪の予想だし
日が昇って外が見えるようになってみれば、隣の家の屋根は白いし
(起きた時点では外は真っ暗で、何も見えなかった)
またまた白の季節に突入である。
来週には車もスノータイヤに替える。
冬だ。
ふえーん。

『ミレニアム』シリーズとナンプレ

  • 2018/10/17 20:48
  • Category:
ここしばらく、雪だるまにしては珍しく、小説を読んでいた。
映画にもなったスウェーデンの作家スティーグ・ラーソンの
「ミレニアム」シリーズである。
アイスランド旅行中の最後の2、3日、私も雪だるまも
持っていった本は読み終わってしまって読むものがなくなり
泊った先がホステルなら、そこの書棚にある本を読んだりしていたのだが
最後のホステルで、雪だるまがたまたま手に取った本が「ミレニアム」の2で
読み始めてみたら結構面白かったらしく、彼はそのままその本を借りてきた。

ホステルの書棚の本は原則、そこに泊まった人たちが要らなくなった本を置いていき
また逆に、読みたい本があれば自由に持っていっていい、というものだから
雪だるまが持ち帰ってきたこと自体は、別に問題ないと思うのだが
ふだん科学か政治か反宗教関係のノンフィクションしか読まない雪だるまが
小説、しかも推理小説なんかを読んでいるのを見るのは、
これまたなかなか面白く、私はにやにやしながらその様子を眺めていた。

実はこの「ミレニアム」シリーズ、数年前に叔母の1人が読んで夢中になり
会う人ごとにその話をしていたという曰く付きの小説で
私達も映画(スウェーデン版とその後のハリウッド版)は見たのだが
小説は読んでいなかった。

原作はスウェーデン語なので、雪だるまが読んでいたのはその英語翻訳版だが
雪だるまによれば、その前のホステルで他に選択肢がなくて読んだ
米のC・H・クラークの某書に比べれば「翻訳だが、文章、構成ともこちらの方が数段まし」
とのことで、雪だるまはその後、古本でシリーズの1と3も買い、
むさぼるように読んでいた。
そして私に「興味があるならクリスマスにフランス語版を買ってあげるよ」と言ったが
私は「結構です。その手の本を読むなら面倒くさいフランス語ではなく、英語か日本語にします」
と言って断った。いくら面白くても、3センチはありそうな分厚い本3冊を
フランス語で読むなど、まっぴらである。
手でも傷めて編み物等ができなくなり、目しか使えない状態になったら
1年くらいかけて読んでもいいが、日本語講座の教案準備とか
依頼されている編みぐるみ(ロバ1頭、犬数匹)とか、今は他にすることがいーっぱいある。
内容が面白いので楽しく読み進めていた水林さんの本ですら
アイスランド旅行と日本語講座のせいで、中断したままなのだ。
フランス語で新たに大部の推理小説など読んでいる余裕はない。

ところで雪だるまはアイスランドのせいで「ミレニアム」にはまったが、
私はナンプレ(数独)に、はまってしまった。
帰りの飛行機の中、読む本がないので機内誌を2回読み
それでも暇を持て余して、やむなく機内誌に載っていたナンプレをやってみたのだが
初めてだったので、これが一向できない。
で、帰って来てから「ナンプレのコツ」なんてのを読み、また挑戦。
以来、朝な夕なにしこしことネットのナンプレで遊んでいる。
ナンプレなんてただのパズルで、数学とは何の関係もなく
毎日やったからといって老化防止に役立つとも思えないのだが
はまってしまうとなかなか抜けられないのが人の性。
画面をじーっと見つめるので目に悪いし、時間の無駄だし
いい加減にしなくてはと思いつつ、今朝もまたひとつやってしまった。
あーあ。

パフォーマンス・アート

  • 2018/10/12 23:22
  • Category: 言葉
本職の先生が聞いたらお怒りになるかもしれないが、
授業ってパフォーマンス・アートみたいだなあ、と思う。
練習しなければ上手にできないのは当たり前だが
練習しても、常にうまく行くとは限らない。
観客(生徒)の反応如何で授業の流れは変化するし
思いがけない質問で、予定していなかった方向へ
話が行ってしまうこともある。
(もちろん、なるべく早く元に戻そうとはするが)

ダンサーやミュージシャンは、観客の反応がいいと
ノって、普段以上のパフォーマンスができたりすることがあるが、
授業も同じ。
逆に、やる気のない生徒に教えるのはしんどいだろうし
おとなしく座ってはいるが、聞いているのかいないのか
まるきり反応のない観客(生徒)を前にしていたのでは
立ち枯れの木々を相手に喋っているようで
言うべき言葉も、のどに引っかかってしまう。

その点、うちの観客(生徒)さんたちは
初級1も初級2も、みな元気で熱心で有難い。
ほぼ全員、1日仕事をした後に来るのだから疲れているだろうに
(事実、昨日Mちゃんは、5分の休憩時間に机に突っ伏していた)
授業が始まれば、しゃんとする。

おかげでこちらも、客商売だった時と同様、
普段のどんより暗いネガティブ・モードから
明るく元気な接客モードにしゃきっと切り替えて、授業をすることができる。

時々、他の知識、経験とも豊富な日本語教師の方のブログなど拝見すると
自身の知識のなさ、経験の少なさをつくづくと思い知らされて意気消沈し
心密かに生徒たちに「ごめんねー」と呟いたりするが
こればかりは一朝一夕に身に付くものではないので、仕方がない。
出来るだけの努力はするから、不足の所は私に当たったのを不運と思って
我慢してくれたまえよ、生徒諸君、である。

『家守綺譚』『ミミズクとオリーブ』

  • 2018/10/10 00:41
  • Category:
近所に日本語の本を売っている本屋などないので
日本語を読むとしたら、手持ちの本ばかり。
日本を離れて二十数年、
どんな本が話題なのか、どんな新しい作家が出てきているのか
もう、とんとわからなくなった。

それでも、YouTubeにアップされる朗読は、まめにチェックしている。
編み物や手仕事のお供に欠かせないからだが
それで最近2人ばかり、割合気に入った作家さんを見つけた。

1人は芦原すなおさん、もう一人は梨木香歩さんだ。
私にとって新しいというだけで、お二方ともすでに20年以上、
堅実に作品を発表されているベテランの作家さんだが、
どういうわけだか今までは、私のアンテナに引っかかってこなかった。

梨木さんの方は『西の魔女が死んだ』くらいは知っていたが
これはまあ児童書だから自分で読もうとは思わなかったし
そもそもは「梨木香歩」というお名前が、私には何やら甘い少女趣味に響いて
作風もそんなかと、早合点の食わず嫌いをしていたのである。

芦原さんに至っては、失礼ながらお名前さえ聞いたことがなかった。
私が日本にいた頃から活躍されているというのに
文藝賞や直木賞も受賞されているというのに
記憶の隅にすらお名前がなかったのは、不思議といえば不思議。
90年代初めの私は、いったい本屋で何を見ていたのか。

それはともかく、梨木さんの方は『家守綺譚』を聞いた。
聞き始めてすぐ、甘ったるさとは無縁の、割合に古めかしい言葉遣いと文体に
「あら」と思い、お名前の印象から早合点して申し訳なかったと思った。
時代はたぶん明治の終わりころ、京都に蹴上発電所ができた頃の話のようである。
植物に詳しい方らしく、短編仕立ての各章は、それぞれ「烏瓜」「都忘れ」など
草木の名が冠され、それにまつわる話となっている。
庭の百日紅が主人公に懸想したり、
若くして亡くなった主人公の友人が、掛け軸の中からボートを漕いで現れたり
なかなかに不思議なことも起こるが、
全体としては不思議なことを不思議としない、淡々とした描写で
聞いているこちらも、静かな心持ちになる。
手仕事のお供には、もってこいである。

芦原さんの方は、『ミミズクとオリーブ』。
紺絣の着物に白い割烹着姿の女性が描かれた表紙を見て
一体いつの時代の話かと思ったが
話の中にワープロやら銀座のクラブやらが出てくるので
少なくともワープロ出現以降、昭和の終わりか平成の初め頃の時代設定らしい。
推理小説ということにはなっているが、謎解きの本格推理を楽しむというよりは
主人公である“ほどほどに仕事が来る作家”とその妻の
東京郊外での、のんびりした日常の描写の穏やかさを楽しむといった小説である。
八王子の田舎での暮らしなので、庭にオリーブの木があり、そこにミミズクが来る。
主人公の妻は時々、そのミミズクにサツマイモの残りやイリコを振舞ったりする。
彼女の、尖ったところのない、おっとりした物言いがここちよいし
ところどころに出てくる、主人公夫妻の故郷である讃岐の美味の
いかにも旨そうな描写も、郷愁をそそる。

『家守綺譚』にしろ『ミミズクとオリーブ』にしろ
こういうしっとりした描写の本は、ぜひとも紙の本で、
その手ざわりや活字のひとつひとつを楽しみつつ、ゆっくりと読みたいものだが、
さて紙の本を買いに日本へ行けることが、あるかどうか。

でぃざすたー

  • 2018/10/03 21:03
  • Category: 言葉
昨日から秋の日本語講座が始まった。
相変わらずの自信のなさで、戦々恐々、びくびくもので準備をしつつ
しかし半分では「春に一回やった講座の繰り返しなんだから、何とかなるだろう」と
自身を励ましていたのだが、
フタを開けてみたら、生徒の1人に、これが小学校なら
「○○ちゃん、今は授業中だからちゃんと座っていましょうね」とか
「○○ちゃん、ミニカーで遊ぶのはお休み時間にしましょうね」とか
言われるタイプの子がいて、
大人相手の語学講座、
しかも日本語なんていう当地での日常生活には何に足しにもならない語学の講座に、
この手の子が来ることを全く予想していなかった私は呆然とし、
かつ大いに慌て、すべき説明の順番を間違えてすっ飛ばすわ、
喋るフランス語はいつにも増してしどろもどろになるわ、でさんざんな授業にしてしまった。

一夜明けた今も思い出すと顔面蒼白になるが、
しかし一方で、頬を一発張られたような効果があったことも確かで
おかげで少しは腹が座った。
次回からは何とかまともな授業になるよう、
慌てた状態でも授業の流れを追えるような教案を作るとか
(昨日の教案は細かすぎて、慌てるとどこをやっているのか、わからなくなった)
フランス語の説明を丸暗記するように覚え込むとか(んなこと、できるのか?)
この前以上に周到に準備をしなくては。

明日は初級Ⅱの授業なのだが、こちらは一人を除いて
春に初級Ⅰをやった生徒さんたちなので、気心は知れている。
生徒の方でも、私の下手くそさはわかっているので、
授業内容は新しいが、その他の点では気は楽である。

ああ、それにしても1回しかやっていない段階で
講座が終わり、戦々恐々の日々から解放される日を夢見るとは
なんというだらしのない教師であることか!

いまだに、ぼおおお

  • 2018/09/24 20:40
  • Category: 雑記
先週の金曜に帰ってきたのだから、すでに丸4日経つのだが
いまだに地に足がつかないというか、ぼうっとした感じで
旅行前の日常に戻れないでいる。

取りあえずは食料の買い出しをしたり(冷蔵庫がきれいに空っぽで、牛乳すらなかったので)
持っていった荷物の整理をしたり、洗濯をしたり、
いない間に無残な有様になっていた畑と花壇の世話をしたりしたが、
それでもまだ、ふわーと空中を漂っているようなヘンな感じである。

17日間に撮った1000枚以上の写真の整理もした。
プロの写真家ならともかく、素人の撮った旅行写真など面白いものではない。
そんなものを1000枚以上も人に見せるのは酷というものなので
面白そうなものだけを選び、キャプションや説明をつけて
スライドショー形式にしてみたが、それでも500枚くらいにはなってしまった。
見せられたお義父さんたちが、退屈しないといいのだが。

ちなみにケベックに戻ってきたら、ちょうどその日から気温が低下したとかで
真夜中、隣町のバスターミナルまで迎えに来てくれたお義父さんの車に乗った時の
気温は8度くらいだったし、日中になっても12度くらいと
アイスランドとほとんど変わらない気温で
「ああ、夏の最後を逃してしまった・・・」と、ちょっとがっかり。

木々も色づき始めたし、ケベックはこれから急速に秋から冬へ向かうのだ。
ああ、半年間の冬!

最後、飛行機から見たグリーンランドの山々。
雲海ばかりだった景色に突然陸地らしきものが見えたので
「え、もうアメリカ大陸?」と怪訝な声を発した私に
隣から雪だるまが「それはグリーンランドでしょう」と冷静な声。
そうか、飛行機はグリーンランド上空を通るのか、
行きは夜で何にも見えなかったので、知らなかったよ。

人の影すら見えないグリーンランドの山々と氷河は
陽の光にきらめいて、息をのむくらい美しかった。

c.jpg

b.jpg


a.jpg




塩タラ

  • 2018/09/20 05:56
  • Category: 雑記
昨日は Grindvik というアイスランドの南西の端あたり
ケプラヴィーク空港にも近い、人口3000人ちょっとの小さい港町にいた。

港町であるからして、ここは昔から漁業が盛んで
今でも住民の8割くらいは、漁とか魚の加工とか、
何らかの形で漁業と関係のある職業に従事しているそうだ。

で、この町には『Salt-fish Museum(塩漬け魚博物館)』というのがあった。
町の観光案内所の一角にある小さい博物館で、
とは言っても塩漬け魚だけでは間が持たないのか
前半はいかにアイスランドという島ができたかとか、
アイスランドにおける火山活動とか、地学のお勉強みたいな展示で
後半が肝心の塩漬け魚、アイスランドを代表する輸出品であった塩タラ産業の展示だった。

塩タラ産業は、19世紀後半すでにアイスランドの一大産業になっていて
夏場、沿岸部の村々ではたくさんの人が、塩タラの加工に従事していた。
それは20世紀になっても変わらず、保存がきき、値段が手ごろな塩タラは
スペイン、ポルトガル、イタリアなど、南欧諸国に大量に輸出されていたのだそうである。

そういえば、梨の木さんのポルトガル料理のお話の中に、
“バカリャウ”という言葉が出てきたなあ、
そうか、あのバカリャウは、遠いアイスランドから運ばれて行ったのかもしれないなあ
などと思った。


塩タラ  これは本物ではなくて展示用の模型ですが
うーん、塩タラは大きい


IMG_3074-2.jpg


輸出用梱包?

IMG_3073-2.jpg


夕食の後、泊まっているゲストハウスの近くを散歩していたら
賑やかな子どもの声が聞こえたので、行ってみたら学校だった。
子どもたちが、校庭の遊具で遊んでいたのだ。

こっちに手を振ってきたので、近づいて話しかけてみた。
手前の子は聞き洩らしたが、後ろの子3人は、みな10歳だそうだ。
名前も聞いたのだが、ぜーんぜん聞き取れなかった。
女の子は英語だったらAnna系の名前、男の子の1人はJohan系の名前に聞こえたが
まるっきり違っているかもしれない。
初秋のことゆえまだ明るいとはいえ時刻はすでに午後7時過ぎ
いったい何時に家に帰るの?と聞いたら、元気いっぱい「9時!」と返ってきたが
ほんとかね? いくら高緯度でも9時ではもう暗いぞ。
そんなに遊んでいていいのか、君たち。

ちなみにこの子たちはみな、片言ながらちゃんと英語を話した。
アイスランドでは小学校から、外国語として英語とデンマーク語を
習い始めるのだそうである。
アイスランドの人口は約35万。ビジネスにせよ、何にせよ、アイスランド語だけでは
話にならないからだそうで。


IMG_3137-2.jpg

間歇泉

  • 2018/09/17 06:01
  • Category: 雑記
本日は間歇泉を見学。
アイスランドと言えば、火山と間歇泉とブルーラグーンというだけあって
他の観光地に比べ、格段に観光客の数が多いのに驚くというか、感心するというか・・・

が、有名なだけあって、やはり地中から湯が噴水のように吹き出すというのは
一見の価値のあるものでした。


完全に撮り損ねた1回目

IMG_2836-2.jpg


頭が切れた2回目

IMG_2840-2.jpg


3回目 何とか全貌の撮影に成功

IMG_2843-2.jpg


ちなみにこの間歇泉は、7~8分に1回くらい噴き出していました。

氷河

  • 2018/09/13 06:25
  • Category: 雑記
アイスランドと聞くと何だかいかにも寒そうですが
実のところメキシコ湾流の影響で冬でも気温は平均零下5度程度と
零下30度くらいまで下がるケベックのわが町と比べれば、だいぶ暖かいのでした。

ただその代り、夏でも気温はあまり上がらないので(9月半ばの今現在10度前後)
1年中凍ったままの氷があります。

IMG_1733.jpg


私の下手くそな写真では、なんだかよくわからないかも知れませんが
水色や白黒のマーブルアイスみたいに見える塊は、氷河です。

IMG_1738.jpg

IMG_1739.jpg


そしてそのさむーい水の中を、アザラシが泳いでいました。

IMG_1744.jpg

Pagination

Utility

プロフィール

らうとら

Author:らうとら
ドロシー・L・セイヤーズ、ローリー・R・キング、P.D.ジェイムズ、ディック・フランシス、水村美苗、高村薫、戸塚真弓、ヘレン・ミレン、シャーロット・ランプリング、ソフィ・マルソー(40代以降に限る)、ヘレナ・ボナム・カーター、アンジェリーナ・ジョリー、三代目金馬、小さん、米朝、枝雀、エンヤ、クイーン、ドゥルス・ポンテス、マドレデウス、J・S・バッハ、ちあきなおみ、トケイ・ピノ・グリ、アール・グレイ、自転車(冬季を除く)、あらゆる犬と猫
以上、私を幸せにしてくれる方々(敬称略)

カテゴリー+月別アーカイブ

 

FC2カウンター