FC2ブログ

れんしゅう

先週の土曜日、お友達4人でやったガレージセールがすごく楽しかったので
俄然、12月のクリスマスバザーに対する意欲が盛り上がり
ピンタレストに保存した画像などを見ながら、
何をいくつくらい作ったら最も効果的か、あれこれ考え始めた。

古服だろうが古道具だろうが、何を売ろうと制限のないガレージセールと違い
私達が参加するクリスマスバザーで売っていいのは、手作りの品だけ。
よって12月までに、売れそうな品を出来るだけたくさん制作しなくてはならない。

12月までにはあと6か月あるとはいえ、手作りの品は編むにしろ刺すにしろ
それ相応の時間がかかる。
たとえば簡単な帽子なら12時間程度で編めるとしても、
1日、朝8時から夜8時までぶっ続けに編んで1個仕上げ、
それを連日続けて1週間で7個の帽子! なんてことは、ふつう出来ない。
いや、視力も体力も充実した、疲れを知らないワカモノならできるかもしれないが
私には到底、無理である。
片眼は使い物にならない視力や、腱鞘炎気味の両手のことを考えると、
編めるのはせいぜい1日4時間程度。
だから3日で1個である。

簡単な帽子でこれだから、大物のショールとなったら3週間はかかる。
6か月かかって売り物はショール8枚だけ、では話にならないから
したがって手間暇と、それが売り物になった時の売れそうな値段を天秤にかけ
なるべく手間は少なめ、売値は高めのものを作らねばならないのだが
そうは言ってもプロではない私、作っていて面白くないものは作りたくない。
どうせなら少しは凝った、きれいだなあと思えるものが作りたい。
毛糸の編みものもやりたいが、ビーズ編みもやりたい。
しばらくやっていない刺しゅう、ハーダンガーもやりたい。
ドロンワークもやってみたい。アクセサリーも作りたいetc, etc…
あれこれやりたいことは多いのに、手も目も2つずつしかなくて
もどかしさに身をよじりたくなる。

が、「ういーーん」と身をよじっているのは時間の無駄なので
とりあえずの指慣らしに、久しぶりにクロスステッチを始めてみた。
しかし、あまりに久しぶり(ほぼ2年ぶり)だったもので
いろいろ基本事項を忘れていて、28ctの布なのだから14ctとして
1目おきに刺さねばならないところ、そのまま1目ずつ刺してしまい
あまりの細かさに両目がつぶれそうになった。
(28ctは1インチに28目。つまり1目1ミリ以下。
照明付き拡大鏡を使っても、5分もすると目がチカチカしてくる)

「あほー」と自身を罵ってから、練習と割り切って18ctのアイーダで刺し直し。
28ctと比べて何と楽なことか・・・
柄はうさぎ。イースターはとっくに過ぎて、少々季節外れだが
ま、かわいいし、練習だし・・・
(まだ途中なので、刺しかけの目あり)


IMG_3372.jpg

スポンサーサイト

Isabell さんのパターン

5月1日の夜、雪が降った。しっかり積もって、屋根も庭も真っ白になった。
私はほとほとうんざりし、月の光に白く光る庭を見ながら
「いいかげんにしろよなー」と思った。

雪は翌朝も残っていたが、さすがに5月。
暖かい太陽にあぶられて、その日の夕方には融けてなくなった。
そしてその後急に暖かくなって、今日5日は気温20度!
まったく寒いのも暖かいのも実に極端なケベックの春である。

おかげで庭の草木が急激に伸び始めて、手入れが追い付かない。
毎年のことだが、ムスカリや水仙、チューリップたちは、
花壇に積もった落ち葉を突き破って、伸びてくる。
早いとこ取り除いてやらないと、落ち葉が枷になってしまって
うまく葉っぱを広げられなくなるし、落ち葉に隠れた部分は
日が当たらないので、薄黄色のままで緑になれない。
今日はジムをさぼって1日、庭仕事に明け暮れたが、まだ終わらない。
おまけに屈んだ姿勢で1日作業したので、
足と腰の筋肉が痛い。よろよろ、よぼよぼ婆さんである。

さてモノ関連三連発その3
久しぶりに Ravelry の Isabell さんのページを覗いたら
たくさん新しいパターンが発表されていて、
あれもいいな、これもいいな、と目がハート状態。

Isabellさんのパターンは、セーターにしろカーディガンにしろ
説明が分かりやすくて編みやすい上、仕上がりがきれいで
編んでいる途中も、編み上がった後も、大変気分がいい。
しかもデザインが私好みにほどほどにスポーティで
ふだんに気軽に着られる。
Criss Cross など、あんまり気に入ったので
色違い、糸違いで、2枚編んだくらいだ。



その前に編んだ alpenglühen も、編んでいて楽しかった。



たとえ何があろうと、夏も冬も常に何か編んではいるのだが
ここしばらくは注文に追われて、編むのはキツネやクマの動物ばかり。
編みぐるみはかわいいが、いい加減飽きてきた。
もうすぐ日本語の授業も終わるし、何か自分のものが編みたーーーい!

で、目をハートにしてIsabellさんのパターンを矯めつ眇めつ。
ほんとは5つくらい編んでみたいパターンがあるのだが、
ひと夏でそんなに編めるわけはないし、
無理やり編んだりしたら腱鞘炎になるのがオチだし・・・
ということで、一番気に入ったこのパターンを購入。

neona.jpg




指定糸はスポーツウェイトだが、私はレースウェイトで編む予定。
2本取りにすれば、たぶんゲージが出るだろう。
レースの方がスポーツウェイトより軽く柔らかく仕上がるし、色の選択肢も多い。
ヨーク部分の模様編みが、きれいに出るといいなあ。

今日の編み物

去年の春に編み始めたものの、その後編みぐるみ作りが忙しくなっていて放りっぱなしになっていたサマーセーター、土曜日にやっと編み上がった。
着てみたら結構よかったので、夏用のセーターというのは案外便利かも、と思い、2枚目を編むことにした。1枚目がヨークに色々模様編みの入るデザインだったので、2枚目はごくシンプルに半袖Tシャツ型。ただしまるっきり何にもないのではつまらないので、背中の真ん中に何段おきかに穴を開けることにした。背筋に沿ってぽつぽつと水玉が並ぶ感じ。

糸は麻70%、綿30%のチェインネット状で、ちょっとぶつぶつしているが、指にひっかかって編みづらいというほどではない。昨夜やっと首周りの引き返し編みが終わったので、これからはひたすら表目だけの楽ちん作業。ただし楽ちん過ぎて、睡眠不足の時に編むとやたら眠くなるのが難点。昨日も午後、毛布にくるまって編んでいたら、急激に眠くなって困った。こういう時はBGMの朗読も、ほとんど子守歌と化す。眠気を振り払うには、立ち上がって掃除か料理でもするしかない。さすがの私も、立って掃除機をかけながら居眠りをする、というような芸当はできない。掃除機、うるさいし。

**********************************

アルバトロスに行ったら、またキツネとアライグマの依頼を受けた。アライグマは3匹目か。キツネは何匹目か、もうわからん。同じパターンで編んでいても、編む度ごとに増やし目の位置を変えてみたり、色変えの方法を変えてみたり、改良を試みているので、結果、1匹目より2匹目、2匹目より3匹目の方が出来が(多少)よくなっている。1匹目を買ってくださった方には申し訳ないが、まあ勘弁してください、である。だって編んでるとつい「こうした方が可愛いんじゃないか」とか「この方が色変えのアラが目立たないんじゃないか」とか思って、試してみたくなる。文字通り試行錯誤しつつ編んでいるのだから、出来に多少の差があるのは、仕方のないことなのである。同じパターンで30個も40個も作っているようなプロの方なら、常に一定の水準を保てるだろうが、当方は素人。最善を心がけていても、かわいいアライグマとよりかわいいアライグマ、そして少なく可愛いアライグマができてしまうのである。すまん。

アライグマ

最近、人に頼まれてアライグマを作った。淡茶のこれは2つ目。
ふつう灰色のアライグマが淡茶になったのは、灰色毛糸の手持ちがあまりない旨、伝えたら
それなら茶色でいい。茶色のアライグマもいるし、と依頼主に言われたからである。

確かにgoogle image や pinterest で見ると、茶色というか灰色とベージュの混じり合いみたいなのもいるので
依頼主が“茶色”と言ったのは、こういう子のことなのだろう。
で、近そうなこの色で作ってみた。“hare heather”という名のベージュ系混色。

IMG_3268 2


顔は、最初ネットにあったフリーパターンを使ってみたら
どうも今ひとつ好みに合わなかったので、いったん全部ほどき
新たにデスクトップのアライグマの写真を見ながら(私のPCの壁紙はアライグマ)、てきとーに色変えしてみた。
ついでに顔の縦寸も変えて、面長だったのを球に近付けた。
ボディは前に作ったクマ用ボディを、これまたてきとー変更。

というわけでいろんなパターンを適当変更したハイブリッド・アライグマになったが
ま、一応それらしくは見えるから、この辺でご勘弁、ということで。

それにしても、このアライグマを作るために色々なアライグマの写真を見、
それがどの写真を見てもやたら愛らしいので、つい顔がにたにたと とろけてしまって困った。
アライグマは、どの子も本当にかわいい。
これで性質がもう少しペット向きなら、喜んで1、2匹、飼育したいところだ。

ところでこのアライグマ、フランス語では raton laveur という。
直訳すれば、アライネズミ。
いったいこの顔のどこを見たら、“ネズミ”になるのか、
私にはわけがわからない。

その1ミリが命取り

ブログを更新しなかった3か月、何をしていたかというと、編みぐるみを作っていた。例のボランティアグループ「アルバトロス」のためだ。冬の間はせっせと帽子やマフラー、春先には注文により室内履きを編んでいたのだが、夏も近づいてくると、いくら寒いカナダでも帽子やマフラーはもう売れない。そこで編みぐるみ。

最初は頭、身体、手足などのパーツを、細々編んでくっつけるという作業が面倒くさくて、なるべくパーツの少ないデザインを選んで編んでいたのだが、いくつか作るうちにだんだん面白くなり、かつまたよく売れるので、注文に追われるように編んでいるうちに、あっという間に2か月が過ぎた。よく編んだのは、こんなのや、


IMG_1476 2


こんなので、

IMG_1442 2

IMG_1517 2



あれこれ合わせて、たぶん50個以上は編んだと思う。

で、編んでみて思ったのだが、編みぐるみは編み自体は難しくない。かぎ針での編みぐるみの場合、頭も胴も手足も細編みでらせん状に編んでいくものがほとんどだから、細編みが編めて、増し目、減らし目ができれば、編みぐるみは編める。問題は、その後だ。そのくるくる編んだ頭や胴体や手足を互いに縫い付けて、クマならクマ、猫なら猫らしい形にしなければならないのだが、これがけっこう難しい。手足や耳など、縫い付ける位置は決まっているようなものだが、しかし実際に縫い付けてみると、どうも微妙に位置がずれてしまって、それらしく見えなかったり右腕と左腕で肩の高さが違ったり(らせん状に編んでいるから、同じ段でも右側と左側では微妙なずれがある。単純に「首から5段目、いち、に、さん・・・」なんて数えてくっつけると、えらい目にあう) 、あるいは高さは合っていても、深さというか、正面から見た時、右足はやや腹寄り、左足はやや背中寄りといった感じになってしまっていたりして、いくら待ち針を打ち、「ここだ!」と見定めて慎重に縫い付けてみても、なかなかきっちり左右対称になってくれない。出来上がった手足がややびっこのクマやキツネを見やり、我が造形力のなさというか、立体把握能力の低さに「とほほ・・・」となるのはこんな時である。

それから顔を作るのも、なかなか一筋縄ではいかない。編み図によっては「目は編み始めからX段目、左右の間隔X目で付ける」などと指示があるものもあるが、そんなものはごく少数なので、たいていは出来上がり写真を見て、それらしい位置に目鼻を付ける、あるいは刺しゅうすることになる。が、これがまた実にトリッキーというか、素人泣かせというか、なかなか思うような顔になってくれない。手足の縫い付け同様、ほんのちょっとの差が大きく表情の出来不出来を左右し、一目どころか半目の差でかわいくなったり、不細工になったり、まさに「その1ミリが命取り」。今つくっているウサギなど、いったい何回、目鼻の刺しゅうをやり直したことか。

それでもあれこれ編んでいるのは、糸が形になるのがおもしろいから。ことにここ数日は、人がデザインしたものではなく、自分の頭の中にあるイメージを形にしようとあれこれ試しているので、よけい楽しい。

そして編みぐるみではないが、今、Mr. Finch さんのテキスタイルアートや、Annie Montgomerie さんのちょっと不気味な人形に、うっとりと心奪われている。名前はわからないが、ロシアにも面白いものを作る作家さんが、たくさんいる。人を制作に駆り立てる、この衝動はどこからくるのだろう。

mrF.jpg

Mr. Finch のうさぎ

annieM.jpg

Annie Montgomerie のひつじの女の子とうさぎの女の子


Mr. Finch インスタグラム    

Annie Montgomerie インスタグラム 

ルームシューズ6足

頭の中で初級日本語がぐるぐるしている毎日ではあるが、
相変わらず編み物の方もしている。
クリスマス後のパーティで従弟から、男性用のルームシューズを何足か編んで、と頼まれ
どうせ編むのなら、少しは凝ったのがいいよねえ、とこんなのを編んでみたが

IMG_1360.jpg

指定糸とは違う糸で編んだらやたら大きくなってしまって
いくら180㎝超の従弟でも、これはちょっと大きすぎでは?という出来上がりになった上、
片方編むだけでも結構時間がかかり、こんなことをしていては冬の間に編み上がらない
と思ったので、反省して次は一気にずぼらに基本くつした型。
極々太で編んだので、あっという間にできた。

IMG_1359.jpg


しかしやっぱり、あんまり簡単なのは編んでて面白くない。
で3足目は、ほどほどに縄編みなど入ったブーツ型を選択。

IMG_1365.jpg


そして最後は、2番目のずぼらくつした型をちょっと変形、
ブーツ型にし、最後の伏せ止めだけちょっと遊んで白黒にしてみた。

IMG_1364.jpg


従弟の家は息子2人に娘1人だから、これだけあればとりあえずは足りるだろう。

しかし、実はアルバトロスでも今全員でルームシューズ編みにかかっており
そちらのためにもルームシューズを編んでいるので、
ただいま従弟用とアルバトロス用と、家のあちこちにルームシューズが散乱していて
少々食傷気味。
なにか違うものが編みたい。
帽子でも編もうかしら。

マフラーを編む

この夏、従妹のソフィの誕生祝にレース模様のショールを贈ったら
結構気に入って貰えたらしく、先日「お義母さん用にも何か編んで」と
新たに依頼された。
10月がお義母上の誕生日なのだそうである。

お義母上は、この前ソフィの誕生会の時に初めて会ったが
女性ながら“豪放磊落”と形容したいような、
豪快にして人を飽きさせない話し上手な人物で
ケベッコワーズだがアングロフォンだったのも幸いして
パーティの間中、私も雪だるまもあれこれと話し込み、笑い転げて
大変楽しい思いをさせてもらった。
親戚のパーティに出かけて、時間が早く過ぎたのは初めてである。

「よし、彼女のためなら、いくらでも、何でも編みましょう」ということで
即座に快諾。
で先週の日曜、早速ソフィが毛糸を持って現れた。
そして編むものはマフラーがいいと言うので、
持参の毛糸の太さ(light fingering)と長さ(490ヤード)を鑑みつつ
Raverly内のフリーパターンから好きな模様を選んでもらった。

ソフィが選んだのは、このパターン


sophie.jpg




レースでジグザグ模様で、一見複雑そうに見えるが
実際に編んでみるとパターンはごく単純で、七面倒くさいところは全くない。
それできれいに見えるのだから、デザインした人は偉いと思う。

そして編み始めてすぐ感じたのが、ソフィが選んだ毛糸の質の良さ!
彼女が持ってきたのは Manos del Uruguay の “Fino”で、メリノ70%、シルク30%。
クリームのようにやわらかく、しっとりした手触りで、編んでいて実に気持ちがいい。
同社の糸の質のよさは以前から聞いていたが
1カセ(100g)が20数ドルと、私の予算をはるかに超える高価格なので
「いいなあ」とうっとり眺めているだけで、自分では買おうと考えたことすらなかった。

それが今回、ソフィのおかげで手に取り、触り、思う存分編むことができて
実にしあわせ。毛糸でも布でも、あるいは動物でもそうだが、
人はやわらかいものをさわると心が和むようで、
(絹に手をすべらせた時の感触、眠っている猫の背を撫でた時の感触を想像したまえ)
手ざわりのいい糸は、編んでいて心が安らぐのだ。
お義母上のために財布をはたいたソフィに感謝である。


ブロッキング前の編地はこんな感じ。
糸の撚りは甘め、太さが均一でなく、スラブヤーン風に太い部分と細い部分があるので
編地もそれなりに多少でこぼこしている。(ま、私の技術のせいもあるんだが・・・^^;)
色も水色~青~紺と、この写真だとはっきりしないが段染めになっている


IMG_1227.jpg

布地屋さん

クロスステッチにしろハーダンガーにしろ、
刺繍したものを小物に仕立てる時には裏地が必要で
しばらく前から様々なオンラインストアを覗き歩いていたのだが
なかなか気に入った布がない。

服の裏地ではないから、すべりのいい無地である必要はまったくなく
むしろ綿か綿混紡の面白いプリントの生地、
表地とは対照的な色柄の、インパクトのある生地がいいなあ、と思って
あちこち見て歩くのだが、どれも今ひとつ。
なかなか私好みのポップな生地は見つからない。

大部分が服地かカーテンなどの室内装飾用、あるいはキルト用なのだし
マスマーケットを対象にしている以上、売れ筋ばかりの無難な品揃えになるのは
致し方ないところだとしても、どこを見ても同じような退屈な生地ばかりで
妥協してさえ欲しいと思える生地がないのにはまいった。
そしてネットの上で時々見かける楽しい生地は、
みな一体どこで手に入れているのだろう?
大きな街の大きな布地屋さんとか、デザイナーズショップとかに行かないと
ないのかなあ、と諦めかけていたのだが
ある日ふと“best online fabric stores”か何かで検索したら
「このサイトの利用には注意が必要。見始めるとハマって時間を忘れます」
みたいな注意書きをされたサイトがあって、「なんだこれ?」と行ってみたら
思わず「うおお!」

spoonflower ">

はなから私好みのちょっと変なプリントが目白押しで
それだけでも狂喜乱舞の大興奮なのに、
その上デザインの数が半端でない。
たとえば“sheep”で検索すると、全23ページ、
計1800以上のデザインが出てくるのだ。
中には同じデザインの色違い、あるいはモチーフのサイズが違うだけ、
というのもあるが、それにしても1000以上のデザインがあるのは凄い。
しかもみんなちゃんと“ひつじ”模様なのだ。

好みのデザインを探す検索語も詳細を極め、
たとえば動物だったら、森の動物、家畜、ペット、海の動物等々に枝分かれし
そこからまた熊、鹿、狐、リスなど個々の動物に枝分かれしていく。
この検索語がまた楽しくて、たとえば Style → Histrical で絞り込んでいくと
中世、ゴシック、ロココ、ヴィクトリアン、アールヌーヴォーからアールデコ、
50~60年代モダン、ついでにスティームパンクまであって、
それぞれそれっぽいデザインが次から次へと出てくるので
見ていてほんとに厭きない。

国別もあって、Japaneseで検索すると、正統和風柄から中国、日本がごっちゃになった
キッチュな柄まで、これまた呆れるほどたくさんのデザインが繰り出される。
古い日本のマッチ柄なんて、他では絶対お目にかかれないデザインである。


  これ

match.png


懐かしのぬりえ柄もあった

nurie.png


もっとも、フランス風のシックなデザインを期待して“French”をクリックし、
出てきたのが“フレンチ”ブルドッグとか、“フレンチ”フライをフューチャーした
ポップなデザインだった時には、「あれま・・・」と思わず吹き出してしまったが。

たしかに“フレンチ”ではあるのだが・・・

frenchfry.png


このショップ、こんなにデザインが多いのは、個人が自分がデザインした柄をアップロードし
それを布地や壁紙、ラッピングペーパーにすることができるためらしい。
そのためのデザインツールも、サイトに完備されている。
詳しく読んでいないのではっきりとは言えないが、
布地その他はオンデマンドでプリントするシステムのようで、
客はデザインを選び、布地(綿、麻、ライクラ、フリースなど20種類近くある)を選び
大きさ(5インチ角のテスト用、ファットクォーター、あるいはヤード単位)を選んで注文する。
値段はデザインに関係なく、布地の種類によって決まる。
最も基本的な綿生地なら、1ヤードUSD17.50である。
この値段が安いか高いかは、それで何を作るのか
あるいはそのデザインにどの程度惚れこんでいるのかによると思う。

何にしても「ハマって時間を忘れるので注意」の警告は正しかった。
私はこのサイトを発見して以来、ずっとサイトを開きっぱなし。
暇を見てはサイトに飛んで、あれこれのデザインを眺めては
「きゃー」だの「かっわいー」だのの嘆声を発して、ハートマークを増やしている。

そして眺めているだけではつまらないので、
先日ちょうどファットクォーター半額セールだったのを幸い、
6デザインばかり注文してみた。
うち1枚はこれで、ぜひこれをこのまま使って、
ごくシンプルなトートバッグを作りたいと思っているのだが
うーん、うまくいくかなあ。
私、ミシン下手なんだよなあ。


真剣に読書している動物たちがかわいい

animalb.png

糸通し

ビーズ刺しゅう用の針とかは、ふつうの糸通しでは糸を通せない。
針穴が小さいので、糸通しのワイヤー部分はなんとか入っても
そこに糸の厚みが加わると、もう針穴を通り抜けられないのだ。
刺繍で微細画を描くようなニードルペインティング用の10号とか11号の針はなおさら。
そもそも刺しゅう糸1本通るのがやっとくらいの穴しか開いていないのだから
いくら細くてもワイヤー2本、糸2本(糸通しのワイヤー部分に糸を通し、
それを引っ張って針穴に通すのだから、針穴通過時には糸は二重になっている)
の計4本が通るわけはないのである。


こういうことですね

threader.jpg


がしかし、私は糸通しなしでは針に糸を通せない。
巷には「よく切れる鋏で糸を斜めに切り、糸先がほんの少し出る程度に
指先でしっかり挟み、糸を針に近づけるのではなく、針を糸に近づけるように・・・」
すれば糸は通る、などという記述があるが、
これは天性指先が器用で、しかも視力の大変よろしい方向けの方法であるように思う。
少なくとも、私はこのやり方では、目を点のようにして針穴をにらみ、
息を殺して数分間がんばっても、針に糸を通すことはできなかった。

したがってやはり糸通しに頼らざるを得ないのだが
ビーズ用の針は、ともすると日本で買ってきた絹針用の糸通し、
ふつうより細いワイヤーを使ってある糸通しですら
糸が針穴を通る時にかなり抵抗があり、引っ張った拍子に糸が切れてしまうこともしばしば。
まあ、糸が切れるくらいは、もう一度やり直せばすむからいいが、
こんなふうに無理やり引っ張っていたのでは、
そのうちにワイヤーの方が切れてしまうのではないかと
そちらの方が心配になってきた。
何しろ当地では、こういう細いワイヤーの糸通しは売っていないのだ。
切れたが最後、補充はきかない。

で、他に何かよい代替品はないかとネットをうろうろしていたら
「糸通しを作る」というサイトにぶつかった。  こちら
この方は別に特に細い針用の糸通しを作ろうとしていらしたわけではないが
原理は同じである。
で、さっそく、真似こじき。

電線の切れ端など手近になかったので、
いつだったかエアカナダの機内で貰った、どーでもいいようなイヤフォンをちょっきん。
被膜をはがすと、中には銅線らしいほそーいワイヤー、
青く光るほそーいワイヤー、白いファイバーの3本が入っていて
その細さたるや、まさに極細針用糸通しにうってつけ。

実際、このワイヤーで糸通しを作り、糸を通してみると、
細いビーズ針でも、何の抵抗もなく糸が通った。
大成功である。
しかも糸通しに必要なワイヤーは8センチもあれば十分だが
イヤフォンコードは2本に分かれ、それぞれ1メートル以上あって
中には2本のワイヤーが入っている。
つまり延べ4メートル超のワイヤーがある勘定になるわけで
400÷8=50
計50個の糸通しが作れるわけである!
糸通しなどそうそう壊れるものではないから
これで私は死ぬまで、糸通しには困らない。
やっほー


ただひとつ遺憾なのは、作った糸通しの持ち手部分が
いかにも素人の細工で、お世辞にも美しいとは言えないこと。
まあ手近にあった材料で、試しに作ってみたものだから仕方がないが
次回はもう少し何とかデザインを工夫したいところである。


左が市販の絹針用糸通し。この写真だと光線の加減か、右側3つのワイヤーの方が
太いように見えますが、実際には絹針用より細いです。


IMG_1030.jpg





精緻な仕事は美しい

物事は面倒くさいより簡便な方がよい。
機械でも家電でも、あるいはまた人間関係でも
あれこれ入り組んで複雑怪奇なのより、
すっきり簡単、シンプルな方が
使いやすくて、あるいは気楽で、ストレスが少なくてよろしい。
簡単、簡便、大いに結構!
開発者殿、なるべく楽ちんなのを作ってね!
てなもんだが、しかし、何から何まで、面倒<楽ちんであるかというと
そういうわけのものでもない。

たとえば、手仕事系。
最近、アマ〇ンとかで手芸本コーナーを見ていると
「かんたん」とか「やさしい」とか、「誰でもできる」とかが
タイトルに入った本がやたら目につくが
そして、それらの表紙にはいかにも簡単にできそうな
しかしそこそこかわいらしい小物などが配されているが
みんなそんなに“簡単”な手芸が好きなのだろうか?

そりゃ今まで針も糸も手にしたことのない、全くの初心者が
そうした本を手に取るのはわかる。
表編みも裏編みもわからない人が、最初の作品として
複雑なアラン模様が全面に入ったセーターを編もうとするのは
些か無謀というものだし、
ステムステッチも満足に刺せない人が、さまざまな技法を駆使する
クルーエル刺しゅうやスタンプワークに一足飛びに挑戦!するのも
ま、ちょっと無理がある。
だから、手始め、手ほどき、最初の取っかかり用として
そういう本に需要があるのはわかるのだが
手軽に手に入るのがそういう本ばかりになってしまっては、面白くない。

人間、ひとつのことを繰り返しやっていれば
(ふつうは)だんだん上手になる。手慣れてくる。
そしてそのうち同じことの繰り返しに飽きてきて
違うこと、新しいこと、ちょっと手の込んだことがしてみたくなる。
“簡単”が喜ばしいのは最初のうちだけ。
その段階を過ぎてしまえば、“簡単”は“退屈”と同義である。
“退屈”な手仕事など、誰がやりたいものか。

それに、簡単なものばかり作っていては、技術が進歩しない。
効率的に同じ結果を得るために、より簡便な方法を考案するのは
技術の進歩に貢献するだろうが、
楽をすることを目的に、手順を省くのは単なる手抜き。
結果は同じにはならない。
手仕事の場合、ひと手間かけるのと、ひと手間省くのとでは
出来上がりが明らかに違うのだ。
チープな仕事は、チープな結果しか生まない。

と、まあ、さんざん偉そうに書いたが、
人間、意気込みが結果と正比例しないことは、ままある。
私など、高すぎる目標に技術が追い付かず、あえなく撃沈・・・は、しょっちゅうだ。
それでもやっぱり、簡単すぎることはつまらない。
技術のなさを「手作りの味」などと胡麻化すのも嫌いだ。
感性が勝負の芸術系はともかく、
技術系には「下手うま」は存在しないと思う。
身も蓋もない言い方だが、下手なものは単に下手なだけ。
そこに味などない。
(作り手に対し特別な感情があったりすると、そこにありもしない味が
感じられることがあるかもしれないが、それは作り手に対する感情が
見せる幻影である。第三者の目には、その幻影は見えない。
が、見えないからと言って、そのモノの価値が当事者にとっても下がることは
意味しない。作り手に対する感情がある限り、モノの価値は不動である。
例:彼女が僕のために編んでくれたマフラー)

現代の、時間に追われる生活の中では、
面倒なもの、手間のかかるものは自然億劫になり、
手仕事にせよ、文学にせよ、音楽にせよ、
より簡単なもの、わかりやすいものへと嗜好が向かうのは
仕方のないことなのかもしれないが、
私は精緻な仕事の方が好きだ。
そこに至るまでの研鑽、かけられた年月、情熱を思うと
素直に頭が下がるし、確かな技術は明らかに美しい。


secret-garden-MC.jpg

画像は、Mary Corbet さんの The Secret Garden

Pagination

Utility

プロフィール

らうとら

Author:らうとら
ドロシー・L・セイヤーズ、ローリー・R・キング、P.D.ジェイムズ、ディック・フランシス、水村美苗、高村薫、戸塚真弓、ヘレン・ミレン、シャーロット・ランプリング、ソフィ・マルソー(40代以降に限る)、ヘレナ・ボナム・カーター、アンジェリーナ・ジョリー、三代目金馬、小さん、米朝、枝雀、エンヤ、クイーン、ドゥルス・ポンテス、マドレデウス、J・S・バッハ、ちあきなおみ、トケイ・ピノ・グリ、アール・グレイ、自転車(冬季を除く)、あらゆる犬と猫
以上、私を幸せにしてくれる方々(敬称略)

最新トラックバック

カテゴリー+月別アーカイブ

 

FC2カウンター