FC2ブログ

Zoo Sauvage de St-Félicien

  • 2019/09/04 09:14
  • Category: 動物
編み物のお供に似鳥鶏(にたどり・けい)さんの『午後からはワニ日和』を聞いて以来、動物園というものに久しぶりに行ってみたくなって、北の方へ旅行に行った帰り、せがんで St. Félicien (サン・フェリシアン)の動物園に寄ってもらった。

ここは正式名称を Zoo Sauvage de St-Félicien (英語名: Wild Zoo of St-Félicien)というだけあって、自然の野山や川をほとんどそのまま利用したとしか見えない30ヘクタール超という広い敷地の中に、Boreal(亜寒帯)に住む動物たちが、大変にゆったりした密度で飼育されている。北に生息する動物に限っているので、園内の動物種数は80種とあまり多くなく、アムール虎はいてもライオンはいないし、ゾウもいない。キリンもいない。

爬虫類ではヘビは2種いたが、ワニはいなかったし、トカゲ類もいなかった。以前(60年代初~90年代)は、こうした exotic animals も飼育していたらしいが、その後、より自然な形態への志向や、園としての独自性を打ち立てるため、そういった動物は減らして、北に住む動物たちだけに絞ったらしい。

ライオンもキリンもゾウもいない動物園なんてアリ? つまんないじゃん!と思われるかもしれないが、そんなことはない。
まず、動物たちは自然の野山みたいなところで好き勝手に行動しているので、案内板で「このエリアには○○と××と△△がいます」と書かれていても、すぐには○○も××も△△も見つからない。じいっと目を凝らし、辛抱強く木の枝の間や草の陰を眺め渡し、目が慣れてきたところでやっと「あ、いた!」となる。そうなると今度は、あちこちで色々な動物が動いていることが見えてきて、これが楽しい。

アライグマが出てきて、もそもそ、のそのそ草の間を動き回り、小川の方へ行って水の中に何かいるのか、ぴちゃぴちゃ手で流れをかき回し、その間にヤマアラシは太った身体をのたのたと動かして木に登り、枝の一つにぺたっと貼り付いて昼寝。もう1匹も出てきて同じように木登り、昼寝。
そうこうするうちにグラウンドホッグが穴から出てきて、切り株の上にべたり、という具合で、見ていて飽きない。時間が経つのを忘れる。
おかげで私たちはこの Forêt Mixte (Mixed Forest)エリアだけで、あっちへ行ったり、こっちへ行ったり、1時間近くうろうろしてしまって、「しまった、こんなことをしていては全部見られなくなる!」と、後になって慌てた。


葉影に隠れているアライグマ

IMG_3536.jpg


出て来た。大変太っている

IMG_3539.jpg


この風景も園内。あちこちに川がある

IMG_3540.jpg


カワウソくん

IMG_3549.jpg


泳ぐ

IMG_3555.jpg


切り株の上のグラウンドホッグ

IMG_3559.jpg


ガンを飛ばす

IMG_3560.jpg


ヤマアラシ、木登り開始

IMG_3563.jpg

ひたすら登る

IMG_3566.jpg


そして昼寝

IMG_3573.jpg


それでその後は少し急ぎ気味に移動したが、何しろ園内が広く、各エリアをつなぐ遊歩道が長く、ついでに上がったり下がったり勾配もあるので、そうは急げない。
それに何しろ、動物はおもしろい。
ニホンザルなど、2匹で座り込んでグルーミングしたり、そばの川で遊んだりしているし、斜面に寝転がって木の枝をガジガジ齧っていたグリズリーは、その木の枝を落として、慌ててぱしぱしと手を延ばし、下に転げていく枝を拾おうとするし、遊んでいる動物を見ていると厭きなくて、ほんと移動が難しいのだ。

毛皮のお手入れ中

IMG_3602.jpg


彼方を見つめてじっと佇む壮年(?)のサル。
『SADA』の片岡鶴太郎さんを思い出した


IMG_3606.jpg


   ?

IMG_3616.jpg


アムール虎。ズームいっぱいでこれくらい。肉眼だとはるか下方の黄色い豆粒

IMG_3613.jpg


また唯一、動物を間近で見られ、触ったりもできるファミリーファーム・コーナーでは、ヤギやヒツジ、ミニブタなどの小型家畜たちが、一応それぞれ囲いはあるものの、大部分の戸は開いていて出入り自由。ブタがヒツジの囲いに入り込んでヒツジのエサを盗み食いしていたり、アルパカの後ろを鶏がコッコッ歩いて追い立てていたり、ヤギの子がちょうど給餌にやってきた飼育員さんにまとわりついて甘えていたり・・・。そんなこんなで4時間は、あっという間に過ぎてしまい、私達は時間切れ。ムースやエルク、バイソンが見られる山道遊覧列車に乗る時間はなくなり、ポーラーベア・コーナーも駆け足で通過するはめになった。入り口で渡されたリーフレットに「見学時間:少なくとも5時間」と書いてあった理由が、よーくわかった。この動物園を堪能したければ、この近くに1泊し、午前中から見学を開始するか、あるいは2日間有効チケットを買って2日かけて見るか(要予約の夜間見学というのもある)。


ヤギの母子

IMG_3585.jpg

IMG_3580.jpg

IMG_3587.jpg


ちなみにこのSt-Félicien という町は、Lac St. Jean という大きな湖に隣接し、周囲は観光スポット満載である。モントリオールからだと車で6時間くらいかかると思うが、ケベック市からならたぶん3時間くらい。ケベック州をゆったり周遊しようという旅行なら、ルートに入れて後悔はないと思う。

ただ一つ難があるとすれば、入園料。大人一人約50カナダドル(約4000円)なのだ。日本の動物園の入園料(上野、天王寺600円、旭山820円)から見るとぎょっとする高さだが、自治体等からの補助がないとすれば、これくらいにしないと園は維持できないのだろう。ケベック州内の他の動物園のサイトも見てみたが、同規模の大型動物園は、だいたいこのくらいの入園料だった。それに、4000円だとしても、東京ディズニーランドの入場料よりは安い。よくできた人工のファンタジーでの陶酔に7400円払うか、生身の動物が野山で遊んでいるのを見るのに4000円払うか、どっちを取るかは、各人の好みである。

アライグマの色違いとしか思えないレッド・パンダ

IMG_3620.jpg


スポンサーサイト



リスたちを襲うのは止めておくれ

  • 2019/05/11 21:14
  • Category: 動物
今、幸せそうにヒマワリのタネを食べていた黒リスが
ぎゃっと飛び上がり、慌ててデッキの梁に駆け上がったと思ったら
すぐそばに隣家のデブ猫が来ていた。
エサをたらふく貰っている飼い猫で動作が緩慢なので
黒リスは無事逃げおおせたが、
まったく!ウチで可愛がっているリスを襲うとは実に不届きな猫である。

春になると、このように猫が外をうろうろするようになるから困る。
我が物顔でウチの庭や花壇の中をのしのしと歩き
植木の影に隠れて、小鳥やリスを狙う。
デブ猫に捕まるような、のろまな鳥やリスはそうそういないが
それでも鳥やリスにとって剣呑であることに変わりはない。
最近チッピーがデッキに現れないのは、そのせいかもしれない。
ったく、腹立たしいデブ猫どもである。

狩りは野生動物の習性なのだから、襲うのが自然なのはわかっているが
リスたちを襲うのは止めてくれ、飼い猫どもよ!
彼らはうちの日々の慰め、娯楽、エンターテイメント
飼い猫の君らと同じ、かわいい愛玩動物なのだ。


雪だるまからピーナツを貰うチッピー
(すでに頬袋に2つ入っているのだが、でもやっぱり3つめも欲しい)


IMG_3286.jpg

初チッピー

  • 2019/03/21 21:17
  • Category: 動物
昨日、初チッピー。
視界の隅をササっとかすめた縞模様があったので
あっ!と思ったらチッピーだった。
例年より1週間くらい早いような気がする。

IMG_3275.jpg


もっとも姿を見せたのは一瞬だけで、
ピーナツをあげようと開き戸を開けたら
さっとデッキ下に隠れてしまった。
まだ庭には雪が1メートルくらい、
除雪した雪を積み上げているウチの入り口右側には3メートル程の雪があるが
チッピーが姿を見せたからには、春も近い。

参考写真  立っている人物の身長は約1.7m

IMG_3266.jpg

リスたち

  • 2018/04/05 03:49
  • Category: 動物
今日は朝ジムに行って、その後食料品の買い出しにいくはずだったのだが
昨晩からみぞれ混じりの雪が降り始め、風も強くて、天気予報はと見れば
「冬嵐注意報」。絶好のお出かけ日和とは言い難いので、雪だるまと二人
出かけるのは止めて、家に引きこもっている。
せっかく庭の雪も融けだして、芝生も見え始めていたのに
また冬景色に逆戻りである。
ケベックの4月はまだ冬だ、とだめ押しをされている気分。
普段はちょろちょろデッキに顔を出す黒リスも赤リスも灰色リスも
冬嵐の今日は1匹も来ない。
我々同様、みんな巣の中に引きこもっているのかもしれない。


IMG_1406.jpg


この子はうちに顔を出す灰色リスのうちの1匹。
デッキに来ては、こうやってガラス戸から中を覗き込む。
こちらがピーナツを手に戸を開けると、やったー!とばかりに駆け出し
デッキの左側に行って、投げられたピーナツを受け取ろうとする。
少々臆病なのか、他のリスのようにこちらの手から直接ピーナツを取って行ったりはしない。
いつもちょっと離れたところで、顔をきょときょとさせて
「投げて、投げて!」と待ち受ける。
まるでパスを待つフットボール選手か、キャッチボールをしている子どものようなので
私たちは彼(彼女かも)を、キャッチボールグレイと呼んでいる。

その他、レッド・ロケットと呼んでいる赤リスもしょっちゅう来るのだが
彼は“ロケット”と異名をとるだけあって動きがものすごく素早く
庭を横切ってデッキに来たかと思うと、あっという間にピーナツをかっさらって
飛ぶように走り去るので、なかなか写真に撮れない。
灰色リスのようにぼーっと後足で立って、ガラス戸から中を覗き込むようなことは
およそしない、やたら気ぜわしい子なのである。


IMG_1396.jpg


人によっては、トリやリスなどの野生動物にエサを与えるのはよくない。
ナショナルパークでも、動物には絶対にエサを与えないよう注意されるのだから
住宅地でも同じことだと言うが、自然の生態系が(一応)保たれているナショナルパークと
田舎とは言え住宅地とでは事情が違うような気がする。
何百年も前から人間が住み着いている大都市ならいざしらず
このあたりの住宅地は、ついこの間まで森や林だったのである。
それを人間が切り開いて住宅地にした。
つまり森、林を切り開くことによってリスや鳥たちの住居を奪い、エサ場を奪ったわけで
そうやって動物たちの生活を根底から脅かしておきながら、
野生なんだからエサは自分で探せというのは、一見理屈が通っていそうで
その実そこにあるのは人間側の身勝手、
壊し、奪っておいて、後は知らない、とうそぶく傲慢さでしかない気がする。

もっともこんなことをぶつぶつ言っているのは
ピーナツを介してリスと遊びたくて仕方がない自分自身を
正当化したいからだけかもしれないが。

チッピー異変

  • 2017/12/09 00:09
  • Category: 動物
冬のさなかでも元気よく走り回っている黒/茶/灰色リスたちとは違い、
チッピー(シマリス)は冬眠する。
夏の間は頻繁にデッキに現れてはピーナツ集めに励むが、
9月も半ばを過ぎるとデッキに来る回数が減り、
10月にはほとんど姿を見かけなくなる。
地面の下にトンネルを掘って巣穴を作り、そこで冬眠に入るのである。

もっとも冬眠といっても、クマのように冬の間中眠りっぱなしというわけではなく、
時々起きて溜め込んだピーナツを食べたり、排泄をしたりするのだそうだが、
地面の上に姿を現すのは、この辺では4月の初めくらい。
寒さが緩み始め、積もった雪の間から庭石が顔を出し始めると、
チッピーも雪の間からちょこんと頭を出して、
あたりを伺っているのを、ちらり見かけるようになる。
つまりこのあたりではチッピーは、10月半ばくらいから4月の初めくらいまで約半年、
冬眠しているということになる。
ネットを検索してみても、チッピーの冬眠期間はおよそ10月~4、5月とあるから
カナダおよび米国北東部では、だいたいそのあたりなのだろうと思う。

ところが今年は、12月の今になってもチッピーが庭をうろうろしている。
10月末あたり、一時姿を見かけなくなったので、
例年通り冬眠に入ったのだろうと思っていたら
11月の終わりごろになって突然、またデッキに姿を現わして
ぼんやり庭を眺めていた私をびっくりさせた。
思わず「チッピー、どうしたの? まだ寝てないの?」と声をかけ
せっかく来たのだからと、いくつかピーナツを与えたのだが
以来、このチッピーは毎日のようにデッキに姿を現すようになり
ちょろちょろと走り回って、鳥たちがフィーダーから落としたヒマワリのタネや、
私が置いておいたピーナツなどを、せっせと拾い集めていく。
拾い集めるからには冬眠する気なのだろうと思うが、
気温が零下に下がっても、雪が降っても、
相変わらずデッキに姿を現している。

確かに今年の秋は割合に穏やかで例年より暖かい日が多く
12月8日の今日も、一昨日だったか一日中雨だったせいで庭の雪が半分方融け
ところどころ枯れた芝生が顔を出したりしているが
それにしたって12月は12月。暖かいと言っても気温は零下、
チッピーはとっくに冬眠しているはずの時期であり気温である。

いったいなぜ、このチッピーが冬眠せずに夏同様活動しているのか
私には見当もつかないが、雪の上をちょこちょこ走って来るチッピーを見るのは楽しい。
この間はちょうど黒リスと鉢合わせして、慌てふためいてデッキの隅に走り逃げたが、
それで懲りたわけではないらしく、その後も相変わらずデッキに来ている。
今朝もちゃんと来た。
証拠代わりに、写真を1枚。


IMG_1328.jpg

今年のメンバー

  • 2017/06/05 12:04
  • Category: 動物
先日庭で、トリの卵の殻を拾った。
雪だるまに聞くと、たぶんロビンの卵だろうと言う。
言われてみれば少し青みがかっていて
なるほど毛糸の色名などで時々みかける“ロビンエッグ”というのは
ここから来ていたのかと、初めて得心。


見つけた殻は半分だけ

IMG_1111.jpg

IMG_1108.jpg



この卵から生まれたヒナは、たぶん今頃どこかの庭で
ぴょんぴょん跳ねながら、虫をついばんでいるのかもしれない。
捨ててしまうのも何だか惜しいので、植木鉢の飾りにしてみた。

IMG_1141.jpg



シマリス、黒リス、灰色リスも、例年のとおり顔を出している。
チッピー(シマリス)のうち1匹は去年からの子らしく、呼べばピーナツを貰いに来るが
もう1匹は新しい子らしく、ヒトの姿を見ると脱兎の如く逃げ出していく。
野生動物は代替わりが早く、同じ個体が3年続けて来ることはないようだ。


これは去年からウチに来ている子

IMG_1037.jpg


黒リスも代替わり。
今年面白いのは、この子。
上半身と下半身で毛並みが違い、上半身はなめらかに黒いのだが、
下半身は灰色がかった毛がぽわぽわと生えている。
まるで毛皮のパンツをはいているようなので、
私と雪だるまは、彼を“パンツ”と呼んでいる。

-2IMG_1104.jpg



灰色リスは、ウチの庭にはたまーにしか来ないので、
去年からいる子か、初めての子か、そもそも判別不能。

IMG_1129.jpg


籠の中のピーナツを狙っているところ

IMG_1134.jpg


そういえば、冬の間毎日のように現れて私たちを楽しませてくれた
ねずみのラティ君は、ある日突然、姿を消してしまった。

雪もなくなってきたので、そろそろ捕まえて森に放しに行かなくちゃね、
と言っていた矢先、ふいと姿を見せなくなって、それっきり。
春の到来とともに、ご近所の猫たちがウチの庭を徘徊し始めたので
そのうちの1匹に捕まってしまったのかもしれない。

せっかくリンゴの土産でも持たせて、森に連れて行こうと思っていたのに
充分過ぎるほどのキャットフードをあてがわれてやや肥満気味、
腹は空いていないはずのこのあたりの飼い猫の餌食になったとすれば
残念至極という他はない。
あまり賢くなさそうな顔が、いかにも可愛らしかったんだがなあ。


在りし日のラティ君

IMG_1021.jpg









ラティ君 2

  • 2017/04/26 12:08
  • Category: 動物
庭の雪がほとんど消えかかっている。
そろそろラティ君を捕まえなければならない。

今年の初め、雪の中に姿を現してから4か月、
ほとんど毎日ちょろちょろとデッキに現れては鳥たちがこぼしたタネを漁り
私たちを楽しませてくれたラティ君だが
雪が消え、窓を開ける日も近いとなれば、このままにはしておけない。
いくら可愛くても、人間とネズミでは同居は無理なのだ。

すでにネズミ捕りも買ってきた。
中に餌を入れて誘い、生け捕りにするタイプの罠だ。
ちゃんと引っかかってくれるかどうかはわからないが
殺すつもりはないので、このタイプ以外は使えない。

雪だるまは「今週中には何とかしなくては・・・」と言っているが
彼自身、ラティ君が可愛くて仕方がないので、
どうも延ばし、延ばし気味。

私ももうすぐお別れかと思うと何だか残念で
昨日はリンゴの芯を大盤振る舞い。
コンポートを作るのに4つほど剝いたリンゴの芯を
アルミ皿にのせてラティ君に与えた。
「ネズミに餌をやってどうする?」てなもんだが
しかし可愛いものは、可愛い。

ラティ君はリンゴの芯が気に入ったらしく
何度も何度も皿のところに来ては咥えて帰り
皿はあっという間に空になった。

捕まえたラティ君を森に放すときには
リンゴを土産に持たせようか・・・


ラティ君近影 ちょうどこちらを見上げたところ

IMG_1021.jpg










ラティくん

  • 2017/02/06 11:09
  • Category: 動物
この冬、うちの庭の動物軍団に新しい仲間が加わった。
ネズミのラティ君である。
ラティというのは要するに ratty で、まんま rat なのだが
シマリス(チップモンク)がチッピーで、黒リスがブラッキーで、
茶リスがブラウニーなら、ネズミ(ラット)はラティでいいだろうと雪だるまが言うので
そういうことにした。

このネズミくん、ラティという名前の通り、毎年冬が近くなると家の中に入り込んでくる
ハツカネズミ(mouse/souris)の2~3倍、茶リスとほぼ同じくらいの大きさで
だから私は、ある雪の日の早朝、まだ薄暗いデッキの上をサササッと茶色いものが移動した時
茶リスが朝ご飯に来たのかと思ったのだが、走り去る後姿を見たら、しっぽが細長い。
茶リスならふさふさした太いしっぽのはずなので「あれ?」と思ったら、それがラティくんの初登場だった。

彼はどうやら、うちのデッキの下に巣を作ったらしく、
雪をかぶった生け垣を抜けてサササッとデッキの上に上がって来ては、
鳥たちが食べこぼしたピーナツやヒマワリの種を拾って食べ、
またサササッとデッキの下に戻っていく。
最初のうちは警戒していたのか、まだ薄暗い早朝か、
夕方、日が暮れてからしか来なかったのだが
誰も追い立てず、また猫や犬など彼を捕まえて取って食おうというものもいないとわかってからは
白昼堂々デッキに現れ、大胆にエサ漁りをするようになった。

(以下、ネズミの画像があります。この手の齧歯類が苦手の方は、どうぞ飛ばしてください)


最初に現れた頃のラティくん。早朝なので画像もぼんやり
(左上の白いものは雪、ラティくんの下はデッキに敷いてあるビニールシートです。
鳥たちが食べこぼすので、シートを敷いておかないと春の掃除が大変)


IMG_0916.jpg



しだいに慣れ、真昼間に登場。日向ぼっこ中か

IMG_0943.jpg


こうして見ると、しっぽが長い

IMG_0927.jpg


そして目が小さい

IMG_0947.jpg


今のところ、うちのデッキ下に棲んでいるのはラティ君1匹だけと思われるが、
何しろネズミのこと、そのうち家族連れで現れる可能性、無きにしも非ず。
そうなるとコトはちと面倒だし、いずれにせよ、ラティ君をうちの庭に置いておけるのは冬の間だけ。
春になって雪が融ける頃になったら、捕まえて森にでも放さなければならないとは思っている。
いくら可愛くても、ネズミはネズミ。はっと気が付いたら昔のケベック並みの大家族になっていて
うちの庭中、ネズミだらけ、というは、さすがにちょっと困るのだ。
ラティ君がカトリックの修道僧よろしく生涯独身を通し、デッキ下に引きこもって
禁欲生活を送るというなら、引き続き棲んでくれても構わないのだが
じいさんネズミならともかく、若い(と思われる)ラティ君にそんなことしろって言っても無理だろうなあ。


黒リス

  • 2016/12/28 05:12
  • Category: 動物
クリスマスの日の朝、久しぶりに黒リスがデッキに来た。
寒さが増してきて以降、しばらく見かけなかったので
林の奥の方にでも籠りきりなのかと思っていたが
どうやらたまには人家の方に出てくるらしい。

しかも黒リスには珍しく人慣れした子で
こちらが中にいるのに窓ガラスの近くまで寄って来て、せわしなく行ったり来たり。
あげくガラスに手をかけてこちらを覗きこんだりしたので
「これは」と思って試しにピーナツを与えてみたら、
あっさり私の手からピーナツを取っていった。
チッピー(シマリス)ならともかく、黒リスでこの行動は珍しい。
どこか別の家で、折に触れて餌を貰い慣れているのかもしれない。

しかもよく見ると目の周りに白いアイラインが入っていて
純粋な黒リスというより、赤リスのような顔立ち。
そう思ってみるせいか、毛色も少々茶がかっているようで
もしかしたら、お父さんかお母さんのどちらかが赤リスなのかも。

なんにしても、やたら人懐こくてかわいいので
写真を撮ってみた。
残念ながら片手にピーナツ、片手にカメラという態勢なので
ピンボケもいいところだが、かわいらしさは伝わるか?


真正面。よく見ると鼻が白い

IMG_0906.jpg


さらにアップ

IMG_0908.jpg


ピーナツに噛み付いた瞬間の顔は、やや猛獣風
齧歯類とはよく言ったものだ


IMG_0909.jpg


てんとう虫

  • 2016/11/24 11:10
  • Category: 動物
毎年、秋の終わりころになると、てんとう虫が家の中に入ってくる。
秋の終わりだから、窓はとっくに閉め切りで、玄関ドアも閉め切りなのだが
家人が出入りする際に、するりと一緒に入ってくるのだと思う。

秋はてんとう虫の季節で、天気のよい日などぶーん、ぶーんと小さな羽音をたてて
半端でない数が庭やデッキの周りを飛び交っているし
洗濯物など外干ししていると、いつのまにかシーツやTシャツにくっついて
ゆらゆらと日向ぼっこをしている。

それが秋の終わりには室内の暖かさに惹かれて、家の中に入っているのだ。
そして窓のあたりに陣取って、窓枠を上ったり下りたり
あるいはガラスに張り付いて、もごもごと動き回ったりしている。
元気な子は、ぶーん、ぶーんと室内を飛び回る。
実は今、このパソコンの上にも1匹いて、キーボードの上をうろうろしたあげく
ディスプレイの後ろに回り込んでいった。

このてんとう虫たち、こうして家の中に入って来ても、
それで冬が越せるわけではない。
なにしろ家の中には、彼らの食べ物はないのだ。
あのころりと丸い体形や、オレンジの地に黒い点々という可愛らしい模様にもかかわらず
彼らの大部分は肉食で、アブラムシやハダニを捕食しているのだから
そうした食べ物のない屋内では、結局のところ飢えて死ぬしかないのである。

もっとも外は外で、すでに夜間の気温は0度以下。
餌になるアブラムシやハダニもたぶんとっくの昔に死に絶えて
食べ物がないことには変わりない。
どちらにしても、この寒さ厳しいケベックでは越冬は無理な話なのである。

この間数えたら、一番集まっている主寝室では
大きい方の窓に23匹、小さい丸窓に11匹いた。
その他、居間の窓にも何匹かいるし、私の部屋にも2、3匹いる。
だからたぶん家全体では、50匹近いてんとう虫がいるのではないかと思うが
番号ふりつつ数えたわけではないので、正確なところはわからない。

てんとう虫くん、肉食ではなく、ハミングバードのように砂糖水で生きていけるなら
いくらでも養ってあげるのだが、まさか彼らのためにハダニを発生させるわけにも
いかないし・・・


だいたいはこうして窓枠のあたりをうろうろしている

IMG_0887.jpg

IMG_0882.jpg


たまには、ばったり出会ったりもする

IMG_0880.jpg




Pagination

Utility

プロフィール

らうとら

Author:らうとら
ドロシー・L・セイヤーズ、ローリー・R・キング、P.D.ジェイムズ、ディック・フランシス、水村美苗、高村薫、戸塚真弓、ヘレン・ミレン、シャーロット・ランプリング、ソフィ・マルソー(40代以降に限る)、ヘレナ・ボナム・カーター、アンジェリーナ・ジョリー、三代目金馬、小さん、米朝、枝雀、エンヤ、クイーン、ドゥルス・ポンテス、マドレデウス、J・S・バッハ、ちあきなおみ、トケイ・ピノ・グリ、アール・グレイ、自転車(冬季を除く)、あらゆる犬と猫
以上、私を幸せにしてくれる方々(敬称略)

最新トラックバック

カテゴリー+月別アーカイブ

 

FC2カウンター