フリーランス

  • 2014/08/07 11:59
  • Category: 仕事
契約している3社から立て続けに仕事の依頼があり、雪だるまは先週、今週とどっぷり仕事漬けである。
大好きな映画を見る時間どころか、今日はジムに行く時間すらひねり出せず、食事もそこそこにコンピュータに向かっている。

一方こちらは学校はないし、秋の球根植えまで庭仕事は暇だしで、編み物をしたり、組紐で遊んだり、
手仕事に疲れるとサイクリングに出かけたりと好き勝手に過ごしていて、お気楽三昧。
朝から晩まで机に向かっている雪だるまに少々申し訳なくなるくらいである。

とはいえ、彼の仕事を私が手伝えるわけではなし。
それに暇なときは暇だが、忙しい時はどうしようもなく忙しいのはフリーランスの常。
ある意味、仕方がないのである。

“フリーランス”と聞くと、人は「仕事の量や時間を自分の裁量で決められ、自由度が高い」と思いがちだが
ほんとのところ、実体はそれほど“自由”ではない。
義弟ジェリーなどは「セミリタイアなんだから、仕事を選んでほどほどの量にすればいいじゃないか」などと簡単に言うが、
その世界で自他ともに認める第一人者、余人では代え難い圧倒的才能/技能に溢れたスーパースターならともかく
一般人、簡単に代わりが見つかる程度の人材の場合、打診された仕事を断るなんてことはまずしない。
依頼が重なり過ぎ、逆立ちしてもできないと思われる場合以外、打診された仕事は引き受ける。
スケジュール的にきついとわかっていても、引き受ける。
断って、次の依頼が来なくなると困るからである。

仕事を依頼する方だって、人の子。
一度や二度ならともかく、多忙を理由にあまり頻繁に断ったり、仕事を選り好みしたりすることが重なれば、
常に二つ返事で仕事を引き受けてくれる人、うるさいことを言わずに何でもやってくれる人の方へ
仕事を回そうと思うのは理の当然。

それに仕事があってもなくても、会社に行っていさえすれば最低限の賃金は保証されるサラリーマンと異なり
フリーランスは依頼がなければ、収入はゼロ。
すぐに生活に響くのである。
だから断らない。
そして根が生えたように椅子に座り込んで、仕事に励むのである。

実際、今とは逆に、突然仕事が途切れ、何日も何日もなーんの依頼も来ないこともある。
そうなると雪だるまと二人、「どうしよ?」と若干の不安に襲われる。
貯金を取り崩せばしばらくは生きていられるが、仕事ゼロあるいは仕事僅少が何年も続いたりしたら・・・
この家を売って、もっと小さい家に引っ越し(→光熱費、維持費および固定資産税が減る)
DVDを買うのを止め、食費を切り詰め・・・etc.
といろいろ対策を考える。
考えて、「ま、何とかなるさ」と思ううちにまた仕事の依頼が来て一件落着になるのだが
この上がったり、下がったり、常に波に揺られてどんぶらこ状態なのが、フリーランス。
神経の繊細な人には、あまり向かない。



スポンサーサイト

終わった

  • 2011/12/24 09:57
  • Category: 仕事

昨日、仕事が終わった。もういい加減、目も首も肩も限界だったので、終わってほんとにほっとした。ことに今回のは、どう見ても非ネイティブが書いた/編集した文章で、前後の脈絡なく文章をコピペしてあったり、日本語で言えば「てにをは」を間違えていたりするところが何カ所もあって、読むのが実にしんどかった。雪だるまが読んでもわからない文章、私が読んでわかりますかいな?

 

とは言うものの頂戴したからには日本語にせねばならず、わからないところは関連のサイトをあれこれ当たり、うーむとうなりつつ推理して辻褄をあわせたが、結果には甚だ自信なし。これで来年仕事を貰えなかったら、己が不徳不勉強の致すところと反省し、家事関係のフランス語を覚えてお掃除おばさんになるべく頑張ろう。

 


仕事があったからというより習慣で、今でも6時台に起きている。日の出が7時台なので、当然、毎日日の出を見ている。曇りの日の日の出は、真っ暗だった空が、鈍色→ぼおっとした灰色→乳白色に変わるだけだが、晴れの日は薄黄色からオレンジ、一瞬紫がかったピンク、あおー!という感じに変化して大変ゴージャス。脳内エンドルフィンに恵まれた人なら、これだけで幸せになれるという代物だ。たとえばこういうのとか。


高望み

  • 2011/05/23 17:19
  • Category: 仕事
またまた元上司殿から翻訳の依頼があリ、これがまた七面倒くさいパワポ資料で相当うんざり。上司殿は去ったのに、なぜ断らないかって? それは今残っているお客さん(=次席と私とで面倒をみているお客さん)は、ほとんどすべて上司殿のお客さんだからである。他社に移っても遠隔操作される理由はここにある。

それはともかく、さっさと新しい秘書を雇ってもらいたいものだが、先日の面接者もダメだったもよう。元上司殿と頻繁に連絡を取っている次席によると、元上司殿は「背が低い」とか「若くない」とか「見場が悪い」とかの理由で、「×」を出しているとのこと。あまりのばかばかしさに「こら、上司!何考えてるんだあ!?」と怒るのを通り越して、どっと力が抜けた。

たかだか手取り20万円(ボーナスなし)程度の給料で、日本語ネイティブで普通話と英語がある程度できて、しかも秘書として連れ歩いて自慢できるような容姿の秘書が欲しいとは、元上司殿も贅沢が過ぎると言うものだ。それだけの能力と容姿があったら、金融会社の秘書なんか応募してこないぜ、たぶん。

まあ元上司殿も過去8年間、若くもなければ美人でもなく、といって仕事ができるわけでも性格がいいわけでもない私という秘書で我慢せざるを得なかったので、「今度こそ、よい秘書が欲しい!」と希望に胸をふくらませ、現実無視の高望みをしているのかもしれないが、この条件じゃあ百年経っても秘書は見つからんぜ。秘書を探し始めてすでに3カ月目、セクハラ、パワハラまがいの甘い夢を見るのはいい加減にして、現実を見据えよう、元上司殿!

辞書の山

  • 2011/05/19 16:24
  • Category: 仕事
昨日はウチのリサーチが出したリポートの翻訳に苦戦し、右目はげしくピクピク。普段中国語ばかり翻訳してるので、たまに英語を翻訳しようとすると、辞書にあたる回数が幾何学級数的に増え、しんどいこと限りなし。リサーチ部よ、客の大部分は香港人/中国人なんだから、リポート中国語で書いてくれよ。

会社に置いてあった辞書とかファイルとかを持ち帰り始めているのだが、雪だるまも同じことを始めたため、ウチの居間に辞書の山ができ始めている。たしか雪だるまは私の10倍くらい辞書を持っているはずで、この先居間がどうなるのか今から戦々恐々。

内職

  • 2011/05/13 16:51
  • Category: 仕事
きのうの夜オトモダチに会い、二人してサラダとスペアリブをたらふく食べ、オトモダチが大人買いした大量の本のうち一部をほくほく借り、ああだこうだ、こうだああだと喋りまくった後、明日仕事だからしゃーないなと、いつもより1時間ほど早く「ばいばい」と別れた。楽しかった。しかしのどが痛くなるほど喋ったわりにはまだ喋り残したことがある気がする。今度から喋りたいことを箇条書きにしてから会見に臨んだ方がいいかしら?

昨年12月で当社を去った元上司殿、実はいまだに私に翻訳やら手紙書きやらを依頼してくる。勤務時間中に、メールでふつーに「やってー」と依頼してくる。今日も1本、新聞記事翻訳の依頼があった。こないだなんか、ウチの後に入った某社から次の某社への移動に当たり「ちょっと退職願書いて」の依頼まであった。「こら!退職願くらい自分で書け!」と言いたかったが、たとえ本土系企業でも正式書類は英語の傾向のあるHKのこと、上司殿は英語で書くのがめんどくさかったのだろう。私もめんどくさかったので、ネットに載ってたのをそのままコピペした。円満退職ではなく不満で辞めるのだから、このくらいでちょうどいいだろう。

それにしても元上司殿よ、いいかげんで新しい秘書見つけてくれよ。ウチの会社から給料貰ってるのに、他社の人の仕事を勤務時間中にやるのは少々気が引けるよ。5分で済む手紙書きくらいならまだいいが、今日の翻訳なんかほぼ1日かかった。こーゆーことでいいのか、自分? いくら仕事ヒマでも。

退職願

  • 2011/04/14 16:17
  • Category: 仕事
4月1日に退職願を出した。1カ月前通告だから4月末でもよかったのだが、ウチの部のNo.2のリックが「早めに出してね」というから、出した。以前にも書いたように、上司殿がクビになった時点で私も長くはないだろうと踏んでいたのだが、案に相違してもともとの予定通り5月末まで雇用してもらえた。

「なんでだろ?」と次席に尋ねるともなく尋ねたら、「解雇は不好聽(人聞きが悪い)だ」とリックが言ったとのこと。「誰にとって不好聽なんだ?」と思ったが、たぶん会社にとってだろう。(一応、表面的には)まじめに勤務している社員を、ぱさりと首切りするのは差し障りがあるかもしれない、と? 労工局と問題を起こすくらいなら、本人が自発的に辞めるまで雇っておいた方がまし? まあ理由はなんでもよろし。私としては上司殿がいなくなったあとの格段に楽になったお仕事環境で、同じ給料いただけるなら文句を言う筋合いはなし。

さて本日は4時半からHR(人事部)の担当者と面談。退職願を出すと、「なんで辞めたいの?」一応HRから事情確認があるのだ。確か前回(2004年)に出した時も、当時の担当と面談した。あの時は次の仕事が見つからなかった上、給料2割ほどあげてもらったので辞表を撤回して居残ったが、今回撤回はありえない。カナダがヴィザをくれようとくれまいと、ここを去ることに変わりはない。

『ジャングル・ジャングル』

  • 2011/02/24 17:27
  • Category: 仕事
午前中、人事部から今年のアニュアル・ディナーの通知が回った。3月22日、場所はコンベンションセンター。今年のテーマは『ジャングル・ジャングル』だそうで、ライオンとか虎とかターザンとかジェーンとか、テーマに合ったすてきなドレスアップをした人には、最高5000元あげるわよ!との但し書きあり。

そーか、5000元か。えーなあ。ふつうこの種のパーティには全然興味が湧かないが、動物の着ぐるみを着るのは好きだ。しっぽ付きの虎の着ぐるみでも、調達しようかしら?

新オフィス 2

  • 2010/12/30 16:17
  • Category: 仕事
ウチから遠くなったのはナンだが、新しいオフィスはなかなか快適である。内装が白と灰色がかったベージュ基調で明るく、広いフロアに比較的ゆったりと机が並んでいるのもいいし、常に半透明のシェイドが閉まってはいるものの、外壁全部窓なのもいい。


ついでにパントリーが広く清潔で、小さい丸テーブルも置いてあって、マグカップ持ってぶらぶらしに行くたびに、大きな窓から外が眺められるのもいい。(26階なので、窓から真下を覗くとちょっと怖いけど)


あの窓のない小部屋に閉じ込められていた3年間を、このオフィスでの3年間に取替えっこできたらいいのに。



本日、50回目の誕生日。だからというわけではないが、これ以上耳の穴が伸びないように、耳にぴったり付くタイプの小さく軽いピアスを買おうかと考え、昨日からいろいろ見ている。第一候補は径2ミリの透明な石が付いたタイプ。値段はピンきり。安いのは19.90元(200円)。高いのは3200元(32000円)。見た目は同じ。安い方は本物のガラス、高い方は本物のダイヤかと思う。
どっちがいいかのう?

新オフィス

  • 2010/12/28 16:20
  • Category: 仕事
本日より新オフィス。次席と二人だけになったので、独立した小部屋ではなく、オープンフロアの中の席になった。机の前面は低いパーティションで遮られているが、横は仕切りなし。なかなか開放的でよろしいが、仕事中にお遊びサイトを見るのは難しくなった。ま、致し方あるまい。どうせここにいられるのも1カ月くらいだろうし、文句を言うほどのことでもない。


前より2駅ほど遠くなったし、乗り換えも必要になったので、今朝は745分に家を出た。どうもオフィスのあるビルは最寄り駅から東の方向にあるらしく、駅からのゆるい上り坂を歩く間中、朝日が真正面から当たり、まぶしくて何も見えない。この目の裏まで白く焼きそうな朝日、やる気のある人だと「♪あたぁらしい朝が来た!」と、希望の光に見えたりするのだろうか?


ついでビルの正面玄関に回るのはけっこう遠回りなので、横のモールの入り口から入り、ディオールとブルガリの横を通って上に上がり、オフィス階へのエレベータホールに出る方が簡便と確認。もうひとつ、少し手前のタワー2から入り、渡り廊下を通ってタワー1のエレベータホールに出る方法もあるが、これは早いのか遅いのかよくわからない。でも雨が降っている時は、この方が濡れる時間が短くて済むかもしれない。


ところでこの新オフィスの下のショッピング・モール。昼休みに歩いてみたが、ほとんど客の姿なし。高級ブランドばかりとは言え、こんなに客が少なくてはやっていけないのではないか。それともその分、他の店舗で売り上げるからよいのか。
ただ人混みを避け、ゆったりお買い物をしたい人にはいいかも。静かな環境がお好みのみなさま、利園へどうぞ。

時と場合

  • 2010/12/21 16:14
  • Category: 仕事
仕事探し中の上司殿。長年のオトモダチである某中国系銀行の偉いさんから「ウチに来ない?」と誘われ、面接(というかお話し合い)に行ったはいいが、どういうわけか今回のいきさつを洗いざらい喋ってしまい、その偉いさんに「ちょっと上と相談するから」と言われてしまったそうである。


次席は「ふだんホラ吹きまくってるくせに、どうして今回に限って正直に喋るのよ?」と呆れを通り越して怒り顔。私も「正直なのもいいが、時と場合によるぜ」と口ぽかん。



あるいは上司殿、相変わらず「自分が悪い」とは思ってないから、洗いざらい喋ったのか? うーん、そうかも。

Pagination

Utility

プロフィール

らうとら

Author:らうとら
ドロシー・L・セイヤーズ、ローリー・R・キング、P.D.ジェイムズ、ディック・フランシス、水村美苗、高村薫、戸塚真弓、ヘレン・ミレン、シャーロット・ランプリング、ソフィ・マルソー(40代以降に限る)、ヘレナ・ボナム・カーター、アンジェリーナ・ジョリー、三代目金馬、小さん、枝雀、エンヤ、クイーン、ドゥルス・ポンテス、マドレデウス、J・S・バッハ、ちあきなおみ、トケイ・ピノ・グリ、アール・グレイ、自転車(冬季を除く)、あらゆる犬と猫
以上、私を幸せにしてくれる方々(敬称略)

カテゴリー+月別アーカイブ

 

FC2カウンター