練習

  • 2011/10/21 07:07
  • Category: 着物

先日の夜、お義父さんとフランスが遊びに来て、フランスが着物を着てみたいというので、着せてみた。彼女の背丈は私とほぼ同じ。胸は豊かだが肩幅は狭く、全体にほっそりした体つき。だから私の着物は楽々着られるはず、と思ったのだが、これが着せてみたら肌襦袢省略でブラ+Tシャツの上にウソツキ半襦袢→着物だったせいか、胸が前にどーんと出、ついでにほっそりしているように見えたウエスト周りも実際には結構寸法があって、なんだか円柱に着物を着せたような具合になってしまった。アジア人とコケイジアンの骨格の違いを、またまた実感。細く見えても、彼らは厚みがあるのだ。

 

しかし本人は白地にピンクと紫、薄青の花綱が散らされた着物+金茶の桜模様の半幅帯を文庫結び(外国人にはお太鼓は不評だから。帯揚げと帯締めをちゃんと締めるのも大変だし)に大変満足したようすで、今月末のハロウィーンダンスにこれを着たいという。

 

「ハロウィーンのコスチュームが着物ですかあ?」とは思ったが、本人大乗り気だし、お義父さんもにやにやと嬉しげだし、着物も正絹とはいえベイで30ドルくらいで落札した安物で、かつ花綱の色合いがあまりにきれいだったのでうっとりして落札してはみたものの、私には似合わないはんなりと優しすぎる小紋でこの先着ることがあるとは思えないので、「着たいのならば、お貸ししましょ」とOKした。

 

そして人に着せてみたら自分も着たくなり、翌日の午後、えいやっ!と濃緑に暗赤色で小さい壺がぎっしりならんだお召を着て、ベージュの本筑なごやを偽角出しに結び、ついで夕飯を作る都合があったので、その上にこの間日本に行ったとき巣鴨で買ったバテック風の割烹着を着てみたら、があああん! 鏡の中から私を見返しているのは、小料理屋の女将。しかも神田あたりの粋な小料理屋ではなくて、私鉄沿線または地方都市の駅前通りにある、肉じゃがあたりが看板料理の、いまいち冴えない小料理屋の女将!

 

我ながら愕然とし、ついで「ちがーう!!」と激しく思った。この着姿、これは私ではない。どこをどう間違えたのかよくわからないが、とにかくこれは私ではない。私の性格の悪さが、まったく出ていない。なんともはや、普通の善人、仕事帰りのお父さんが気軽に「ちょっと一杯」ひっかけに寄るような小料理屋の、料理の腕はいまひとつだが愛想のよさと人のよさ(この私が!)が売り、のような女将に見えているのだ。冗談もほどほどにせぇよ、自分!である。

 

さすがに我ながら気持ち悪く、なんでこうなってしまったのかつくづくと考えた。これはたぶん着物の問題というより着方の問題で、着るにあたって教科書通りに律儀に襟をきっちり合わせ過ぎ、帯も帯締めもきちんと四角四面に結び過ぎたのが敗因だと思う。その上さらに中途半端な長さの髪をうなじでシニヨンにまとめたから、野暮ったいほど真面目で人のいい小料理屋の女将になってしまったのだ。ああ、失敗。

 

着物は着始めたばかりだし、思うように着られないのは仕方がない。しかしそうは言っても本来の私と似ても似つかない姿になってしまうのは困る。私がうっとり見とれる着姿は、たとえばマルファクトリーの着物に刺繍をしていらっしゃる三原佳子さんや、更紗のコレクターで“歩く美術館”と言われた菊池信子さんなどだが、年季も資質も段違いすぎて、まさか真似はできない。思うように着られるようになるには、せっせと着るしかないか。


************************

 

本日、また着てみた。こんどは黒地のお召しに青緑の帯。襟をゆったりめに合わせ、帯もあまりきっちり結ばず、「まあ、これなら善人には見えないな」という姿になった。ちょうどつけていた黒のピアスも、そのままでぴったりだったし。しかし着物のまま夕飯を作っていたら、割烹着を着ていたにもかかわらず、右袖が濡れてしまった。絹物に水は禁物とは言われても、濡らさずにご飯作るのは難しいぜ。

スポンサーサイト

もみじと鹿

  • 2010/10/28 17:14
  • Category: 着物
息つく間もないほど忙しかったり、あるいはあまりに予想外の展開にへなへなとその場にくず折れそうになるような事態が続くと、ジムになんか行かずにそのまま家に帰って「引きこもりー」のお蚕さん状態になってしまいたい気がするのだが、行って重いものを持ち上げたり、引っ張ったりすると、それなりに気分転換になるので、行きたくなくてもやはり行った方がいいのだ。だから今日も行きたくない気持ちに鞭打って、行こう。


疲れたとき見て楽しいのは、きれいな着物を着たきれいな人。六本木の某リアルクローズきものやさんの女将の着姿は、いつもすっきりとすてきだ。ヒルズあたりで働いているのであれば、毎日くらいにこっそり覗き見したい店だ。
このお店とは関係ないが、昨日はベイで紅葉柄に鹿がぽんぽんと配された帯板をみつけ、ポチ。紅葉に鹿なので、つい花札を思い浮かべてしまったが、ここはやはり「奥山に紅葉踏み分け・・・」あたりを想起するのが正しいんでしょうな。その前には鹿模様の付け下げも見たが、これはやはり秋しか着られないんだろーか?

黒紋付

  • 2010/10/19 17:19
  • Category: 着物
『リサイクル着物 かないや』さんのサイトは、膨大な在庫を着物の種類(訪問着、小紋、ウール、浴衣etc.)や着丈、裄などでふるいにかける検索ができる。そういう検索機能つきのサイトはけっこう多いが、こちらのはその篩い分け機能が充実していてなかなか使い勝手がいい。


どんなのがあるか見るのが面白いので、夜ひまな時など、いろんなキーワードを入れて検索をかけて遊ぶのだが、この間は年齢欄に「70歳」と入れて検索にかけてみた。しぶーいのが好みなので、こうすれば地味な色柄の着物がずらずらっと出てくるのではないかと期待したのだ。


結果、値段別に低→高に並んだ数々の着物の最初の方を見て、爆笑。値段の安い方でずらずら並んだのは、黒紋付の喪服が大部分だったのだ。確かにねえ、喪服には年齢はないわなあ。でもって紋付という性質上つぶしが効かず、高い値段はつけられないから、自然“お手ごろ”レンジには黒紋付がずらずら並ぶと。考えてみれば当然なのだが、70代→黒紋付→葬式と連想が行くと、なんだか本人の葬式用みたいで、ついにやにや。ま、実際は死んだ人が着るのは帷子で、黒紋付着るのは葬式に出席する方の人だけど。


ちなみに喪服の山を超えると、藍鼠やら木賊色やらの私好みのしぶーいのがいっぱい出てきました。なかなか楽しいであります。灰鼠の紬で八掛は墨色とかないかしらん。

写真の色、モニターの色、実際の色

  • 2010/10/11 17:15
  • Category: 着物
先日ベイで落札した色無地、届いてみたらモニターで見た色とかなり違っていた。モニターでは明るい澄んだ空色に見えていたのだが、SAL小包から出てきた着物の実際の色は暗めの浅葱色。“澄んだ”ではなく“くすんだ”色合いである。「やや、またか!」と思う。


実はこの売り手さんの場合、こういうことが非常に多い。私のモニターだけでなく、他のモニターで見ても実物の色とは違って見えるので、モニターの問題ではなくもともとの写真の色が、実物と異なっているのだろうと思う。前回、明るいベージュと思って落札したウールの半幅も、届いてみたらミルクココア色だった。鮮やかな白地と思った帯が、実はかなりくすんだ生成色だったこともある。


ほぼ毎回そうなので、最近はこの売り手さんの場合は事前にメールで色を確かめるようにしている。先日「白地に明るい赤の絞り」と見えたなごや帯も、問い合わせたら実は「モスグリーン地に茶がかった暗い赤の絞り」だそうで、お返事を戴いてびっくりした。白地の帯が欲しかったので、この帯は入札に参加しなかったが、聞かずに落札していたら品物が届いた時点でまたびっくりしていたところだった。


ネットオークションの場合、写真と売り手が書く商品説明しか判断材料がないのだから、写真はできるだけ正確なものをご提供いただきたいものである。写真で実物に近い色を出すのは結構難しいのはわかっているが、モスグリーン地が白地に見える写真を掲載されては、人によっては「さぎ〜!」と叫びたくなりましょう。


それにこの方以外の売り手さんは、そこそこ実物に近い色の写真を提供してくださっている。品物が届いて色の違いにびっくりしたことはない。むしろ冒頭の色無地と同時に届いた別の売り手さんの帯などは、写真よりずっと状態がよく色合いもきれいで、「おお」と嬉しい方にびっくりした。これで送料込み2700円は、実にお買い得だった。ほくほく。ああ早く着てみたい。 

卒業式の小振袖&袴

  • 2010/09/30 17:21
  • Category: 着物
大学の卒業式は3月だが、もうすでに卒業式に着る小振袖&袴選びが始まっているようである。上司殿のお嬢さんも来年卒業なので、ご両親あて「どれがいい〜?」と写メールをたーくさん送ってきた。私も知り合いの日本人として意見を聞かれたので、ご本人が選んだ赤地の小振袖に合いそうな濃紫の袴を推薦しておいた。今は袴も刺繍つきだのぼかし染めだのがあるようで、百花繚乱の小振袖と合わせ、大変に華やか。しかもこの上さらに髪には大きなお花の飾りをつけるようで、振袖に限ってはこっくりした色合いの古典柄好み、髪型は控えめ上品好みの私としては、やや目を白黒。まるで“アゲ嬢卒業式ヴァージョン”に見えるんだが、これが普通か、今は。


でもってお値段は、付属品など含め小振袖一式&袴を1日レンタルし、写真を撮ってもらって、あと何かいろいろサービスがついて約10万円だそうである。「ひょー」なお値段だが、まあ彼女は日本語学校+大学の5年半、寮生活やらバイトやらずいぶんよく頑張ったし、まじめに熱心に勉強して立派な成績を修めたし、ご両親としても卒業式の時くらい、ご褒美に大判振る舞いしたい気持ちなのだろう。経済的に困っている家じゃないのだから、それもいいだろう。お嬢さん、ほっそりした子なので、着物もよく似合っているし。

話は横道にそれるが、私はどうもほっそりした着物姿の女性が好きなようである。毎日いろいろな着物ブログを拝読
/拝見させていただいているが、気にいって継続購読させていただいているブログの主様は、そろってほっそり美人ぞろいである。細いうなじや華奢な肩、夢二の絵のようにくびれ気味の帯まわりに、うっとりと「萌え〜」そして「いいなあ、こういう着姿・・・」とでれでれと見とれている。




本人、がっしりと力強い肩、堂々たる横幅、肩か首か判然としない逞しいうなじ、なのだから、こうしたほっそり美人さんたちの着姿を拝見してもなーんの参考にもならないどころか、鏡の中の自分の着姿とのギャップに激しく意気消沈するのがオチで、だからどうせならもっと自分の体型に近い方のブログを徘徊すればよさそうなものだが、それはできない。だって見てて楽しくないんだもん。


役に立たなくてもいい。きれいなものが見たい!のだ。

枕相手に帯結び

  • 2010/09/28 17:29
  • Category: 着物
先週末、ふと思いついて帯結びの練習。大学時代は発表会のたびごとに、学生同士、お弟子同士で帯の結びっこをしたものだが、30年経ったらほとんど忘れていて、貝の口も文庫も「れれれ?」の連続。まあ人のを結ぶのと、鏡を見ながら自分のを結ぶのでは勝手が違うのでやむをえない部分もあるのだが、今後は自力更生しかありえないので、練習、練習。とりあえず手順を確認するため「鏡を見ながら自分で」は止め、手近な枕を人体代わり。軽いし汚れないし、暑いだの何だの文句は言わないし、ちょうどよかった。


最初は指南役として『別冊NHKおしゃれ工房 一人で着るデイリー着物』を見ていたのだが、文庫や貝の口はともかく、お太鼓はこのテキストのやり方だと“て”と“たれ”の処理が、いまひとつよくわからない。写真を見、説明を読んでやってみてもどうするのかわからず、ぐちゃぐちゃになってしまったので、この方式はあっさり放棄。


「別の方式でいこ」と指南役を変え『手ほどき七緒 永久保存版』シリーズの『大久保信子さんの着付けのヒミツ』を参照する。こちらはすすーとわかり、1回できれいに結べた。“て”と“たれ”の交点を三角に折り返し、帯枕の台にするというのが大変わかりやすく、また後ろすっきりで気持ちよし。



枕相手にきれいにお太鼓結べても、実戦で役に立つかどうかはかなーり疑問だが、暑いさなか自分で袷の着物着て、汗だらだら流しながら帯結びの練習をする気にはなれない。着物や帯にさわりたいという欲望が満たせればいいのだ。 

これで雪だるまが、オトモダチの某
Aさんちのご主人のようにほっそりした体つきならば、立たせておいて練習台にするのも可だが、いかんせんあいつの胴回りはどう見ても1メートル20以上ある。胴に二巻きしたら“て”の分も“たれ”の分も残りそうもないので、×!  

それに加えてあいつは超暑がりの超汗かきだ。
1回練習しただけで、帯が汗染みだらけになりそう。いくらお出かけ用には難ありの練習用の帯でも、それではあんまり悲し過ぎる。学生相撲の稽古用廻しじゃないんだからねえ。

「着物の時間」

  • 2010/09/08 16:38
  • Category: 着物
先月オトモダチが、わたしが持っていない方のクロワッサンの「着物の時間」、つまり1の方を貸してくれた。以来、ほとんど毎日なめるように見ている。2もそうだが、なにしろクロワッサンなので、登場する方の顔ぶれも、その方々がお召しになっている着物も、いかにもいかにもで、『きものサロン』では上等すぎ、『七緒』では時として若すぎる私にとっては、大変楽しめる構成になっているのが嬉しい。


ことに1には、わたしがまだファッション誌を読んでいた頃のミューズたち、稲葉賀惠さんや神戸真知子さん、大楠道代さんなどが登場していて、ものすごーく懐かしかった。ファッション誌を読まなくなって久しいので、神戸さんなんてほとんどお名前も忘れかけていたが(失礼!)、お顔とお名前を拝見したら、当時の記憶がどおっと押し寄せ、前後のことなどもとりとめもなく思い出してやや感無量。さすがにお年は召されたが、藤色に竹模様の着物に黒地の帯がすっきりとお似合いで、惚れ惚れと眺める。


他にうっとりと眺めたのは、刺繍作家の三原佳子さん。誌面では茶色とベージュに見える生紬の着物にこげ茶の縮緬の羽織。帯は着物の茶より濃い目の茶、帯締めは墨色?帯揚げも茶と墨色に見えるがさて。この70婆さんでも地味な着物を、三原さんは襟元を開け気味にゆったりと着て、髪を襟足近くであっさりと髷に結い、簪1本。すうっと立った姿は、まこと匂うばかりにうつくしい。


ふえー、いいなあ。こういうのすてきだなあ。と思ったが、こういう着物は上に松園の美人画から抜け出てきたような三原さんの頭が乗っているから素敵なのであって、上に乗っている頭が信楽のたぬきでは、印象はおのずと異なってしまうのである。無念。



ところで先日「大○小町」を見ていたら、昔のトピだが海外で着物を着ることに対する手厳しい意見が延々載っており、かなりへこんだ。
まあねえ、海外であえて着物を着るってことは、好むと好まざるとに関わらず日本人であるということをアピールすることになるし、日本人/日本国に対して好意的な人/国ばかりではないという事実がある以上、あまり目立つことはしないのが得策という考えもわからないではないが、でも私着たいんだよねえ。自分のウチの中で着てる分には誰にも迷惑かからないわけだし、わたしにとっては半分コスプレみたいなもんだし、同じコスプレなら18世紀や19世紀の西洋女性の衣装を着るよりは周囲の顰蹙を買わないと思うんだけど。


それに私自身は今までウチの近所でネパールやパキスタンの人がそれぞれの民族衣装を着てるのを見ても、どこの国かわからないが子どもを連れた女性が、真っ黒で目のところだけ開いたアバヤを着ているのを見ても、インドネシアから来てお手伝いさんをしている娘たちがヒジャブを被っているのを見ても、「ああ、着てるねえ/被ってるねえ」としか思わなかったのだが、人によってはあれも「現地の文化に溶け込んでない」とか映るのだろうか。なんか、他者に対する目って、もっとゆるくていいんでないの?

BGMは演歌

  • 2010/08/04 14:50
  • Category: 着物

♪ひとに聞かれりゃおまえのことを、年齢の離れた妹と〜♪ 本日、上司殿は演歌の気分らしい。上司殿のパソコンに接続されたスピーカーから、古い演歌が流れている。上司殿は毎日なんらかのBGMを流しており、だいたいは中国の古典音楽や古い欧米のポップスなのだが、本日は珍しく演歌。

歌詞なしの楽曲や、歌詞はあっても外国語の場合は、やれやれとは思っても無視することができるのだが、いかんせん日本語は母語なので、聞こうと思わなくても直接脳に入ってくる。脳内に流れ込んでくる色恋に大きく傾いた、やたら俗っぽい歌詞に抗して“資産状況の大幅改善が上半期の純利益を…”といったカタい翻訳文をひねり出すのは、なかなか苦しい。


***********


ある方のブログに肩出し浴衣の話が載っていた。“肩出し”というので、きっぷのいいお姐さんがぴっちり巻いた晒をちらり覗かせ、片肌脱ぎで鉄火に浴衣を着るのかと思ったらそうではなくて、ふわふわ盛り髪、アイメイクばっちりの若いお嬢さんが、カラフルな浴衣を両肩出してローブデコルテ風に着、帯は胸前で華やかに結ぶのだった。ほー、浴衣の花魁風か? おもしろいもんだ。

真っ当に伝統的に着物を着る方々からは非難轟々だろうが、まあ、お嬢さん方好きに着て下さい。今は別になーんてことないミニスカートだって、前世紀の60年代マリー・クワントが発表した当時は、世界中ぴーぴー騒いだのだ。「はしたない」「下品」「娼婦みたい」「(女性の身体は)隠されているからこそ魅力的なのに」等々。いつでもどこでも、攻撃的に新しいものに対する世間の反応は大体同じだ。気にすることはない。そういう風に着たいなら着ればいい。私自身は50婆さんだし、それが似合う顔でも体つきでもないから、さすがにやらないけど。


知り合いの若い娘さんがやると言ったら、どうするか。その子の力量によって助言を変えるだろう。「千万人といえども我行かん」の強さがあるなら「どうぞ」と言う。周りに乗せられてるだけなら「止めとけば」と言う。え、たかが浴衣の着方くらいで孟子を持ち出すこともないって? いや、たまたま今日の新聞のコラムにあったもので。

中古着物

  • 2010/07/29 15:18
  • Category: 着物
相変わらずぼちぼちとベイで着物・帯をポチしている。最初に買った渋い茶系格子柄が雪だるまに不評だったので、その後3枚ばかりは朱橙とか紫とか、派手な色の柔らかものを購入。うち1枚などはこっくりした紅色の地に白梅がぼんぼん咲いている付下げ小紋で、どう見ても50婆さんが着る着物ではないのだが、「知るか」とばかりに常識を無視して購入。


それで届いたのを羽織ってみたら、これが茶系格子よりずっと似合う。茶色では貧相に暗く沈んでしまった顔色が、紅色や朱橙を羽織るとぱあっと明るく見える。まったく、やれやれである。これじゃあ私が好きな、シブ地味路線を歩めぬではないか。万筋とか細かい格子とか、遠目には無地に見えるような着物を、地味な帯でしぶーく着るってのをやりたかったのに、似合うのはハデハデ路線か。まあなー、顔立ちも体つきもキャラも“はんなり、上品”系じゃないからなあ。“常軌を逸した若作り”くらいの方が、キャラに合っているのかも知れぬ。まあ、いいや。どうせ周りに日本人はいないんだから、明るい色の着物を派手に着て、長く寒い冬を楽しく過ごそう。外は積もった雪で灰色、ウチの中でもぞもぞ動いてるモノも暗いカタマリじゃ、同居人も気が蓋がれるだろう。沈みっきりの太陽の代わりに、黄色や紅のカタマリが動いていた方がいいのかもしれない。


ところでこの3枚の着物、みんな1USD1015である。送料入れても13000円しない。確かにちょこっと染みがあったりもするのだが、じいいっと見ない限りわからない程度で、ほとんど気にならない。あんまり安いので、糸から反物、着物にまで仕上げた数多の方々に申し訳なくなるくらいだ。中古だからと言ってしまえばそれまでだが、それにしても有難い。ネットのある世まで長生きしてよかったよ。ついでに言えば、背丈が155センチしかないのもよかった。この背だと中古の着物は大体着られるのだ。三昔前の標準身長の威力。


って、中古の着物がちょうど合うってことはつまり、人間も中古ということだな、その通りだけど。

帯をしょった寒ブリ

  • 2010/07/02 14:50
  • Category: 着物

一昨日この間ポチした着物と帯が届いたので、嬉しがって雪だるまに「見て、見て!」と見せびらかしたのだが、案に相違して雪だるまには大変不評だった。着物の色柄が、生成色の地に錆朱と桑茶と青翠の格子という60婆さんでも着られそうな地味さで、帯も堅い風合いの白地の半幅と、ガイジンが想像するキモノ=華やかな友禅という公式から大きく外れていたのが、いけなかったらしい。


ベッドの上に広げた着物を一目見て「お婆さんの着物みたい」と渋い顔。「だって私これからますますお婆さんになるんだよ。若くはならないんだよ」と言い返してみたのだが「カナダで着るのなら、もう少し華やか(flashy)な方がいい」と言う。着物には季節や年齢や着ていく場所によっていろいろ決まりがあるのだ。50過ぎてあんまり派手な着物はおかしいのだと言うと、カナダでは誰も着物のルールなんか知らないからだいじょうぶだと、何日か前私自身が言っていたようなことを言っている。


「そんなこと言ったってねえ」とは思ったのだが、届いた着物を試しに羽織ってみると、確かにかなり地味だ。帯あわせで多少変わるとは思うが、着物自体はこれから20年、いや30年後でも間違いなく着られる渋さである。なんたって遠目にはくすんだ茶色の塊りにしか見えないのだ。普段に着るにはいいが、確かにおよばれとかには向かないかも。


しかも羽織ってみて気づいたが、張りのある生地のせいか広い肩幅と風格ある胴回りが強調され、大変立派な体格に見える。群ようこさんは某誌に掲載された自身の着物姿を「エンタシス」とか「プレーリードッグ」とか自嘲していらしたが、私もまさにプレーリードッグ。着物が茶色のせいか、まんま。ハンティングシーズンに林を歩くのは危険だ!と思えるくらいだ。(いやプレーリードッグを撃つ人はいまいけれど、小熊かなんかに間違われそう)


「これはやはり色柄と素材を考えた方がいいかもしれん」と思い直し、茶系や灰色系の紬なんかばっかりだった『欲しいなリスト』に、明るい色柄の小紋をどさどさ加えてみた。桜色に貝桶を刺繍した小紋なんか「誰が着るんだよ?」と自分で突っ込みを入れたいくらい不似合いな雰囲気だが、まあ検討してみよう。桜色なら間違えて撃たれることはあるまい。


ついでにいえば、風格ある胴回りも何とかした方がいいかも。「補正が要らない♪」なんて自慢している場合ではない。それでなくても着物の胴回りは、最少でも肌襦袢、長襦袢、伊達締め2本+下前のおはしょりを上げた分と、何重にも布が重なるのだ。群さんが「エンタシス」とおっしゃるのも道理、細い人でもそれなりの太さになるのだから、もともと太い私など紡錘形になるのは当たり前である。“帯をしょった寒ブリ”と言われないよう、少し食を控えるべきかもしれん。できそうもないけど。

Pagination

Utility

プロフィール

らうとら

Author:らうとら
ドロシー・L・セイヤーズ、ローリー・R・キング、P.D.ジェイムズ、ディック・フランシス、水村美苗、高村薫、戸塚真弓、ヘレン・ミレン、シャーロット・ランプリング、ソフィ・マルソー(40代以降に限る)、ヘレナ・ボナム・カーター、アンジェリーナ・ジョリー、三代目金馬、小さん、枝雀、エンヤ、クイーン、ドゥルス・ポンテス、マドレデウス、J・S・バッハ、ちあきなおみ、トケイ・ピノ・グリ、アール・グレイ、自転車(冬季を除く)、あらゆる犬と猫
以上、私を幸せにしてくれる方々(敬称略)

カテゴリー+月別アーカイブ

 

FC2カウンター