ただいま

  • 2011/06/27 09:27
  • Category: 雑記

10日間のお片付けキャンプから戻ってきた。毎日、朝5時半から夜10時過ぎまでお片付けに勤しみ、ぶんぶんと掃除機を振り回したり、ごみ収拾場所まで大量のゴミ袋を運んだり、庭に穴掘って家のあちこちに残っていた各種漬け物を捨てたりして憑かれたように掃除に明け暮れ、合間には実家近くのグループホームにいる父を見舞ったりして、10日間はあっという間に過ぎた。

 

実家は電気、水道はまだ来ていたが、ガスは止まっており、致し方なく近所のホームセンターで卓上コンロ1980円也を購入して煮炊き。米はないので、主食はパンとレンジでちん!のご飯。調味料も、味噌や醤油、だしの素は、すでに昨年夏〜秋で賞味期限切れだったので全部捨てた。使えたのは塩胡椒のみ。このため味付けがかなり単調になって、まいった。塩胡椒のシンプルな味つけがうまいとは言っても、1日3食全部それではさすがに厭きる。スーパーで醤油を買うべきか否か、マヨネーズを買うべきか否か、かなり迷った。どこかのブログで読んだ『鮮度の一滴』という醤油を試してみたかったのだが、いくら少量でも10日間で使えきれるはずはなく、棚の前でしばーらく睨んでいたが、諦めた。あれ、フタがないみたいだから、開けちゃうと持ち運びできなそうだし。大事に機内持ち込みしたくとも、確か100ミリリットル以上の液体は機内持ち込みできないし。出国検査で醤油が引っかかるのもなあ、で我慢。

 

ホームの父はこの半年でいっそう衰え、立つこともままならない。話もしない。私の顔を見てただ涙を流している。まいった。私もかつて父が私にしてくれたことの数々を思い出し、二人で椅子と車椅子を並べ、外の空と風を眺めつつ、泣くというのではなく、ただ茫々と涙を流し続けた。
スポンサーサイト

2万ちゃうやん!

  • 2011/06/11 22:02
  • Category: 雑記

引越業者殿から見積もりが届いた。金額が一気に跳ね上がって、6万元超になっていた。雪だるまと二人、一瞬フリーズした。2万ちゃうやん! なんで一気に3倍になるねん? とエセ関西弁がアタマを駆け巡った。

 

確かに前回、担当殿は「あくまでも概算です。いただいた住所の郵便番号で調べないと、正確な単価はお出しできませんから」とは言っていたが、それにしてもその時例に出された1立方フィートあたりの単価は約40元だったのだが、今回の見積もりではこれが78元。約2倍である。うーん、大都市から遠い田舎は高いのねえ。ちぇ。

 

こうなったら、荷物できるだけ減らしてやる。いくら活字中毒でも、もう二度と読みそうもない旧オシゴト関係の本はばっさり処分し、ほんとに好きな書き手の本と興味のある分野の本だけ残そう。鍋釜の類も厳選しよう、と決心。手始めに音楽CDはケースから出して、本体だけクリアファイルみたいなファイルに入れた。これでだいぶ体積が減った。

 

と自分の分はいろいろ策を練って体積減少に努めてみたが、そうなってくると気になるのが、すでに7000本に迫る勢いの雪だるまのDVDである。あれも中身の割にケースがかさばるものだが、ケースを捨てて円盤だけにしろと言ったら、雪だるまいやがるだろうなあ。あとで探すの大変だし、ケースがないと見てない映画はどんな内容か、皆目見当つかないもんなあ。


***************************

 

ところで明日より10日間ほど、所用で留守をいたします。ネットのないところに参りますので、戻りますまでみなさまごきげんよう。

過度の期待は禁物

日曜日、トイレから「あーっ!」という声が上がったので、何事かと思って行ってみたら、雪だるまが「壊れた」と言って、ぱっくり割れた便座を指さしていた。かねて重い人が座ると便座が割れることもあるとは聞いていたが、まさかそれが我が家で発生するとは・・・ しかも引越まであと2ヶ月という時に。

 

しかし割れた便座のまま大家さんに引き渡し、というわけにはいかないので、翌日ジムの近くの内装用品街に買いに行った。3月に広州往復をしていた時、帰りのバスが停まる場所近くに壁紙だの、ドアだの、浴室用品だのを売っている店が集まった通りがあることを発見したのである。ウチの近所の水電工事の師傅に頼むより速いかと思ったのだが、あいにく灰色の便座は在庫なし。「明日には来る」というので「ほんとにぃ? 私あさっては忙しいから、明日絶対ね」と頼んでその日は帰った。

 

で翌日「香港の店の“明日”はだいたい明後日か明明後日の意味だが、昨日あれだけ念押ししたのだから来てるかも」と思ってジムの帰りに頼んだ店に行ってみたら、私の顔を見た店員はハッとした表情を見せ「まだ来ていない。ちょっと待て」と、それからやおら電話をかけ始めた。で、2、3軒目で「灰色の在庫あり」となり、「今取りに行って来るから、ここで待て」という。

 

しかし私は店でぼーっと待っているのがいやだったので、取りに行くというお姉さんと一緒に行くことにした。ところが在庫があるはずの店に行ってみると、灰色のはないという。「おいおい、さっきの電話は何だよ?」であるが、怒ってみても始まらない。また歩いて別の店に向かう。思ったより遠く、延々歩く。ふと周りを見ると、すでに地下鉄1駅分歩いている。「これだから、香港の“明日”は当てにならない」と思ったが、まあ元々そんなもんだと思っているので、格別憤りを覚えるわけでもない。幸い2軒目の店には在庫があり、無事ゲット。便座を抱えて地下鉄2駅分歩いて家に帰った。

 

今後、香港で暮らすかも知れない方に一言。上記のようなエピソードを知ると「香港のお店って信用できない」と思われるかもしれないが、私の感想としては、信用できないというより、過度に期待してはいけないという方が近い。誠意がないわけではないのである。相手の言葉はその時点での希望的観測なのだ。ただ何しろ観測なので、その後それが実現されるかどうかはわからない。天気予報同様、当たらないこともあるということである。

こんなはずでは

  • 2011/06/06 21:19
  • Category: 雑記

専業主婦DAY6

のはずなのだが、どうもなんだか思っていた生活と違う。期待していたほど開放感がない。おかしい。なんでだろ?と考えて、はっと思い当たった。退職してからの6日間、ぶらぶらとひとりで気ままに過ごせたのは1日だけ。あとの5日間は雪だるまも休みで家にいて、ジムの日は午前中からふたりでジムに行き、昼になれば昼ご飯を用意して「ごはんだよー」と呼び、でまったくいつもの週末と同じ。全然ひとりではなかったのである。どうりで開放感がないはずだ。

 

私の予定では、朝「いってらっしゃーい!」と雪だるまを送り出した後、夕方6時半までは全くの自由時間。何をしようと私の勝手。食べたくなければ昼など食べなくてもよいし、午後眠気が差せばがおがおと昼寝をしてもよし、誰憚ることなく、自堕落な“ぐうたら主婦”の生活ができるはずだったのだ。

 

それが消化し切れていない年休があるとかで、雪だるまは6月は毎週木・金が休み。週末と合わせて4連休。しかも今週は、本日月曜が端午の節句で休みと来ていて5連休。つまり私が“ぐうたら主婦”ができるのは月火水だけなのだが、来週と再来週の月火水は、私は所用で香港にいない。で、その次の週、6月の最終週は、また年休調整で月曜は雪だるまが休みときている。

 

ああ、私の生涯初の“ぐうたら主婦”は、明日、明後日と6月最終週の火曜、水曜の、たった4日間だけで終わってしまうのか・・・。無念。

専業主婦DAY3

  • 2011/06/03 22:25
  • Category: 雑記

専業主婦DAY3

毎日けっこういろいろあって、ばたばたと過ぎていく。1日目はウチの近所の取引先に行くことになったオトモダチから電話が入り、急遽いっしょにランチ。思わぬお誘いで嬉しかった。

 

2日目は引っ越し屋さんが見積もりの下見に来た。家財運搬費用が正確にいくらかかるかは、荷物全部詰めてみないとわからないが、まあ2万元前後のもよう。香港に引っ越してきた当初は、段ボール4、5個くらいの荷物しかなかったのに、よくもまあ増えたものだ。日本でしばらく前盛んに言われていた断舎利なんて、いったいどこの話か。ともかく、ウチでないのは確か。

 

3日目の本日は、また目医者に行った。この1週間、飲み薬と目薬を試したが、悪くもならない代わり、よくもならず。どうやら治ることはなく、現状維持できれば御の字ということのよう。ま、それならそれで仕方ない。左目が霧の中で、ろくに字が見えないのは悲しいが、右目は見えるし、日常生活には支障がないのだから、まだましというべきだろう。そのうちキンドルでも買って、フォントを大きくしてみれば本も読めるし、まだこうしてワードも打てるし、拡大鏡を駆使すれば刺しゅうもできるし、ぶーぶー言ってみても始まらない。

とはいうものの、視力維持のため、以前ほど頻繁にはブログ更新ができないかもしれません。引越準備もあり、書かない日が多くなるかと思いますが、平にご容赦を。

Pagination

Utility

プロフィール

らうとら

Author:らうとら
ドロシー・L・セイヤーズ、ローリー・R・キング、P.D.ジェイムズ、ディック・フランシス、水村美苗、高村薫、戸塚真弓、ヘレン・ミレン、シャーロット・ランプリング、ソフィ・マルソー(40代以降に限る)、ヘレナ・ボナム・カーター、アンジェリーナ・ジョリー、三代目金馬、小さん、枝雀、エンヤ、クイーン、ドゥルス・ポンテス、マドレデウス、J・S・バッハ、ちあきなおみ、トケイ・ピノ・グリ、アール・グレイ、自転車(冬季を除く)、あらゆる犬と猫
以上、私を幸せにしてくれる方々(敬称略)

カテゴリー+月別アーカイブ

 

FC2カウンター