メッサーシュミット

  • 2016/11/28 10:49
  • Category: 雑記
mskr200.jpeg

この何とも楽しい車は、Messerschmitt KR200、
またの名をキャビンスクーター、あるいは三輪バブルカー。
先日見た『危(やば)いことなら銭になる』(62年日活)で
宍戸錠さんと浅丘ルリ子さんが乗っているのを見て一目で心奪われ
さんざん検索しまくって、やっと名前を突き止めたのだ。

製造元は航空機で有名なドイツのメッサーシュミット社。
1954年から65年まで製造されていた車で、
前身にはMesserschmitt KR175がある。

その類いまれな小ささといい、前二輪、後ろ一輪という三輪構造といい、
見ただけでつい顔がほころんでしまうコミカルなデザインといい、
こんな車が自分のものだったら、もう毎日でもドライブに出かけて人に見せびらかし、
自慢しまくり、帰ったら帰ったで羽ばたき&ワックスできゅるきゅると磨き上げ、
座ぶとん敷いたガラス張りのガレージに恭しく安置して
日夜にたーり、にたーりと眺めてしまいそうだ。

この車、あんまり小さいのでつい一人乗りかと思ってしまうが、実は二人乗れる。
ただし横並びに二人ではなく、前に一人、後ろに一人のタンデム構造。
ドアはぱかんと上に開く。
この構造ではさすがにトランクのスペースはないので、
荷物がある場合は、後ろにくくり付ける。

1962MesserschmittKR200_02_700.jpg


もうほんとに冗談みたいな車だが、当時はけっこう人気があって
それなりに売れたようだ。
ヨーロッパの古い街など、細い石畳の路地が多く残っているところでは
こうしたコンパクトな車は、なかなかに便利なのかもしれない。

ただ、この車、上記の映画を見ているときにも思ったのだが、何かに似ている。
特に前から見たとき、何か私の連想を誘うものがある。
なんだろう、なんだろう、としばらく考えて、はたと思い当たった。

この顔、マッドスキッパー(トビハゼ)にそっくりなのである。
香港の米埔にハイキングに行ったとき、たくさんのマッドスキッパーが
泥の中をぴょん、ぴょんと跳ねているのを見て、
「いやはや、面白い動物(魚)だなあ」と感心したが、
この車の顔は、まさにそれ。
どう見ても、意識してデザインしたとしか思えない。

ほら、似てるでしょう?

Messerschmitt kr200

mudskipper.jpeg
スポンサーサイト

てんとう虫

  • 2016/11/24 11:10
  • Category: 動物
毎年、秋の終わりころになると、てんとう虫が家の中に入ってくる。
秋の終わりだから、窓はとっくに閉め切りで、玄関ドアも閉め切りなのだが
家人が出入りする際に、するりと一緒に入ってくるのだと思う。

秋はてんとう虫の季節で、天気のよい日などぶーん、ぶーんと小さな羽音をたてて
半端でない数が庭やデッキの周りを飛び交っているし
洗濯物など外干ししていると、いつのまにかシーツやTシャツにくっついて
ゆらゆらと日向ぼっこをしている。

それが秋の終わりには室内の暖かさに惹かれて、家の中に入っているのだ。
そして窓のあたりに陣取って、窓枠を上ったり下りたり
あるいはガラスに張り付いて、もごもごと動き回ったりしている。
元気な子は、ぶーん、ぶーんと室内を飛び回る。
実は今、このパソコンの上にも1匹いて、キーボードの上をうろうろしたあげく
ディスプレイの後ろに回り込んでいった。

このてんとう虫たち、こうして家の中に入って来ても、
それで冬が越せるわけではない。
なにしろ家の中には、彼らの食べ物はないのだ。
あのころりと丸い体形や、オレンジの地に黒い点々という可愛らしい模様にもかかわらず
彼らの大部分は肉食で、アブラムシやハダニを捕食しているのだから
そうした食べ物のない屋内では、結局のところ飢えて死ぬしかないのである。

もっとも外は外で、すでに夜間の気温は0度以下。
餌になるアブラムシやハダニもたぶんとっくの昔に死に絶えて
食べ物がないことには変わりない。
どちらにしても、この寒さ厳しいケベックでは越冬は無理な話なのである。

この間数えたら、一番集まっている主寝室では
大きい方の窓に23匹、小さい丸窓に11匹いた。
その他、居間の窓にも何匹かいるし、私の部屋にも2、3匹いる。
だからたぶん家全体では、50匹近いてんとう虫がいるのではないかと思うが
番号ふりつつ数えたわけではないので、正確なところはわからない。

てんとう虫くん、肉食ではなく、ハミングバードのように砂糖水で生きていけるなら
いくらでも養ってあげるのだが、まさか彼らのためにハダニを発生させるわけにも
いかないし・・・


だいたいはこうして窓枠のあたりをうろうろしている

IMG_0887.jpg

IMG_0882.jpg


たまには、ばったり出会ったりもする

IMG_0880.jpg




芝生シート

昨日は天気がよかったので、芝生のシート張りを敢行。
例年、11月上旬くらいにやっていたのだが、今年は何やかやでちょっと遅れてしまい
「寒さが厳しくならないうちに片づけなくては・・・」と、しばらく前から気になっていたのだ。

芝生にシートを張ると言っても、庭全体に張るわけではない。
張るのは道路沿いだけである。
何しろ張る目的が、除雪車によって道路沿いの芝生の上に積み上げられる雪、
すべり止めのため道路に撒かれる砂利混じりの土と融雪剤が混じった雪から
芝生を守ることだから、そうした混じり物のない雪が積もるだけの庭側には
張る必要はないのだ。

昨日は雪だるまが忙しかったので、ぼちぼちと一人でやったが
のろくさやっても、3時間ほどで終わった。


ま、要するに、だいたいこんな風に張る。
うちの前庭の右側は扇形なので、カーブに合わせてダーツを寄せねばならず
そのへん、ちょっと面倒くさい。


IMG_0890.jpg


直線は簡単

IMG_0891.jpg


シートは厚手、薄手、いろいろあるが、素材は不織布で、水分は通す。
それを大きな釘のようなプラスチックの杭、あるいは足の長いU字型の金属製の杭などで
止めていく。
そして、ただ杭で止めただけでは、突風、強風の日などに
シートが風にあおられて杭を跳ね飛ばし、ばーんと一気に剥がれて
青空高く長々とはためく、ことになるので
ダメ押しでその上に石など置く。ブロックを置いているお宅もある。

うちも去年までは拾ってきた石を要所、要所に置いて重しにしていたのだが
これだとどうも、石の下敷きになった部分の芝生が傷み、
春になってもなかなか緑に戻らないので
今年は一計を案じ、U字型の杭と杭との間に篠竹を挟み、押さえにしてみた。
また釘型杭のところは篠竹は挟めないので、代わりに細い合繊のロープを渡し
杭の頭に巻き付けて、押さえとした。
これでどれだけ効果があるかは、昨日の今日なのでまだわからないのだが
少なくとも石を置くよりは、芝生の痛みは少ないと思う。

もっともこのシートが飛ぶ心配も、本格的に雪が積もり始めるまでのこと。
いったん雪が積もり始めれば、もう風でシートが剥がれるようなことはない。
何しろ道路沿いには、2メートル近い雪が積み上げられるのだ。
上側はともかく、下の方はガチガチに凍って、ちょっとやそっとでは融けはしない。
そうして積もった雪が完全に消えるのは、何か月も先。
このあたりなら、4月の終わりだ。

それにしても、春の芝掻き、夏の水遣り、芝刈り、施肥、秋の落ち葉掻き、
シート張り、冬の雪かきと、庭付きの家の年間の作業量は並大抵ではない。
年を取った夫婦が、庭付きの家を売ってアパートに引っ越す気持ちも、よくわかる。
アパートなら、たとえ芝生があってもその手入れは大家まかせ、
冬の雪かきも、大家契約の専門業者が来て、小型除雪車であっという間に片づけてくれる。
住人は、玄関周りやベランダなどを、ちょちょっと掃くだけでいい。

うちも今年、秋の落ち葉掻きの作業量軽減のため、リーフ・ブロワーを買った。
リーフ・ブロワーというのは落ち葉専用の掃除機のようなもので
吹き出す空気で落ち葉を飛ばし集めることもできるし、
逆に落ち葉を吸い込んで集めることもできる。
そして集めた落ち葉を細かく裁断する機能もついていて、
裁断した落ち葉は、花壇のマルチや堆肥の材料として利用することもできる。
付属品で耳栓がついているほど音はうるさいが、作業量は激減。
なかなかに便利なものである。

スノー・ブロワにリーフ・ブロワー、芝刈り機と
だんだんお道具が増えていく我が家の物置だが
こうした機械で自立できる時間が長引くのなら、それもいいかと思う。
そして、こうしたお道具を使っても自分では庭の手入れができなくなったら
その時はお引越し。
このへんには老人用アパートがけっこうあるのだ。
ジムの隣のアパートに引っ越して、ひょこひょこ歩いてジムに通うのもいいかもな。

毎年の嘉例の如く

雪だるまの誕生日が近づいてきたので、靴下を編み始めた。
セーターを着ず、マフラーは巻かず、帽子もろくに被らない雪だるまには
靴下くらいしか、編んであげられるものがない。

今年の模様は、ヘリンボーン・リブ。
当初は手抜きして2x2、あるいは3x1のリブ(ゴム編み)模様でいいかと思っていたのだが
延々ゴム編みだけというのも退屈すぎるかと思い直して
少々飾りを入れることにした。

ヘリンボーン・リブは4目一模様。
表目、表目、すべり目、表目、かけ目と編み、
3目めのすべり目を、次の表目、かけ目の上に被せる。
文章で書くと何やらややこしげに聞こえるが、やってみれば簡単、単純である。
なわ編みなどと違い、針を持ち変えなくても済むし
1段おきの模様なので、いちいち段数を数えなくてもよい。


写真のピントが甘いのでわかりずらいが、すべらせた目が斜めになっているところが
ヘリンボーン・リブと呼ばれる所以と思う


IMG_0878.jpg


糸は Knit Picks の Hawthorne。
毛80%、ナイロン20%で撚りが強く、少し Koigu のKPPPMに似ているが
しかし値段は若干安め。(もっともこのところずっとカナダドル安が続いているので
送料等考えると、あまり安いとも言えなくなってきたが・・・)
撚りが強い分、編地はふんわりというより、しゃっきり。
かなりクリスピーな手触りなので、これで春先のセーターやカーディガンなど
編んでも面白いかもしれない。
ただし色味は段染めのみで、単色はない。
私が雪だるま用に選んだのは Blackbird という黒に灰色が混ざった色だが
(上の写真では照明の加減でかなり明るい灰色に見えるが、実際の色はもっと暗い)
中にはぎょぎょっと目をむくような色の組み合わせの段染め糸もあって
KP社デザイナーの発想の斬新さに感服というか平伏というか・・・

でもまあ編みづらい糸ではないし、ナイロンが入っている分じょうぶだし
靴下用としては結構な糸だと思う。
あとはせっせと編んで、誕生日に間に合わせるのみ。
SSS(Second Sock Syndrome)への感染を避けるべく2足同時に編んでいるので
まあだいじょうぶだろう。


アフリカすみれ

しばらく前に読んだ小説に、夫のDVに苦しんだ女性が、
自身を事故死したかに見せかけ、命からがら夫のもとを逃げ出す
というのがあった。

その逃げ出す際、彼女は大事に育てていたアフリカすみれの鉢から
目立たぬようにそっと1枚、カミソリで葉を切り取り
ビニール袋に入れてポケットに忍ばせ
深夜のバスに乗り込む。

そして、以前住んでいた街から遠く遠く離れた町で
彼女はそのアフリカすみれの葉を取り出し
小さな鉢に植えてやるのだ。
新しい名前、新しい外見で生活を始めた彼女が
たったひとつ、切って捨てた過去から持ってきたもの。

この話を読んだとき、私は切り取った葉の根元から出てくるのは
同じような形をした1枚の葉かと思っていたのだが
実際には違った。
小さな双葉が、たくさん、たくさん、出てくるのだ。

IMG_0870.jpg

これは、雪だるまが世話をしているアフリカすみれの1鉢の
元気がなくなってきたので、物は試しと、葉を2枚ほど切り取って
土に刺しておいたもの。
香港時代、さんざん枯らしたアフリカすみれなので
「だめもと」で刺しておいたに過ぎなかったのだが
案に相違して、ちゃんと葉が出てきた。
しかも、たくさん。

元気がなくなっていた鉢も、どうやら持ち直してきたようだし
カナダの室内環境は、香港のそれよりも
アフリカすみれに合っているのかもしれない。

あー、びっくりした

  • 2016/11/09 21:56
  • Category: 雑記
あー、びっくりした。ほんとにトランプ氏が当選しちまった。

寝ぼけ眼で、朝一にニュースサイトをチェックして、一気に目が覚めたよ。
英語読み違えたのかと思って日本語サイトにも飛んでみたが、
やはり「トランプ氏当選」は変わらず。

一昨日、ジェリーが遊びに来た時も「たぶんヒラリーだろうが、
トランプという可能性も否定しきれない。なんたってアメリカだからなあ」
という話をしていたのだが、まさかほんとになるとは・・・

いくら他人んちのこととはいえ、その他人ちが国境を挟んですぐ隣にあるだけに
完璧、対岸の火事とも言えず。

笑ったのは関連記事で載っていた「カナダ移民局サイト、ダウン」のニュース。
トランプ勝利でぜつぼーてきになった一部アメリカ国民が、
カナダへの移住を考えてサイトに集中アクセスしたためダウンしたらしいと。

そういえばトランプ氏は大統領選初期、メキシコからの不法移民を取り締まるため
メキシコとの国境にフェンスを設置する。もちろん費用はメキシコ負担だ、という発言を
したことがあるけど、このフェンス案、カナダも真剣に考えた方がいいのかしらん。
もちろん費用はアメリカ負担で (^∇^)
提案しても、まさかトランプ氏反対はすまい。
柵が北側に作られるか南側に作られるかだけの差で
柵設置のアイディアそのものは、彼の発案なのだから。

それにしても、“実業家”とはいえ派手に破産すること4回、
損失は全部債権者に押し付けて、自身は無傷。
で莫大な損失を計上したゆえに何年も税金を払わず
上記“フェンス案”を含め数々の失言を繰り返し
アタマのほどを疑われている人物を大統領に選ぶとは
アメリカ人て、つくづく“切れ者”のリーダーが嫌いなのね。
頭のいいヤツは自分たちをいいように丸め込んで
何かとんでもないことをしでかすかもしれない。
自分たちに近い阿呆を選んでおいた方が、利用される気遣いがなくて安心
ということなのかしら?
私だったら、どうせ乗るのなら操縦が下手っぴーで判断が無謀ゆえ
4回も墜落したことのあるパイロットの飛行機よりは、
経験豊富で各種機器の扱いに精通し、的確な判断が下せるパイロットの
飛行機の方がいいけどね。
同じ落っこちるにしても、その方が諦めがつく。

工事終了

  • 2016/11/04 22:51
  • Category: 雑記
先週後半は頭痛で沈没。ついでに家の地下と一階と中2階が工事現場と化して居場所がなくなったせいもあり、唯一の非工事現場、二階に閉じこもって過ごした。

しかしその工事も、水曜の照明再取り付けでめでたく終了。昨日は工事現場だった部屋部屋の掃除、モップかけ、工事中は邪魔にならない場所に片寄せてあった家具の再配置等々に勤しみ、4分の3は済んだ。残っているのは地下室だが、ここも今日午前には終了予定。ここが済めば、晴れて通常業務に戻れる。

何しろ工事中はそこら中ビニールシートだらけだし、家具が片寄せてあるせいで隙間をすり抜けなければ行き来ができないし、床はじゃりじゃりだし、でなかなか大変だった。おまけにこのあたりの職人さんは、来るとなったら朝早く来る。工事道具満載のバン、トラックに打ち乗って、朝7時半前に来る。よって主人側も、朝寝坊はできない。

その代り、午後はけっこう早めに店じまい。その日、その日の段取りによっても違うのだろうが、だいたい4時前には終了して「ではまた明日」と帰っていく。おかげでこちらも、夜はほっと一息つける。朝遅く来て、夜遅くまで仕事をされるより、ずっとよい。

もうひとつ有難かったのは、こうした職人さんたちに対し、茶菓の接待をする必要がないこと。今の日本ではどうだか知らないが、遥か昔、私の両親が家を建てた時には、毎日おやつ時に大工さんたちへお茶とお茶請けを運んでいくのが、けっこう大変だった。まあコンビニなど影も形もなかった頃の話なので、こうして建ててもらう側が運んでいかなければ、大工さんたちは休憩時間にお茶の一杯も飲めなかったからだろうが、それにしても母は「毎日同じお茶菓子では何だし・・・」などとぶつぶつ言いながら、あれこれ頭を悩ませていた。またその頃住んでいた場所と、新しく家を建てていた場所はかなり離れてもいたので、急須やらポットやらお茶道具一式を徒歩で、あるいは自転車で運んでいくのも、かなりの手間だった。(当時、うちには車はなかった)

がしかし、ここではそういった気遣いは一切要らない。職人さんたちは、だいたいランチもコーヒーも持参だし、でなければ外に食べに/買いに行く。ここから一番近いTim Hortons(カナダのスタバ?) は、大通りに出た斜向かい、車なら5分もかからない。

一度、雨樋修理を頼んだ職人さんたちに、仕事が終わった後ビールをふるまったことはあるが、それは彼らがジムでの顔見知りだったからで、そうでなければチップを渡しておしまい、だったと思う。そういう風に、コトをビジネスライクに運べるのは、仕事の依頼者側としては余計な気遣い、気配りが要らなくて大変ありがたい。

さて、家が工事現場と化している間に、当地は冬へ向かってまっしぐら。すでに一度、雪も降った。今日は雨ではないらしいから、この間に庭一杯に広がっている落ち葉を片づけ、芝生に肥料を施してシートをかけ、ボックスウッドとユッカの雪囲いをしなくては。全部終わるまでは、大雪が降ったりしませんように。

Pagination

Utility

プロフィール

らうとら

Author:らうとら
ドロシー・L・セイヤーズ、ローリー・R・キング、P.D.ジェイムズ、ディック・フランシス、水村美苗、高村薫、戸塚真弓、ヘレン・ミレン、シャーロット・ランプリング、ソフィ・マルソー(40代以降に限る)、ヘレナ・ボナム・カーター、アンジェリーナ・ジョリー、三代目金馬、小さん、枝雀、エンヤ、クイーン、ドゥルス・ポンテス、マドレデウス、J・S・バッハ、ちあきなおみ、トケイ・ピノ・グリ、アール・グレイ、自転車(冬季を除く)、あらゆる犬と猫
以上、私を幸せにしてくれる方々(敬称略)

カテゴリー+月別アーカイブ

 

FC2カウンター