『Le cas Sneijder』

  • 2017/06/24 03:54
  • Category:
私が今フランス語の本を読むのは、日常生活で使えそうな語彙と表現を
頭に入れるためで、だからその部分が豊かであるなら内容は二の次、
話が面白くても面白くなくても、興味のある主題でもそうでなくても
どうでもいいようなものだが、そこはそれ、生身の人間、
しかも私という、どちらかといえば好き嫌いの激しい人間が読むのであるから
やはり“何でもいい”というわけにはいかない。

どうせ手間暇かけて読むなら、興味を惹く内容で、話が面白く、
その上さらに使われている語彙や構文が、初級の私でも何とか付いていける程度なら
願ったり叶ったり。それ以上望むところはないのだが、
実際問題としてそういう本を探し当てるのは、なかなかに難しい。

長年読み慣れている日本語の本なら、たとえ読んだことのない作者の本であっても
その装丁や帯の惹句、パラパラと拾い読みした文章の感じなどから
好みの本かそうでないか、即座に判断できるのだが
フランス語の本では、そうはいかない。
(大御所は別として)馴染みのない作家名、イメージの湧かない出版社名の連続で
軽い本なのか重い本なのか、古典的なのか奇をてらった新しモノなのか、
鼻が、まったく利かない。

なので自然、信頼できる方のお薦めや、どこかで読んだ書評などの
獏とした情報を頼りに本を選ばざるを得ないのだが、
そうした中でたまに自分の好みにぴたり当てはまる本に出合えると、
文字通り欣喜雀躍。うれしさに、手の舞い足の踏む所を知らず、という感じになる。

実は今読んでいる Jean-Paul Dubois氏の『Le cas Sneijder』がそれで
今までは苦役だった2日に1回の音読が、近頃は“お楽しみ”に変わった。
もともとはこの本をベースにした映画『La nouvelle vie de Paul Sneijder』を見、
それが大変面白かったので、原作を読みたくなって注文したのだが
これが大当たりだった。

主人公のポールは60歳で、妻アンナの転職に伴って
トゥールーズからモントリオールに移住した。
支配的で野心的なキャリアウーマンであるアンナとの間はすでに冷え切り、
アンナのクローンのような双子の息子にとって彼はいないも同然の存在、
彼の唯一の愛情と関心の対象は、前妻との間に生まれた娘マリーだったのだが
そのマリーは、休暇でモントリオールに滞在中、彼と共にエレベーター事故に遭い、
亡くなってしまう。
同じエレベーターに乗り合わせた5人のうち、生き残ったのは彼だけで
小説はコーマから覚めた彼の独白で始まる。

正直に言って、この小説で使われている語彙や構文は私には難し過ぎ、
知らない単語が1ページに付き20個くらいあるし、
わからない単語を全部調べた後でも、Google translate の助けを借りないと
文章の意味がいまいち判然としなかったりするのだが
それでも彼のスタイル、内省的でややシニカルなものの見方、
微かなユーモアなど、読んでいて実に楽しく、単語調べも苦にならない。

残念ながら日本語訳はまだ出ていないようだが、
フランス語を読むのが億劫でなければ、
そしてこの手の、やや持って回ったような綿々と続く文章がお嫌いでなければ
この本はお薦めである。

ところで本題とは関係ないが、この本の最初の方に
暖かい南仏のトゥールーズからモントリオールに移住した主人公ポールの
ケベックの気候に対するコメントが述べられていて
それが常日頃わたしが感じているのと全く同じで、大笑いした。
彼は「À dire vrai, je ne me suis jamais habitué à l’hiver d’ici,
ni davantage à la brièveté des autres saisons.
(拙訳:本当のところ、私はここの冬にも、他の季節の短さにも、
どうしても慣れることができなかった)」と言っているのだが
ほんと、ここは冬ばかり長く厳しくて、他の季節が泣きたくなるほど短いのだ。
印象では、春と夏と秋が3週間ずつで、あとはずうううううううっと冬。
おかげで花の咲いて散るのが早いこと!
私はゆっくりと過ぎていく、日本の春と夏と秋が、少し懐かしい。
スポンサーサイト

どうせならもっと人の役に立つ職業に就くがよろし

  • 2017/06/14 11:33
  • Category: 雑記
先週の水曜、いつものようにネットで調べ物をしていたら
突然、画面いっぱいに「あなたのコンピュータ内に、ゼウスウィルスが発見されました。
このウィルスはコンピュータ内のデータやソフトウェアを破壊する可能性があります。
コンピュータをシャットダウンしてはいけません。すぐに下記のマイクロソフト・サポートセンター
(通話料金無料)に電話してください」というポップアップが現れた。

「はあ?」と思って、一応そばにいた雪だるまに見せると
「電話しろというのだから、マイクロソフトに電話してみなさい」という。
英語で、あまりよくわからないコンピュータ用語を聞きながらやりとりするのはめんどくさいなあ
とは思ったが、PC内のデータがなくなったり、壊れたりするのも困るので
仕方がない、指示された番号に電話した。

すると、南アジアなまりの英語を話す若い男の人が応えて
「どうしました?」と聞くので、PC内にウィルスが発見されたというメッセージがポップアップした。
マイクロソフトのサポートセンターに電話しろというから電話したと言うと
「ではこちらからあなたのPCにアクセスし、問題を調査して解決法を探します。
アクセスするためにはあなたの許可が必要ですので、これからこちらが言う通りに
コンピュータを操作してください」と言って、ウィンドウズ・ロゴ+r から始まる一連の操作を
次々とこちらに指示してきた。

私は聞き取りにくい電話の声を聞きながら、わけもわからず相手の指示のまま
コンピュータを操作するという作業の面倒くささと、
コマンドの羅列で自分が一体何の操作をしているのか皆目わからないという、
目隠しされたまま迷路の中を引き回されているような心許なさに相当苛々し、
「こんな作業は英語ネイティブで、しかも私よりは余程コンピュータに詳しい雪だるまに
代わってやってもらいたいものだ」と思ったが、
生憎ちょうどお義父さんたちが「こんばんはー!」と訪ねて来て、
私に代わってPCの前に座ってもらうわけにもいかない。

そうこうする間にも、電話の相手はこちらを煙に巻くかのように画面にさまざまなタブを表示し
そのうちの一つはウィルスアタックの履歴で、それによると我が愛しのPCは昨日以来、
ほとんど分刻みでアタックを受けていて、そのあまりの数の多さにほとほとげんなりした私が
「つまり、PCショップとかでクリーニングしてもらわない限り、私はPCを使えないわけですね?」と言うと
電話の相手は、「いいえ、街のPCショップではだめです。この状況を解決できるのは、
公認のオンラインエンジニア(つまり彼だ)だけです」と言い切り、その料金を提示してきた。

それによると、クリーニング料金はUSD149.99、ついでに私のPCには全くアンチウィルスソフトが
インストールされていないので、仮にアンチウィルスのサポートを希望するなら、
1年USD180、2年でUSD210等々。(注:この辺の数字はうろ覚え)
そう言っては何だが、結構高額である。

なんだか胡散臭くなってきたなあと、それでも一応、お義父さんたちと歓談中の雪だるまにその表示を見せると
「スペルミスだらけのひどい英語だ。マイクロソフトがこんなひどい英語を出すはずがない」と言うので
私もこれ幸いと「そんなお金はありませんから」とサービスを断った。
すると相手は「では仕方がありません」と、にわかに今まで画面に表示していた様々なタブを次々と閉じ、
あっという間に過去20分間の痕跡をきれいさっぱり消して、真っ黒な画面だけ残して消えて行った。
残された私は、ただの黒い箱になってしまったPCを前に、声も出ず。

振り返ってコトの顛末を眺めてみれば、これは明らかにマイクロソフト・サポートを騙った詐欺である。
PC使用中に「ウィルス発見!」などとポップアップが出れば、みな一応ぎょっとするし、
マイクロソフトに電話しろと指示されれば、電話する人の方が多かろう。
(ネットで本当にマイクロソフトの番号かどうか確かめようにも、画面はフリーズしているのである)
まったくよくできた引っ掛けである。

それでも英語ネイティブなら、相手とのやり取りの中で、その話し方や言葉の使い方などから
「何だか怪しい」といった嗅覚が働くだろうが、いかんせん私は非ネイティブ。
表情、態度の見えない電話で、声と話し方だけで相手の資質を判断するのは相当難しいのだ。
おかげで最後まで引っ張られてしまった。
ケチな根性が幸いして金を払うところまではいかなかったが、PCを壊されたのは大損。

翌日私はお馴染みのジミー君のところへPCの修理を頼みに行ったが
彼もそれは詐欺だろうとの意見で、騙されて彼らにサービスを頼んだりすると
また別なウィルスを植え付けられ、カード情報や銀行情報など盗まれることになりかねないと言う。

まったく、生きていくためには金が必要で、金を稼ぐためには何らかの仕事に就かねばならないのはわかるが
コンピュータウィルス詐欺にしろ、振り込め詐欺にしろ、なにもわざわざ人を騙して金を取るような職業に就かなくとも
よさそうなものを。
人を騙せるだけの話術とコンピュータ技術があるのなら、もちっと人の役に立つ職業に就き給えよ、青年!


えー、というわけで、読者の皆様、今後同様の状況に遭遇されることがありましたら
間違っても偽の“マイクロソフト・サポートセンター”などにはお電話なさらず
信頼できるコンピュータショップにご相談ください。
ちなみに今回使われたウィルスの名前は“zeus virus”でした。

今年のメンバー

  • 2017/06/05 12:04
  • Category: 動物
先日庭で、トリの卵の殻を拾った。
雪だるまに聞くと、たぶんロビンの卵だろうと言う。
言われてみれば少し青みがかっていて
なるほど毛糸の色名などで時々みかける“ロビンエッグ”というのは
ここから来ていたのかと、初めて得心。


見つけた殻は半分だけ

IMG_1111.jpg

IMG_1108.jpg



この卵から生まれたヒナは、たぶん今頃どこかの庭で
ぴょんぴょん跳ねながら、虫をついばんでいるのかもしれない。
捨ててしまうのも何だか惜しいので、植木鉢の飾りにしてみた。

IMG_1141.jpg



シマリス、黒リス、灰色リスも、例年のとおり顔を出している。
チッピー(シマリス)のうち1匹は去年からの子らしく、呼べばピーナツを貰いに来るが
もう1匹は新しい子らしく、ヒトの姿を見ると脱兎の如く逃げ出していく。
野生動物は代替わりが早く、同じ個体が3年続けて来ることはないようだ。


これは去年からウチに来ている子

IMG_1037.jpg


黒リスも代替わり。
今年面白いのは、この子。
上半身と下半身で毛並みが違い、上半身はなめらかに黒いのだが、
下半身は灰色がかった毛がぽわぽわと生えている。
まるで毛皮のパンツをはいているようなので、
私と雪だるまは、彼を“パンツ”と呼んでいる。

-2IMG_1104.jpg



灰色リスは、ウチの庭にはたまーにしか来ないので、
去年からいる子か、初めての子か、そもそも判別不能。

IMG_1129.jpg


籠の中のピーナツを狙っているところ

IMG_1134.jpg


そういえば、冬の間毎日のように現れて私たちを楽しませてくれた
ねずみのラティ君は、ある日突然、姿を消してしまった。

雪もなくなってきたので、そろそろ捕まえて森に放しに行かなくちゃね、
と言っていた矢先、ふいと姿を見せなくなって、それっきり。
春の到来とともに、ご近所の猫たちがウチの庭を徘徊し始めたので
そのうちの1匹に捕まってしまったのかもしれない。

せっかくリンゴの土産でも持たせて、森に連れて行こうと思っていたのに
充分過ぎるほどのキャットフードをあてがわれてやや肥満気味、
腹は空いていないはずのこのあたりの飼い猫の餌食になったとすれば
残念至極という他はない。
あまり賢くなさそうな顔が、いかにも可愛らしかったんだがなあ。


在りし日のラティ君

IMG_1021.jpg









Pagination

Utility

プロフィール

らうとら

Author:らうとら
ドロシー・L・セイヤーズ、ローリー・R・キング、P.D.ジェイムズ、ディック・フランシス、水村美苗、高村薫、戸塚真弓、ヘレン・ミレン、シャーロット・ランプリング、ソフィ・マルソー(40代以降に限る)、ヘレナ・ボナム・カーター、アンジェリーナ・ジョリー、三代目金馬、小さん、枝雀、エンヤ、クイーン、ドゥルス・ポンテス、マドレデウス、J・S・バッハ、ちあきなおみ、トケイ・ピノ・グリ、アール・グレイ、自転車(冬季を除く)、あらゆる犬と猫
以上、私を幸せにしてくれる方々(敬称略)

カテゴリー+月別アーカイブ

 

FC2カウンター