FC2ブログ

アルバトロス

  • 2017/12/20 02:41
  • Category: 雑記
11月の終わり頃から、アルバトロスというグループの活動に参加し始めた。
アルバトロスというのは、死期間近の人たちおよびその家族の支援を目的とするグループで、
ホスピスでの介護ボランティアとか、さまざまな活動をしているが、
私が参加し始めたのはその中の一つ、編み物を編んでそれを売り、
売り上げをグループの活動資金に充てるというもの。
ジムで仲良くしているJさんの友人からその話を聞き、
「それなら私にもできるかも」と思って紹介してもらった。

ホスピスでのボランティアなどは、たとえ掃除だけにしろ、いまだ片言の私では話にならないが、
編み物ならどうせお楽しみのために毎日やっているのだし
それが何かの役に立つのなら一石二鳥。
それにグループの編み手たちは、毎週会場に充てられている部屋にみんなで集まって
休みなく手を動かして編み物をする一方、口の方も盛大に動かしておしゃべりに励んでいるので
私にとっては、編み物をしつつ、ただでフランス語の勉強をさせてもらっているようなもの。
これを勘定に入れれば、一石二鳥というより一石三鳥と言った方がいいような、お得な活動なのである。

活動時間は平日の昼間だから、勢いメンバーはお散歩会のメンバー同様
60代から70代の女性たちで、元教師とか元看護師とか、職業を持って働いていた人たちが多いようだ。
先々週からは86歳だというマダムもメンバーに加わり、私の隣に座って手袋を編んでいらしたが
聞くところによると、彼女は昔、消費者保護のための活動をこの町で始めた人で
その活動は徐々に町から地域、ケベック全体へと広がって政府にも取り上げられ
彼女自身は上院議員も務めた人物だそうだが、そうした話を聞く前から
教養ある、しっかりした話し方をする人だと感じていたので
前歴を聞いて「道理で」と合点した。

11月の終わりからの参加なので、私はまだ帽子2つしか編んでいないが
とりあえず編んだ帽子は2つとも売れた。
うちで編みかけていた帽子をグループ用にしたので、それらの帽子には手持ちの糸を使ったが、
グループは寄付されたらしい大量の毛糸を在庫に持っていて
メンバーはその中から自由に毛糸を選んで編んでよいことになっている。
先日見せてもらったが、毛糸は色別にプラスチックケースに入れられ
階段下の物入れに積み上げられていた。
ラベルがなくて材質不明の糸が多かったが、まあ見て触ればアクリルかウールかはだいたいわかるし
アクリルだからどう、ウールだからどうという制限はグループにはないので
自分が編むものに合った糸でさえあれば、材質はどうでもよいのである。

メンバーの中には、古い毛皮のコートを壊し、小さく切って毛皮のポンポンを作っている人もいる。
寒い土地柄なので、毛皮のコートのお古はけっこう簡単に手に入るらしく
作っているマダムの前に置かれたビニール袋の中には、色々な毛皮の端切れが詰め込まれていた。
そしてできあがったポンポンは帽子やマフラーにつけられたり、
それぞれの元の素材、“オオカミ”とか“ビーバー”とか“オポッサム”とかラベルをつけられて
単独で売られたりしている。キーホルダーに加工されているのもある。

殺されてしまった動物には申し訳ないが、本物の毛皮のポンポンは
毛がふわふわと柔らかく、しっとりと手触りがよい。
作っているマダムの一人は、「私は 自分のsanté mentale (精神衛生)のために作っているのよ」
と言っていたが、確かにしっとりした毛皮をさわりながら作業をするのは
心の安定によいかもしれない。
以前にも書いたが、柔らかいものは心を和ませる。


スポンサーサイト

チッピー異変

  • 2017/12/09 00:09
  • Category: 動物
冬のさなかでも元気よく走り回っている黒/茶/灰色リスたちとは違い、
チッピー(シマリス)は冬眠する。
夏の間は頻繁にデッキに現れてはピーナツ集めに励むが、
9月も半ばを過ぎるとデッキに来る回数が減り、
10月にはほとんど姿を見かけなくなる。
地面の下にトンネルを掘って巣穴を作り、そこで冬眠に入るのである。

もっとも冬眠といっても、クマのように冬の間中眠りっぱなしというわけではなく、
時々起きて溜め込んだピーナツを食べたり、排泄をしたりするのだそうだが、
地面の上に姿を現すのは、この辺では4月の初めくらい。
寒さが緩み始め、積もった雪の間から庭石が顔を出し始めると、
チッピーも雪の間からちょこんと頭を出して、
あたりを伺っているのを、ちらり見かけるようになる。
つまりこのあたりではチッピーは、10月半ばくらいから4月の初めくらいまで約半年、
冬眠しているということになる。
ネットを検索してみても、チッピーの冬眠期間はおよそ10月~4、5月とあるから
カナダおよび米国北東部では、だいたいそのあたりなのだろうと思う。

ところが今年は、12月の今になってもチッピーが庭をうろうろしている。
10月末あたり、一時姿を見かけなくなったので、
例年通り冬眠に入ったのだろうと思っていたら
11月の終わりごろになって突然、またデッキに姿を現わして
ぼんやり庭を眺めていた私をびっくりさせた。
思わず「チッピー、どうしたの? まだ寝てないの?」と声をかけ
せっかく来たのだからと、いくつかピーナツを与えたのだが
以来、このチッピーは毎日のようにデッキに姿を現すようになり
ちょろちょろと走り回って、鳥たちがフィーダーから落としたヒマワリのタネや、
私が置いておいたピーナツなどを、せっせと拾い集めていく。
拾い集めるからには冬眠する気なのだろうと思うが、
気温が零下に下がっても、雪が降っても、
相変わらずデッキに姿を現している。

確かに今年の秋は割合に穏やかで例年より暖かい日が多く
12月8日の今日も、一昨日だったか一日中雨だったせいで庭の雪が半分方融け
ところどころ枯れた芝生が顔を出したりしているが
それにしたって12月は12月。暖かいと言っても気温は零下、
チッピーはとっくに冬眠しているはずの時期であり気温である。

いったいなぜ、このチッピーが冬眠せずに夏同様活動しているのか
私には見当もつかないが、雪の上をちょこちょこ走って来るチッピーを見るのは楽しい。
この間はちょうど黒リスと鉢合わせして、慌てふためいてデッキの隅に走り逃げたが、
それで懲りたわけではないらしく、その後も相変わらずデッキに来ている。
今朝もちゃんと来た。
証拠代わりに、写真を1枚。


IMG_1328.jpg

歩行不自由につき

昨日、脚立から落ちかけて左踵を痛め、歩行不自由になったので、やっとブログを更新する暇ができた。このところ、あっちへ行ったり、こっちへ行ったり、あれを編んだり、これを作ったりで、なんやかやと結構忙しかったのである。

が、歩行不自由になってみれば、ジムにも行けないし、散歩クラブにも行けない。掃除も思うに任せない(片足で掃除機をかけたり、モップをかけたりするのは、かなり難しい)ので、勢い椅子に座って編み物三昧。しかし編み物ばかりしていると目と手首が痛くなるので、ではちょっとここらでサボっているブログの更新でも、という次第。

脚立から落ちかけたのは、玄関ドア上の窓にクリスマス用の電飾を取り付けようとしていたら、どういうわけだかぐらり脚立が横に傾いて、空中に放り出されそうになったので、脚立と一緒に倒れるよりは・・・と、とっさに脚立から飛び降りたのだが、生憎飛び降りた先が玄関の三和土、コンクリート+石のタイルの上だったので、着地の際したたかに左踵を打って、(不)名誉の負傷、一丁上がり。

踵と足の裏がちょっと腫れているだけなので、別に踵の骨を砕いたわけでも、ヒビが入ったわけでもないと思うが、とりあえず今のところは左踵に体重をかけようとすると「びゃあ」と激痛が走るので、左側に杖をつき、右足だけで歩いている。なかなか不便である。しかし、こういうこともやっていれば段々上手になるもので、昨日よりはうまく杖を操れるようになってきたし、左踵の痛みが和らいできたせいもあって、昼頃からは階段の上り下りもできるようになった。これでだいぶ移動が楽になった。うちは正味3階建ての家なので、階段にお尻をついて1段、1段、腕の力だけで上ったり下りたりするのは、結構しんどかったのである。

ところで、この杖というものだが、今うちにあるのはこのタイプで、

       cane1.jpg


つまり握りはT型、柄はまっすぐで高さ調節可能、先端はゴム。人工股関節の手術をする前、雪だるまが使っていたものである。当時、雪だるまは傘を杖替わりにしていたりしたので、それよりはましだろうとこれを買ってあげたのだが、今回、自分の足が不自由になって使ってみると、この杖、あまり使いやすくない。両足を使える人が歩行の補助に使うのならこの形でよいのだろうが、片足しか使えない人が、自身の体重の半分くらいをかけて使うには、握りが硬すぎて手が痛いし、ゴム先も接地面積が小さすぎて安定に欠ける。階段などではぐらついて、少々怖い。

同じ使うなら、こういう先端が四つ足になったものの方が、

      cane2.jpg

しっかり身体を支えてくれて、安定がよさそうである。この次買う時は、こういうのにしよう。それでもだめになったら、次は歩行器か電動車いすか。サイボーグみたいな電子制御義足というのは、まだないようだから。


歩行器1 前脚が車輪になったタイプ

walker.jpg

歩行器2  カゴ付きもあります

walker2.jpeg



Pagination

Utility

プロフィール

らうとら

Author:らうとら
ドロシー・L・セイヤーズ、ローリー・R・キング、P.D.ジェイムズ、ディック・フランシス、水村美苗、高村薫、戸塚真弓、ヘレン・ミレン、シャーロット・ランプリング、ソフィ・マルソー(40代以降に限る)、ヘレナ・ボナム・カーター、アンジェリーナ・ジョリー、三代目金馬、小さん、米朝、枝雀、エンヤ、クイーン、ドゥルス・ポンテス、マドレデウス、J・S・バッハ、ちあきなおみ、トケイ・ピノ・グリ、アール・グレイ、自転車(冬季を除く)、あらゆる犬と猫
以上、私を幸せにしてくれる方々(敬称略)

最新トラックバック

カテゴリー+月別アーカイブ

 

FC2カウンター