FC2ブログ

いまだに、ぼおおお

  • 2018/09/24 20:40
  • Category: 雑記
先週の金曜に帰ってきたのだから、すでに丸4日経つのだが
いまだに地に足がつかないというか、ぼうっとした感じで
旅行前の日常に戻れないでいる。

取りあえずは食料の買い出しをしたり(冷蔵庫がきれいに空っぽで、牛乳すらなかったので)
持っていった荷物の整理をしたり、洗濯をしたり、
いない間に無残な有様になっていた畑と花壇の世話をしたりしたが、
それでもまだ、ふわーと空中を漂っているようなヘンな感じである。

17日間に撮った1000枚以上の写真の整理もした。
プロの写真家ならともかく、素人の撮った旅行写真など面白いものではない。
そんなものを1000枚以上も人に見せるのは酷というものなので
面白そうなものだけを選び、キャプションや説明をつけて
スライドショー形式にしてみたが、それでも500枚くらいにはなってしまった。
見せられたお義父さんたちが、退屈しないといいのだが。

ちなみにケベックに戻ってきたら、ちょうどその日から気温が低下したとかで
真夜中、隣町のバスターミナルまで迎えに来てくれたお義父さんの車に乗った時の
気温は8度くらいだったし、日中になっても12度くらいと
アイスランドとほとんど変わらない気温で
「ああ、夏の最後を逃してしまった・・・」と、ちょっとがっかり。

木々も色づき始めたし、ケベックはこれから急速に秋から冬へ向かうのだ。
ああ、半年間の冬!

最後、飛行機から見たグリーンランドの山々。
雲海ばかりだった景色に突然陸地らしきものが見えたので
「え、もうアメリカ大陸?」と怪訝な声を発した私に
隣から雪だるまが「それはグリーンランドでしょう」と冷静な声。
そうか、飛行機はグリーンランド上空を通るのか、
行きは夜で何にも見えなかったので、知らなかったよ。

人の影すら見えないグリーンランドの山々と氷河は
陽の光にきらめいて、息をのむくらい美しかった。

c.jpg

b.jpg


a.jpg




スポンサーサイト

塩タラ

  • 2018/09/20 05:56
  • Category: 雑記
昨日は Grindvik というアイスランドの南西の端あたり
ケプラヴィーク空港にも近い、人口3000人ちょっとの小さい港町にいた。

港町であるからして、ここは昔から漁業が盛んで
今でも住民の8割くらいは、漁とか魚の加工とか、
何らかの形で漁業と関係のある職業に従事しているそうだ。

で、この町には『Salt-fish Museum(塩漬け魚博物館)』というのがあった。
町の観光案内所の一角にある小さい博物館で、
とは言っても塩漬け魚だけでは間が持たないのか
前半はいかにアイスランドという島ができたかとか、
アイスランドにおける火山活動とか、地学のお勉強みたいな展示で
後半が肝心の塩漬け魚、アイスランドを代表する輸出品であった塩タラ産業の展示だった。

塩タラ産業は、19世紀後半すでにアイスランドの一大産業になっていて
夏場、沿岸部の村々ではたくさんの人が、塩タラの加工に従事していた。
それは20世紀になっても変わらず、保存がきき、値段が手ごろな塩タラは
スペイン、ポルトガル、イタリアなど、南欧諸国に大量に輸出されていたのだそうである。

そういえば、梨の木さんのポルトガル料理のお話の中に、
“バカリャウ”という言葉が出てきたなあ、
そうか、あのバカリャウは、遠いアイスランドから運ばれて行ったのかもしれないなあ
などと思った。


塩タラ  これは本物ではなくて展示用の模型ですが
うーん、塩タラは大きい


IMG_3074-2.jpg


輸出用梱包?

IMG_3073-2.jpg


夕食の後、泊まっているゲストハウスの近くを散歩していたら
賑やかな子どもの声が聞こえたので、行ってみたら学校だった。
子どもたちが、校庭の遊具で遊んでいたのだ。

こっちに手を振ってきたので、近づいて話しかけてみた。
手前の子は聞き洩らしたが、後ろの子3人は、みな10歳だそうだ。
名前も聞いたのだが、ぜーんぜん聞き取れなかった。
女の子は英語だったらAnna系の名前、男の子の1人はJohan系の名前に聞こえたが
まるっきり違っているかもしれない。
初秋のことゆえまだ明るいとはいえ時刻はすでに午後7時過ぎ
いったい何時に家に帰るの?と聞いたら、元気いっぱい「9時!」と返ってきたが
ほんとかね? いくら高緯度でも9時ではもう暗いぞ。
そんなに遊んでいていいのか、君たち。

ちなみにこの子たちはみな、片言ながらちゃんと英語を話した。
アイスランドでは小学校から、外国語として英語とデンマーク語を
習い始めるのだそうである。
アイスランドの人口は約35万。ビジネスにせよ、何にせよ、アイスランド語だけでは
話にならないからだそうで。


IMG_3137-2.jpg

間歇泉

  • 2018/09/17 06:01
  • Category: 雑記
本日は間歇泉を見学。
アイスランドと言えば、火山と間歇泉とブルーラグーンというだけあって
他の観光地に比べ、格段に観光客の数が多いのに驚くというか、感心するというか・・・

が、有名なだけあって、やはり地中から湯が噴水のように吹き出すというのは
一見の価値のあるものでした。


完全に撮り損ねた1回目

IMG_2836-2.jpg


頭が切れた2回目

IMG_2840-2.jpg


3回目 何とか全貌の撮影に成功

IMG_2843-2.jpg


ちなみにこの間歇泉は、7~8分に1回くらい噴き出していました。

氷河

  • 2018/09/13 06:25
  • Category: 雑記
アイスランドと聞くと何だかいかにも寒そうですが
実のところメキシコ湾流の影響で冬でも気温は平均零下5度程度と
零下30度くらいまで下がるケベックのわが町と比べれば、だいぶ暖かいのでした。

ただその代り、夏でも気温はあまり上がらないので(9月半ばの今現在10度前後)
1年中凍ったままの氷があります。

IMG_1733.jpg


私の下手くそな写真では、なんだかよくわからないかも知れませんが
水色や白黒のマーブルアイスみたいに見える塊は、氷河です。

IMG_1738.jpg

IMG_1739.jpg


そしてそのさむーい水の中を、アザラシが泳いでいました。

IMG_1744.jpg

アイスランド

  • 2018/09/10 06:18
  • Category: 雑記
IMG_1843.jpg


アイスランドに来ています。

空港かどこかにあった看板
「アイスランドでは、人間の数より羊の数の方が多い」のとおり
どこに行っても羊がいます。
フィヨルドの急斜面にも、強風吹きすさぶ海際の草地にも
人家の影すらないような荒野の真っただ中にも
羊はむくむくした姿で三々五々かたまり、
黙々と草を食んでいます。

そしてたまにこちらを見て、「なんだあ?」というような顔をします。

IMG_1850.jpg


これはブラックベリーではなく、新鮮な羊の糞です。

IMG_1859.jpg

Pagination

Utility

プロフィール

らうとら

Author:らうとら
ドロシー・L・セイヤーズ、ローリー・R・キング、P.D.ジェイムズ、ディック・フランシス、水村美苗、高村薫、戸塚真弓、ヘレン・ミレン、シャーロット・ランプリング、ソフィ・マルソー(40代以降に限る)、ヘレナ・ボナム・カーター、アンジェリーナ・ジョリー、三代目金馬、小さん、米朝、枝雀、エンヤ、クイーン、ドゥルス・ポンテス、マドレデウス、J・S・バッハ、ちあきなおみ、トケイ・ピノ・グリ、アール・グレイ、自転車(冬季を除く)、あらゆる犬と猫
以上、私を幸せにしてくれる方々(敬称略)

最新トラックバック

カテゴリー+月別アーカイブ

 

FC2カウンター