FC2ブログ

ぶたのおやこ

8月、夏休みにもかかわらずブログの更新が1週間に1回程度だったのは
編みぐるみの製作に追われていたからである。
6月末に頼まれたキツネ2、アライグマ2、クマ4、
10センチほどの小型動物=できるだけたくさん、という注文である。

たとえ編みぐるみでも、手足のある動物は制作に少なくとも2日かかる。
上記のキツネ、アライグマ、クマなどは中でも手のかかる方で
2日ではできない。飾りのマフラーなど含め、3日は見ておかなければならない。
よって3×8=24日。
考えただけで「私の夏休みはどこに行ってしまうのだ?」と悲しくなり
故に7月は編む気にならなくて、見ないふりして放っておいた。

しかし8月。
納品が9月初めだとすれば、そろそろ編み始めなければ間に合わない。
夏休みの最後の3日間で宿題を全部片づけようとするような愚挙は
小、中、高時代だけでたくさんである。
だから始めた。
いやいやなので、なかなか気が乗らず、編んでは休み、編んでは休み。
おまけに途中で手が変わった(=糸の引き具合が変わった)のか、
同じ毛糸、同じ編み針で編んでいるのに、クマの1体目と2体目では
大きさに「え?」というような差が出てきて、
泣く泣く編み直し。

それでもどうにか、キツネ、アライグマ、クマは16日までに出来上がり
今は「小型動物=できるだけたくさん」という注文に
「“できるだけたくさん”て、いくつのことだよ?」とぶーぶー言いながら、かかっている。
ぶーぶーついでに、今編んでいるのは子豚。
体長4センチくらいで、かわいいである。
いっぱい編んで、子豚の大群にしようか。

追記
その後、親豚も編んでみた。
毛糸が残り少ないので、“3匹の子豚”にできるかどうか微妙なところ

IMG_3476.jpg


スポンサーサイト



ベンチプレス

  • 2019/08/26 22:26
  • Category: 雑記
今週、ベンチプレスで115 lb を4回、挙げた。
115 lb × 4回は、本当に久しぶりである。
8年前にここに引っ越してきて以来、115 lb はふつう2回、
たまに調子がいい時に、まぐれ当たり的に3回挙げるのがせいぜいで
4回挙げられたことなどなかったのだが
3週間前、そばに可愛いブルネットの子がいたために
頑張って無理やり3回あげたのをきっかけに
翌週も3回、翌々週も3回と3週続け
ついに今週、4回となった。
我ながら少しびっくりし、「へえ、この年齢でも記録を伸ばすことは可能なのか」と
他人事的な感想をもった。

私のベンチプレスのMaxは140 lb だが、それは10年以上前の話。
その時以降、腹を切ったり、胸を切ったり、
手術の度ごとに、まず半年はまともなトレーニングができなくなるものだから
挙上重量や回数など下がりっぱなし。
おまけに寄る年波と自身の怠け心という障壁もある。
3つ揃えば、記録など伸びるはずもない。
別に何かの大会に出るわけじゃなし、
寝たきり老人にならないためにやっているだけの筋力トレーニングなのだから
別にいいや、と思っていたのだが
記録が伸びれば、それなりに嬉しい。
つい調子に乗って、この次は120 lb に上げてみようかな、などと考え始める。
年寄りの冷や水!、と向かい席からお声がかかりそうである。

天井灯

  • 2019/08/19 21:09
  • Category: 雑記
うちの台所には、天井埋め込みタイプの照明がついている。
どーんと大きいのではなくて、直径4センチくらいの小型のが
間隔を置いて5つ。
1つが500ルクスくらいなので、5つ全部点けると、相当明るい。
まぶしいくらい明るい。

が、実はしばらく前から、この電球5つのうち3つが切れていて
今はスイッチを入れても、2つしか点かない。
3つが一斉に切れたわけではない。
およそ1年以上前のある日、最初のひとつがふっと点かなくなった。
1つくらい点かなくても全然困らないので、気にしなかった。

そのうち2つめが切れた。
3つ点けば十分明るいので、気にしなかった。

そしてある日、3つめが切れた。
さすがに台所が暗くなった。
電気をつけても、冬の日の夕暮れのように薄ぼんやりと暗い。
ここに至って雪だるまと二人、電球を替えなくては・・・と言い合ったのだが、折悪しく時は冬。
「雪が融けるまで待とう」ということになった。

なぜ台所の天井灯を替えるのに、屋外の雪が問題になるのか?
それはうちの台所の天井が、やたらに高いからである。
中二階の天井と同じ高さなので、たぶん3メートル50くらいある。
この高い、高い天井にへばりついた電球を替えるには
ガレージに置いてある折り畳み式の脚立を持ち出して伸ばし、
2メートルほどの高さの逆V字型にして台所に立てなくてはならないが
なにしろ嵩張る脚立なので、いろいろとモノのある室内ではこの作業ができない。
邪魔物のない広い屋外でやるしかないのだが、
冬の間は屋外が雪に覆われているので、これができない。
よって「雪が融けるまで待とう」ということなのである。

で、雪が融けてからかなりしばらく経った昨日、
(春分以降、徐々に日が伸び、電気を付けなくても夕飯の支度ができるもので
面倒くさがりの私たち二人は、電球替えを延ばし延ばしににしていたのである)
意を決してガレージから脚立を持ち出し、ドライブウェイで組み立てて室内に持ち込み
まずは雪だるまより背は低いものの、身軽さと柔軟性でははるかに勝った私が
脚立に上ったのだが、うーむ、無念。私が登れるぎりぎりまで登っても、
伸ばした手は、むなしく空をつかむばかり。
天井にはまったく手が届かなかった。

いや正確には、脚立のてっぺん、Λのとんがりの上に登ってすっくと立てば手は届いたかもしれないが
自慢じゃないが高所恐怖症のわたくし、そんな2メートル以上の高さの、
幅20センチもないようなアルミの踏み板の上に、掴まるものもなく立つなんて
そんな消防出初式のはしご乗りのような芸当は、私にはできない。
掴まるものがあっても、だんだん上に登るにつれ、私の膝裏はぷるぷると震えるのである。
掴まるもののない2メートルの上空で、しゃがんだ状態から立ち上がるなんて、
想像しただけで冷や汗が出る。
ぜったい、だめ。

ついで雪だるまも登ってみたが、彼は片手なら思い切り伸び上がればぎりぎり届くものの
ねじ込み式の電球を外し、付け替えるには両手が必要で
(ソケット部分は固定式ではなく、天井に開けられた穴の中で電線につながれ、ぶらぶらしている、
取り換えるにはこの部分を片手で押さえ、もう片方の手で電球をねじ込まなければならない)
よって彼にもできない。
2、3年前はできたというが、たぶん当時よりまた一段、肩および上半身の柔軟性が落ちたのだろう。

というわけで、両者とも空しく敗退。
すごすごと脚立を持ち出し、またドライブウェイで畳んで片付けた。

さて、自力ではできないとわかったが、しかしこのままでは冬場の夕食準備に困る。
自分たちでできないのなら誰かに頼むしかないが、しかし誰に?
電球を替えるためだけに電気屋を呼ぶのか?
あるいは誰か知り合いに頼むのか?

最近、ジムで6’8(203cm)だという、背のたかーーーい若者をよく見かけるが
いくらか手間賃を払ったら、彼はやってくれないだろうか?
彼の背丈なら、うちの脚立でも十分手が届くと思われるのだが・・・





本の話 2

  • 2019/08/12 10:34
  • Category:
『花の命はノー・フューチャー』を買って以来、
ブレイディみかこさんの新刊が出ると、本屋から通知が来るようになった。

で先日(と言っても2か月ほど前になるが)、
『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』が出た時も通知が来た。
そしてついでに「立ち読みどうぞ」の案内も来た。

電子書籍の立ち読みは本屋での立ち読みと違い、
ぱらぱらっと全体を流し読み、とか
好きなところを好きなだけつまみ食い読み、とかできるわけではなくて
版元が「ここね」決めた部分を読めるだけなのだが
それでも今回、新潮社さんは結構気前がよくて
1章の「元底辺中学校への道」と、5章の「誰かの靴を履いてみること」、
6章の「プールサイドのあちら側とこちら側」、総計50ページ超を
まるまる読ませてくれた。

で、これが面白かった。
「面白かった」なんて、超安易な、これ以上簡便にしようもない
3歳児でも知ってるような形容詞1個で済ませては、著者に申し訳ないのだが
実際のところ「面白かった」んだから、仕方がない。

『花の命は・・・』や、今読みかけの『労働者階級の反乱』もそうだが
彼女の目線は常に、彼女言うところの“地べた”にある。
それが小説に書かれた英国、大部分は中・上流階級から見た英国ばかり読んできた私には
目からウロコ的に新鮮なのだ。
(だいたい、中・高校生の頃、死ぬほど読んだA・クリスティにしてから
主人公の家庭はほとんど全部、メイドを使う側、つまり中産階級↑なのだ。
貴族探偵のピーター卿なんて、なおさら。P・D・ジェイムスだって“労働者階級”とは
いえないし。あ、例がミステリばかりですみません)

まあフィクションである小説と、彼女が書いているようなノンフィクションを
比べてはいけないのだろうが
どんなジャンルだろうと、“発見”がある本は面白い。

新刊の『ぼくはイエローで、ホワイトで・・・』、ポチりたいのだが
電子書籍だと、単行本でも文庫本でも読みやすさに差が出ないのに
(紙の本なら活字の大きさとか、紙質とか、装丁とか、いろいろ違う)
値段には差があって悲しいなあ。


bokuwa.png

本の話 1

  • 2019/08/07 02:02
  • Category:
例の狼男小路に住む叔母さんの家に遊びに行った。
叔母さんは今年、村上春樹にはまっているそうで、
「ほら、これなの」と、『ねじまき鳥クロニクル』と『1Q84』を見せてくれた。

叔母さんによると、最初に読んだのは『海辺のカフカ』で
それがとても面白かったので次から次へと読み広げ、
今は娘さんと二人、貸したり借りたりしながら、彼の本を楽しんでいるらしい。

叔母さんがあんまり楽しそうに村上春樹の話をするので、ちょっと懐かしくなり
しかしまさか、原文日本語の小説を仏訳で読もうとは思わないので
(そんな回りくどいことをして何になる?)
ならばと電子書籍を探してみたが、キンドルでも他の書店でも
彼の最近の作品は、どれもまだ電子化されていない。

私が最後に読んだ村上春樹はたぶん『ダンス、ダンス、ダンス』だが
電子書籍化されているのは、ちょうどそのくらいまで。
それ以降は紙のみ。
つまり、叔母さんが気に入った『海辺のカフカ』も『ねじまき鳥』も『1Q84』も
読みたければ、紙の本を日本に注文するしかない。
安くもない送料を払って。

30年前、私は村上春樹を嫌いではなかったが
ものすごく好き、というわけでもなかった。
今読めばまた感想は違うかもしれないが
それを確認するためだけに紙の本を注文する気はないので、
また何か強烈な動機が起こったらその時に、ということで今回は見送り。

negimaki.jpg

帽子

7月の前半は、帽子ばかり編んでいた。
12月のバザー用サンプルである。
面白そうなパターンを見つけるたびに試し編みしていたので
あれこれと15くらいは編んだが
編んではみたものの出来上がりが気に入らなかったものは潔くほどいたので
残ったのは12。

で、その編んだ帽子を、先日編み物仲間のみなさんに
どれなら売りものになりそうか見てもらったのだが
一番人気はクマ帽と

IMG_3409.jpg


ウサギ帽だった。

IMG_3402.jpg

もちろん2つとも子ども用。
ベビーアルパカ70%の糸で編んだので、ふわふわに柔らかく、軽い。
編んでいる途中も、指の間を滑っていく糸の感触が、すごく気持ちがよかった。
その前に編んでいたハイランドウールの、ぎしぎしした手触りとは
天と地ほども違う。

以前にも書いたが、柔らかい手ざわりのものは心を和ませる。
触っているだけで、気持ちがゆったり穏やかになってくるのだ。
おまけに滑りがいいから、指にかかる負担が少なく
腱鞘炎気味の手にも優しい。
一石三鳥くらいのいい子の糸である。
ちなみにお名前は Wonderfluff。 Knit Picksから出ている。

Pagination

Utility

プロフィール

らうとら

Author:らうとら
ドロシー・L・セイヤーズ、ローリー・R・キング、P.D.ジェイムズ、ディック・フランシス、水村美苗、高村薫、戸塚真弓、ヘレン・ミレン、シャーロット・ランプリング、ソフィ・マルソー(40代以降に限る)、ヘレナ・ボナム・カーター、アンジェリーナ・ジョリー、三代目金馬、小さん、米朝、枝雀、エンヤ、クイーン、ドゥルス・ポンテス、マドレデウス、J・S・バッハ、ちあきなおみ、トケイ・ピノ・グリ、アール・グレイ、自転車(冬季を除く)、あらゆる犬と猫
以上、私を幸せにしてくれる方々(敬称略)

最新トラックバック

カテゴリー+月別アーカイブ

 

FC2カウンター