生還

  • 2010/12/13 17:38
  • Category: 仕事
とりあえず終わった。参観2日目にホテルに一人忘れ、風が吹き雪が舞う零下20度のH市駅頭でひとり迷子を出したが、ホテルに置き去りにしてしまったのはHK人だったので、忘れられても“怒り心頭に発し”てはいなかったし、中国語のわからない日本人客が酷寒の駅頭で迷子になったのには肝を冷やしたが、10分ほどで見つかったし、まあとにかく終わった。ばんざあい!である。


それにしても、行く前にチェックした天気予報では零下15度程度だった現地の気温は、到着時にはも少し下がって零下20度となり、3日めに出かけたQ市では零下27度に下がったが、ヒートテック+セーター1枚+防寒パーカ(邦貨3000円弱の安物。ダウンではない)の軽装でも、格別凍死もせず無事生還した。ヒートテックほか、現代の優秀な衣服に感謝。


ただ上半身はOKだったもののパーカもヒートテックもなかった膝から下はちっとばかり寒かったので、今度湯に黒に行ったらヒートテックのレギンスも買おう。ふつうのタイツ+ウールのパンツの重ね着よりも暖かく、来年も活躍してくれるに違いない。


というわけで寒さはなんとか凌いだものの、困ったのはホテルの部屋の乾燥がきつかったこと。暖房が十分に入っているからこその乾燥なので文句を言えた義理ではないのだが、最初の夜、ベッドに入って10分もしないうちに、鼻とのどが痛くなったのには閉口した。シャワーしかない部屋なのでバスタブに湯を張って湿度を上げることもできず、仕方ないので小さいタオルをぬらし、顔にかけて寝た。当然寝返りを打てば外れてしまうのだが、タオルが外れ鼻とのどが痛くなったら落ちているタオルを寝ぼけ眼で拾い上げてまたかけることを繰り返し、とりあえず乾燥により鼻粘膜とのど粘膜から出血することだけは避けられた。濡れタオルのおかげで心なしかお肌もしっとり。


もっともこれは朝だけで、昼間は乾燥にさらされっぱなしだったので、3日目には顔のそこここに乾燥湿疹がポツポツ。平均湿度70%超の地で20年近く暮らせば、皮膚も粘膜も乾燥に弱くなるのは致し方なし。
スポンサーサイト

Pagination

Comment

Amei

私、もっとダイレクトにベッド周りの床に水まいて寝ます・・・
コップ2〜3杯分ぐらい。
じゅうたんが傷んだりとかするのかしら。
でもわが身には換えられない。
  • URL
  • 2010/12/13 18:51
  • Edit

LC

ヒートテックの10分丈レギンス、軽くて暖かくて、5本
(5足?)買って、毎日愛用。
これなしには冬は生きていけません。カナダ用に買いだめ
しておかれることをお勧めいたします。
  • URL
  • 2010/12/14 12:19
  • Edit

loutra

ああ、そういえばAmeiさん、ベッドの周りに水を撒くっておっしゃってましたね。
確かにシャワーを浴びた後の洗面所の床は、朝になっても完全には乾いていなかったから、水まきは効果あると思います。
しかしまあ出張で東北に行くことは、もうないだろうな。
次はカナダだけど、ここはさすがに自分ちなので、床に直接水を撒く度胸はありません。
加湿器、買うしかあるまい。うむ。
  • URL
  • 2010/12/15 21:28
  • Edit

loutra

お、10分丈ですか。んー、でも私が10分丈はくと、足首で終わらず爪先まで来てしまいそう。(以前買ったZARAのレギンスが、爪先丈だった) 8分丈とかありませんでしたっけ?
次に湯に黒のあるモールに行くのは、クリスマスイブの予定なので、はい、お薦めどおり買い込みましょう。ただ私はケチくさいので5本は買えず、たぶん2本だけになってしまうとは思いますが。^^;
  • URL
  • 2010/12/15 21:32
  • Edit

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

らうとら

Author:らうとら
ドロシー・L・セイヤーズ、ローリー・R・キング、P.D.ジェイムズ、ディック・フランシス、水村美苗、高村薫、戸塚真弓、ヘレン・ミレン、シャーロット・ランプリング、ソフィ・マルソー(40代以降に限る)、ヘレナ・ボナム・カーター、アンジェリーナ・ジョリー、三代目金馬、小さん、枝雀、エンヤ、クイーン、ドゥルス・ポンテス、マドレデウス、J・S・バッハ、ちあきなおみ、トケイ・ピノ・グリ、アール・グレイ、自転車(冬季を除く)、あらゆる犬と猫
以上、私を幸せにしてくれる方々(敬称略)

カテゴリー+月別アーカイブ

 

FC2カウンター