FC2ブログ

全粒粉電子レンジパン

  • 2005/11/28 15:40
  • Category:
■ ジムで向うから近づいてくる夫の身幅が細くなったような気がしたので、「やせたの?」と聞いたら、本人は知らないと言う。しかし体重を量ってみたら、なんと3キロ減っていた。きゃー、私がいない間に3キロ! なんて羨ましい!!
もっとも本人は元々90キロ近くある人なので、3キロ減っても別にパンツがゆるくなったりはしておらず「なにも変わってないよ」だそうだが…

■ だからというわけではないが、昨日の夕食にパンを焼いてみた。村上祥子先生開発の電子レンジパンである。誰でも簡単に、失敗なく、40分でパンが焼けるという、巷で評判の電子レンジパンなのだが、私は見事に、ちょこっと、失敗した。何がいけなかったかというと、夫の好みに合わせて 石臼挽きの全粒粉 を使ったのが、敗因。私が買った本には、「全粒粉は使わないでね」とは書いてなかったので、白パン嫌いの夫に合わせて“Stone Ground Whole Wheat Flour”なんてのを買ってみたのだが、これだとふくらまないのである。一次発酵も二次発酵も「うーん、なんだか大きさ変わってないみたい。いいのかなあ。でもちゃんと15分以上置いたし、気温も充分暖かいはずだしなあ」と、変だと思いはしたものの、何しろ初めてなので首をひねりながらも、そのまま焼いてしまった。案の定、パンはオーブンに入れてもふくらまず、焼きあがっても、元のドウの1.2倍くらいの大きさの未熟児パンに留まった。全粒粉なので色は黒っぽく、手にとるとしっかり重い。ドイツとか東欧の黒パンみたいなかんじ。いかにも素朴で腹持ちのよさそうなパンである。しかし姿は今ひとつでも、食べてみると別段まずいわけではない。砂糖が入っているのでほんのり甘く、そのなかに全粒粉の風味と歯ごたえも感じられ、焼きたてということもあって、なんだかおいしい。粉100gで小さいプチパンが6個できたのだが、私が2つ、夫が4つ食べて、あっという間に終わってしまった。夫が失った3キロを取り戻す日も近いと思われる。私が買った本には、他のパンの作り方も載っているので、今夜はぶどうパンかレーズンチョコ・ロールあたりに挑戦してみたいと思う。私はこの手の甘いパンが好きなのである。

■ 全粒粉だとふくらまない理由については、村上先生のウェブサイトにちゃんと 説明 が載っていた。(Q&A 19)小麦を皮つきのままひいている全粒粉は、皮や胚芽が含まれるのでグルテンが形成されにくく、ふくらみにくいのが特徴、なんだそうである。なるほど。でもまあ、ふくらみが悪いだけで、まずいわけではないので、今後も夫用には全粒粉で焼いてあげよう。で、私用のおやつパンには白い粉を使う、と。または村上先生のアドバイスのように3:7 で混ぜて使うか。これでまた楽しみがふえた。ふふふ。
スポンサーサイト



Pagination

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

らうとら

Author:らうとら
ドロシー・L・セイヤーズ、ローリー・R・キング、P.D.ジェイムズ、ディック・フランシス、水村美苗、高村薫、戸塚真弓、ヘレン・ミレン、シャーロット・ランプリング、ソフィ・マルソー(40代以降に限る)、ヘレナ・ボナム・カーター、アンジェリーナ・ジョリー、三代目金馬、小さん、米朝、枝雀、エンヤ、クイーン、ドゥルス・ポンテス、マドレデウス、J・S・バッハ、ちあきなおみ、トケイ・ピノ・グリ、アール・グレイ、自転車(冬季を除く)、あらゆる犬と猫
以上、私を幸せにしてくれる方々(敬称略)

最新トラックバック

カテゴリー+月別アーカイブ

 

FC2カウンター