FC2ブログ

無人の家

  • 2010/11/29 16:08
  • Category: 日本
3日しか休んでないのに、出社したとたん怒涛のように仕事が押し寄せてくるのはなぜ? おまけに「休んでる間にクライアントの気が変わってつぶれてるだろう」と踏んでいた某出張が、つぶれるどころか規模拡大して生き残っており、ずしーんと胸ふたがれた。こんなことなら日本で怪我でもして、帰ってこなければよかったよ。出かけるのは嫌いだ。出張はもっと嫌いだ。ああ出張先に大雪でも降って、出張取りやめにならないかしら?


日本でも胸ふたがるることが多かった。無人の実家はそこここに虫の死骸がいっぱいだし、ガスは止まっていて煮炊きはできないし、父はますます弱って歩くのさえおぼつかなくなっているし。よかったのは父のいるグループホームが、ことのほかきれいで明るく、職員の人たちも飾り気なく親切で、父もホームにいるのがいやそうではなかったこと。病院からすぐに実家近くのホームに移れたのは、本当にラッキーだった。それを可能にした妹の手際のよさに感謝。


それにしても無人の家というのは、これほどにも速く荒れるものか。昔ながらの隙間のある造りで、虫・動物出入り自由な家の恐ろしさ。冬が明け、暖かくなる頃にはネズミやらあまたの虫やらの棲み処になっているのではあるまいか? 家に残してある大量の本を救い、動物の巣になることを防ぎたいのなら、雪だるまのいうとおり早めに片付けに戻った方がよいのかも。81日にカナダの家の引渡し(=私のサインが必要)だとすれば、6月末に退職し7月中に香港での諸手続き&引越し準備をしていたのでは、日本に帰る暇がない。一月早めて5月末に退職し、6月に2週間ほど日本に戻ろうか。
スポンサーサイト



Pagination

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

らうとら

Author:らうとら
ドロシー・L・セイヤーズ、ローリー・R・キング、P.D.ジェイムズ、ディック・フランシス、水村美苗、高村薫、戸塚真弓、ヘレン・ミレン、シャーロット・ランプリング、ソフィ・マルソー(40代以降に限る)、ヘレナ・ボナム・カーター、アンジェリーナ・ジョリー、三代目金馬、小さん、米朝、枝雀、エンヤ、クイーン、ドゥルス・ポンテス、マドレデウス、J・S・バッハ、ちあきなおみ、トケイ・ピノ・グリ、アール・グレイ、自転車(冬季を除く)、あらゆる犬と猫
以上、私を幸せにしてくれる方々(敬称略)

最新トラックバック

カテゴリー+月別アーカイブ

 

FC2カウンター