黒指二人組

引っ越し祝いにお義父さんからもらった鉢植えのシュロが、いよいよいけなくなってきた。ウォルマートからお越しとあって、もともとあまり元気ではなかったのだが、ウチに来て3か月、水も肥料も日光も室温も適切を心掛けてきたのに、葉はますます黄色く枯れ、最近は茎まで茶色っぽくカサカサになってきた。いくら私と雪だるま、真っ黒な親指を持つ二人組の世話を受けているとは言え、この仕打ちはあんまりである。

たぶん鉢の中の土がよろしくない(水はけがよすぎ、やせているもよう)せいと思われるので、次の日曜にはホームセンターで新しい土と鉢を買い、植え替えをしてみるつもりだったのだが、昨日食料品の買い出しにダウンタウンのスーパーに行ったら、入って最初のアイル、野菜・果物コーナーの真ん中に観葉植物の大鉢がどどーんと並んでいるのを発見してしまった。

ふだん植物など扱っていないスーパーの割には、搬送用パレットの上に無造作に並べられた20個あまりの大鉢はどれもみなつやつやと元気そうで、しおれた葉も、黄色くなった葉もない。ウチのと同じようなシュロもあったが、こちらはつやつやと鮮やかな深緑の葉と言い、すっくり力強く伸びた茎と言い、いかにも健康そうでウチのシュロちゃんとは雲泥の差。他にもクリーム色と赤の縞もようの葉っぱをもった植物や、剣状の緑の葉っぱにクリーム色の斑が入ったの(サンスベリア?)、ユッカなどいろいろ並んでいたが、みな溌剌とまるで朝8時、9時の太陽のよう。

親指が真っ黒な割には植物が好きな私と雪だるまは、思わずその場で立ち止まり、パレットの周りをくるくる回って矯めつ眇めつ。もう欲しくてたまらなくなっている。思えば香港時代も初期は花墟道(Flower Market Street)の花屋の売り上げにずいぶん貢献したものだった。で今回も誘惑に負け、微力ながらこのスーパーの売り上げに貢献して、1m弱のユッカ1鉢をお買い上げ。値段がついていなかったので恐る恐るレジに持ち込んだのだが、なんとたったの9ドル99セント(邦貨800円弱)だった。

出口では何人かの人に「きれいねえ。おいくらでした?」とか「ほんと、きれいね!」とか声をかけられ、ついでに「家に帰ったら、もっと大きな鉢に取り換えて土を足し、20-20-20の肥料を与えるといいですよ」との有難いアドバイスまで頂戴した。

ユッカちゃん、お願いだから黒指二人組の悪しき影響に惑わされることなく、元気に生き延びてくれ。決して、決して先輩シュロ君を見習ってはいけないよ。ま、シュロ君も日曜にはサバイバル手術敢行の予定ではあるけどね。



ウチに来たユッカちゃん↓




スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://gaudynight.blog.fc2.com/tb.php/1290-c142ded1

Comment

LC

わたくしの親指も真っ黒けですが、そちらはダブルですか....強力ですね。
でも、ゆっかちゃんはつやがよく丈夫そうなので、きっと元気に育ちますよ。

友人が引っ越し祝いに柚子の木を送ってくれるそうです。
ゆっかちゃんと柚子ちゃん、どちらが長生きできるでせうか?
  • URL
  • 2012/02/08 12:07
  • Edit

らうとら

そう、すっごい強力なんです。サボテンすら枯らしました。とほほ。
うちで元気なのは、スーパーグリーンサムを持つ伯母さんからもらった
白い花(名前忘れた)の鉢だけです。
たぶん伯母さんの魔法がまだ効いてるんだと思います。

柚子の木、いいですねえ。
長生きして大きな木になって実がいっぱいなれば
柚子湯とか楽しめますねえ。

拍手の方のコメントもありがとうございました。
ちゃんと拝見してたんですが、お返事の仕方が分からず
(ブログには反映されてないみたいだし)
どうしたものか、と思っておりました。
ここで改めて御礼申し上げます。
  • URL
  • 2012/02/08 20:53
  • Edit

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

らうとら

Author:らうとら
ドロシー・L・セイヤーズ、ローリー・R・キング、P.D.ジェイムズ、ディック・フランシス、水村美苗、高村薫、戸塚真弓、ヘレン・ミレン、シャーロット・ランプリング、ソフィ・マルソー(40代以降に限る)、ヘレナ・ボナム・カーター、アンジェリーナ・ジョリー、三代目金馬、小さん、枝雀、エンヤ、クイーン、ドゥルス・ポンテス、マドレデウス、J・S・バッハ、ちあきなおみ、トケイ・ピノ・グリ、アール・グレイ、自転車(冬季を除く)、あらゆる犬と猫
以上、私を幸せにしてくれる方々(敬称略)

カテゴリー+月別アーカイブ

 

FC2カウンター