気持ちを傷つけるのは本意ではないがしかし

  • 2012/02/23 21:43
  • Category: 雑記
近々某事務のためのモントリオールに行かなければならないのだが、田舎町での車の運転には結構慣れたとはいえ、道もろくに知らないうえここより格段に交通量の多いモントリオール市内を車ですいすい泳ぎ渡る自信はなく(雪深い田舎町の初心者ドライバーが都内に乗り入れてしまったところを想像したまえよ)、じゃあとバスで行くことを画策していたらお義父さんから「連れてったげよか?」とのご提案を戴いた。

うーん、微妙。お義父さんのご厚意はたいへん、たいへん、有難いのだが、いい年をした大人2人がいつもいつも親の世話になるってのもねえ。他に手段がないのならともかく、バスという手段があるんだから、ここはやはり自力更生で行くべきではないか。しかもバスは実は普通のバスではなくモントリオールのカジノへ直行!のシャトルバスだから、2人分のバス代の方がモントリオール往復にかかるガソリン代よりもいくぶん安いのだ。カジノは市内にあるので、カジノに着いたら少し遊ぶふりをし、その後抜け出して最寄りの地下鉄駅から自分の行きたいところへ行って用事を済ませ、またカジノに戻って帰りのバスに乗ればよい。モントリオール市内では悩みの種の駐車場の心配もなく、至って便利。実際そういう風に利用している人は少なくなく、某伯父さん、叔母さんは常連だ。だからこそ私たちもこの案を採ったのだが、いまちょっとゆらゆら。

雪だるまが「バスで行ったらお義父さんが寂しがるかも」と言うのだ。それはわかる。実際お義父さんからの提案に「わーい!」と即応しなかった時、お義父さんはちょっとがっかりという表情をした。お義父さんとしてはかわいい息子とそのツマのため力になりたかったのだが、その好意が容れられなかったので寂しかったのだ。

そういえば遥か昔、新しいステレオ(←この言い方で時代がわかるw)を欲しがっていた私に、父が「お父さんが買ってあげようか?」と言ったことがあった。しかしその年働き始め「これからは何でも自分でできる!」と意気込んでいた私は、父の提案に「いいよ、自分で買うから!」と木で鼻をくくったような生意気な答え方をしてしまった。言った瞬間の父の顔を見て「しまった・・・」と思ったのだが、時すでに遅し。その時の父の傷ついた顔は30年経った今でも、「同じ断るにしても、もっと言い方があっただろうに!」という自責の念に私を駆り立てる。同じ間違いをしてはいけない。

とは言うものの、私/私たちはすでに20代ではなく50代だ。お義父さんは80近い。気持ちを傷つけたくとは言え、頼る方と頼られる方が逆のような気がするのだが・・・
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://gaudynight.blog.fc2.com/tb.php/1296-8d93d4f2

Comment

LC

わかります。私も人に甘えるのが苦手なので、何度、父親をがっかりさせたことか。
ここはひとつ折れて、お義父さんを喜ばせてあげましょう。
  • URL
  • 2012/02/24 18:08

らうとら

そうですねえ。そうなるかもしれませんね。人の好意に甘えるってのも人間関係をうまく進めるには必要である、のですが、こちらを立てるとあちらが立たずの面もあって、いろいろ「ああ、面倒くさい…」であります。もっともこれはわたしが日本人的にうだうだ考えすぎてるだけで、実はカナダ人はな^んにも気にしてなかったり(こちらを立てるとあちらが…の件ね)するのかも知れませんが。
  • URL
  • 2012/02/26 11:39

とらこ

失礼ながら、お義父様が元気に運転するのはもうあと何年もないでしょう。らうとらさんにとって乗せてもらうのが大変しんどいことでないのなら、ぜひ乗っていってあげたらいいと思います。そうしたら、あとあとらうとらさんにとってもいい思い出になると思いますよ。

らうとら

結局、本日の記事のような妥協案となりました。ははは。お義父さんはほんとに気持ちのいい人で、親切で、だから連れてってもらうのはいやじゃないんですが、家具の買い物の時も、税関の時も、ヴァーモントの時も、いつも連れて行ってもらってるので、なんか悪い気がしましてね。でもま、雪が止むようなら、明日行ってきます。笑
  • URL
  • 2012/02/28 10:17

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

らうとら

Author:らうとら
ドロシー・L・セイヤーズ、ローリー・R・キング、P.D.ジェイムズ、ディック・フランシス、水村美苗、高村薫、戸塚真弓、ヘレン・ミレン、シャーロット・ランプリング、ソフィ・マルソー(40代以降に限る)、ヘレナ・ボナム・カーター、アンジェリーナ・ジョリー、三代目金馬、小さん、枝雀、エンヤ、クイーン、ドゥルス・ポンテス、マドレデウス、J・S・バッハ、ちあきなおみ、トケイ・ピノ・グリ、アール・グレイ、自転車(冬季を除く)、あらゆる犬と猫
以上、私を幸せにしてくれる方々(敬称略)

カテゴリー+月別アーカイブ

 

FC2カウンター