SANA

ケベックシティに行った翌日、SANA(Service d’accueil des nouveaux arrivants:文字通り訳せば、新規到着者受け入れサービス?)に行った。「政府のフランス語教室を探してよ」という私の要請に応じ、雪だるまが検索してくれたのである。当地はなにしろフランス語が第一言語で、フランス語教室の検索すら英語ではろくにヒットしない。勢い、フランス語がわかる雪だるまに頼ることになり、自立度が減る。甚だ遺憾である。「フランス語で検索し、その内容がわかるようなら、フランス語教室は要らんわい」と、フランス語ばかりの検索結果を眺め、ぶつぶつ愚痴る。

当町のSANAは町役場の近くの比較的静かな通りにある平屋の建物で、入り口近くにいた3人の女性が暖かく歓迎してくれたが、残念ながら今季のフランス語教室はあと2回ほどでお終いとかで、編入はかなわず。これから長いヴァカンスに入り、次は9月からだそうである。仕方ない、それまでは自習か。でも夏の間にもピクニックとかSANA主催の行事があるそうなので、メンバーに登録した。ついでに日本語を勉強したい人が見つかったら、ランゲージ・エクスチェンジのアレンジもしてくれると言ったが、こちらは有難いような有難くないような。

経験から言うが、ごく特殊な場合を除いて、ランゲージ・エクスチェンジでは外国語は学べない。母語であるだけでは、その言語を人(外国人)に教えることはできないのだ。その言い方が正しいか否かは言えるが、なぜ正しいのかの説明はできず、相手は訳も分からないまま、その文章を丸呑みするしかない。発音矯正にしたところで、どうやったら正しい音を発することができるのか(口の開け方、舌の位置)、ふつう素人には説明できず、学習者はただ相手の発音を真似しようと無駄な努力を繰り返す。ことに双方が初級者で第三の共通言語がない場合、そのコミュニケートの手段すらないわけで、時間の無駄以外の何物でもない。ランゲージ・エクスチェンジが役に立つのは、双方が中級~上級者で、雑談により語彙の拡大と自然な言い回しの獲得ができる場合だけ。千野先生のおっしゃる通り、語学の習得はかけたお金と時間に正比例するのだ。(あ、今気づいた。SANAのフランス語教室は無料だった。ということは、通っても無駄か? ははは・・・ ←やや力の抜けた笑い)
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://gaudynight.blog.fc2.com/tb.php/1306-90327d84

Comment

とらこ

わたしがドイツで通ったのは難民がたくさんいるほとんど授業料ゼロに近い学校だったですけど、効果はたいへんありましたよ。やっぱりその言葉が話されている国で勉強するのはすごいと思いました。外国語と化粧品は値段が高い方が効果があるというのは、単なる言い訳、あるいはもはや都市伝説だと思います。特にらうとらさんの場合、これからの人生の質にもかかわることだから、ぜひ頑張ってくださいよ!
  • URL
  • 2012/03/26 07:02

らうとら

はい、頑張ります。今日もこれを書き終えたら、DLしたフランス語講座で勉強します。私も教室そのものには期待しているんですよ。そこで会えるであろう人たちにも期待しているし。ただランゲージ・エクスチェンジだけは勘弁。“交流”ということに重点を置くならあれも悪くはないですが、語学習得が目的なら非効率的過ぎと思いますです。
  • URL
  • 2012/03/26 09:44

梨の木

わたしもランゲージ・エクスチェンジは限られたケースを除いて役に立たないと思っています。素人同士で教えあえることは限られていますし、やはりその道のプロに頼って(相手に教えることは考えずに)集中するのが一番効率がいいと思います。

フランスの場合、移民には基礎フランス語の習得を義務づけています。滞在許可証を取る時に語学力不足と判断されると学校に行かされると聞いたことがあります。やはりコミュニケーションできないと社会の一員としては迎え難いんでしょうね。(悪く考えれば受け入れないことの理由にもなります)

まわりがフランス語ですから、きっと始めたら早いですよね。エネルギーを充填して、どうぞ頑張って下さい!
  • URL
  • 2012/03/28 21:48

らうとら

梨の木さん、コメントありがとうございます。お返事遅くなってごめんなさい。短期滞在の駐在員ならともかく、移民(=国民)として受け入れるには、現地語は必須というのは納得できます。書くはおいておくにしても、聞けて話せ、読めないことには、法治国家の一員としては受け入れ難いでしょうから。どうも私は耳が悪いですし、ウチのなかが日英なので進歩は遅いですが、楽しく頑張ります。DLしたフランス語講座、米国人対象のため例文にやや難アリなのが、玉にきずですが。w
  • URL
  • 2012/03/31 08:35

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

らうとら

Author:らうとら
ドロシー・L・セイヤーズ、ローリー・R・キング、P.D.ジェイムズ、ディック・フランシス、水村美苗、高村薫、戸塚真弓、ヘレン・ミレン、シャーロット・ランプリング、ソフィ・マルソー(40代以降に限る)、ヘレナ・ボナム・カーター、アンジェリーナ・ジョリー、三代目金馬、小さん、枝雀、エンヤ、クイーン、ドゥルス・ポンテス、マドレデウス、J・S・バッハ、ちあきなおみ、トケイ・ピノ・グリ、アール・グレイ、自転車(冬季を除く)、あらゆる犬と猫
以上、私を幸せにしてくれる方々(敬称略)

カテゴリー+月別アーカイブ

 

FC2カウンター