眼医者さんに行く 2

信じ難いことだが水曜にまた雪が降り、世界が冬景色に逆戻りした。その前夜にお義父さんから「明日は雪だよ。5センチ積もるよ」と言われた時には、「またあ、人をからかってぇ!」とか思ったのだが、翌朝起きたら庭も屋根も一面まっ白だった。3月末でこれとは、ああカナダよ、こないだの気温20度超えはなんだったのだ?

さて月曜の眼医者殿だが、予約時間は2時20分だったのだが、アシスタント嬢の部屋に通されたのはその1時間後、実際にドクターの顔を見、私の眼に検査用の目薬が落とされたのは4時ちょうどだった。病院で診察時間がずれこむのは、どうやら世界共通のようだ。

ただし時間はずれ込んでもストレスが少なかったのは、受付や担当アシスタント、医師などがみな感じよく、親切だったから。ことに最初に視力検査と眼圧の検査をしたアシスタント嬢は、幸運にも英語を話す人だったうえ大変茶目っ気もある人で、現状説明で私が「左目の像はぼんやりしているうえ歪んでいて、垂直線は視野の真ん中で内側に曲がって見える。たとえばこんな感じに」と両手で線が曲がる様子を示してみせると、「あら! それだと私の場合、身体の線は理想的になるけど、顔は困るわね」と笑うし(アシスタント嬢は背が高く、大変ほっそりした身体つき=カーヴィーではないw)、香港の眼科医からの紹介状(英語)と血液検査の結果(中・英併記)を渡すと、「おもしろいから、この中国語のを一番上に置いとくわ。読めなくてきっとびっくりするわよ」とファイルの一番上に中国語の書類を乗せ、こちらにウィンクするといった具合。おかげで事前検査の間中、雪だるまも私も笑ってばかりで、かなりリラックスできた。

ちなみに肝心の診察結果は担当のドクターSによると、左目の白もや&視力低下は眼球の血管の腫れによるものと思われ、したがってこの腫れが引けば視力が改善する可能性があるかもしれないとのこと。来週まず1度、腫れの軽減に効果があると認められている薬を注射して反応を見てみることになった。現状、左目の白もや&像の歪みで右目の像までチラついたり歪んだりしており、そのため字が読みづらく、かつ非常に目が疲れやすくなっているので、可能性がかなり低くても改善の見込みがあるのなら、やってみる価値はあると思う。駄目もと。

ついで私が最も恐れていた右目に左目と同じ症状が発生する可能性については「こういった症状は圧力(眼圧?)が高い場合起こりやすく、現状では両目とも圧力は正常なので、発生する可能性は低い」との見解。私としては左目の症状改善の可能性の示唆より、こちらの方がよほど有難かった。たとえ左目がだめになっても、右目が残るなら私は何とか生きていける。意気地のない私はこの1か月、右目もだめになったらどうしよう?と、夜中に目が覚めてしまった時など、恐怖に身のすくむ思いだったのだ。

さらに有難いことに、私たちが隣町から来ていることを知ると、ドクターは今後の治療&検査をすべて地元の病院でできるよう手配してくれた。実のところ彼は週一で当町の病院に来ているのだそうで、だからこそ手配が可能なのだが、目の調子のよくない私が40分運転して隣町まで行かなくて済むのは有難い。当町の病院ならウチから10分程度。暖かければ自転車でも行ける距離なのだ。おまけに病院から電話が行ったので、私のメディカルカード発行も早まりそう。すでに1月に申請はしてあったのだが、病院からの電話に担当氏は「添付のビザ書類が不鮮明。もう1回ファックスで送って」との要請。2か月以上経つ今まで不鮮明さに気付かなかったのか?と思わないではなかったが、おとなしく翌日郵便局からファックスを送付。しばらくしてウチに電話があり「今回は鮮明。発行手続きするから」とのお言葉。やれやれだが、文句を言っても始まらない。

以上、眼医者の顛末。少しずつしか作業できないので、これだけ打つのに3日もかかってしまった。たはは、である。
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://gaudynight.blog.fc2.com/tb.php/1308-18764477

Comment

とらこ

眼圧についてなんですけど、世界的には正常値でも日本人としては高いということもあるのでご注意を。わたしの眼圧は17ぐらいで、世界的には正常の範囲内だそうですけど、日本人としては異常に高く、結果、立派に緑内障なのです。体温なんかも西洋人と東洋人ではやや違うらしいですね。
とにかくどうぞお大事に。

らうとら

うーん、その辺難しいですよね。もうちょっと都会だといろんな人が受診するので、医師の方でも人種(この概念に疑義があることは、ちょっと置いといて)による違いに注意を払っているかもしれませんが、ここはなにしろコケイジアンばっかりですからねえ。日本で受診することもずっと頭にあるのですが、それにはまず日本に行かなければならないし、滞在先も問題で。一句「母国での居場所に事欠く移民かな」
  • URL
  • 2012/04/04 10:14

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

らうとら

Author:らうとら
ドロシー・L・セイヤーズ、ローリー・R・キング、P.D.ジェイムズ、ディック・フランシス、水村美苗、高村薫、戸塚真弓、ヘレン・ミレン、シャーロット・ランプリング、ソフィ・マルソー(40代以降に限る)、ヘレナ・ボナム・カーター、アンジェリーナ・ジョリー、三代目金馬、小さん、枝雀、エンヤ、クイーン、ドゥルス・ポンテス、マドレデウス、J・S・バッハ、ちあきなおみ、トケイ・ピノ・グリ、アール・グレイ、自転車(冬季を除く)、あらゆる犬と猫
以上、私を幸せにしてくれる方々(敬称略)

カテゴリー+月別アーカイブ

 

FC2カウンター