夢の車

  • 2012/05/23 09:45
  • Category: 雑記
雪だるまは先週から自動車学校(École de conduite)に通い始めた。毎週1回2時間の授業である。私は雪だるまを学校へ送り届け、授業中は近所で時間をつぶし、終了時間を見計らってまた学校に戻って授業を終えた雪だるまを拾うという、まるでお稽古事に通う子供を送迎する教育熱心な母親のような役割を演じる。学校がウチから遠く、自転車では40分以上かかってしまうのでやむを得ない。毎週1回、1年間のお抱え運転手業務。夏の日差しに備え、白手袋と帽子でも買おうかしらん。

ところで授業に参加した雪だるまによると、午後4時-6時のクラスに通うのは総勢10人。雪だるま以外は全員16、7歳のハイスクールキッズで、20歳以上の生徒は雪だるまだけだそうである。自分の3分の1ほどの年齢の子どもたちに囲まれて授業を受けるのはさぞや居心地が悪いだろうと思うが、こればかりは仕方がない。ここは車がなければ仕事はおろか、まともに買い物すら行けない北米の田舎。二十歳を過ぎて無免許の人間などいるはずがないのだから。

ちなみに第1回の授業では最後に“アクティヴィティ”と称して、生徒それぞれに自身の“ドリームカー”と、その車を選んだ理由を発表させたそうなのだが、なにしろ全員生意気盛りのハイスクールキッズたちゆえ、出てきた車はランボルギーニやフェラーリ、ドッジ・チャージャーといったいかにもワカモノらしい、ギンギンにフラッシーな車ばかり。選んだ理由も「クール」「速い」「目立つ」といった、格好つけたくて仕方がない年頃のティーンエイジャーらしいものだったそうだが、その中で唯一のオジサン、雪だるまが挙げたのは「ヒュンダイのジェネシス」。日本車だったらトヨタのクラウンを挙げたようなもので、聞いた私は「もっと他になかったの?」と、余りにも身の程を知った、地に足がつきすぎた選択に嘆息。

いい年をした中年のオッサンが高校生並みにランボルギーニを挙げるのも困りものだが、“夢の車”を聞かれているのだから、マイバッハとまではいかずとも、せめてジャグワァとかベントレーとかって選択はなかったのかね、雪だるまよ。
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

まとめtyaiました【夢の車】 from まとめwoネタ速neo

雪だるまは先週から自動車学校(École de conduite)に通い始めた。毎週1回2時間の授業である。私は雪だるまを学校へ送り届け、授業中は近所で時間をつぶし、終了時間を見計らってまた学
  • 2012/05/23 16:32

Trackback URL

http://gaudynight.blog.fc2.com/tb.php/1325-3888c7ff

Comment

legalcat in kobe

雪だるまさんのお答え、逆の意味で(?)面白すぎて爆笑してしまいました。
左右認識困難症ゆえ、免許を持たないわたくしめのドリームカーは貴婦人のようなジャグァでございます。
  • URL
  • 2012/05/23 12:16

らうとら

ジャグァ美しいですよね。車にはおよそ関心のない私ですら、道に停まっているのを見ると「あ!」と目を引かれるくらいですから。ただし私自身の夢の車はピックアップトラックですけど。笑
  • URL
  • 2012/05/24 20:30

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

らうとら

Author:らうとら
ドロシー・L・セイヤーズ、ローリー・R・キング、P.D.ジェイムズ、ディック・フランシス、水村美苗、高村薫、戸塚真弓、ヘレン・ミレン、シャーロット・ランプリング、ソフィ・マルソー(40代以降に限る)、ヘレナ・ボナム・カーター、アンジェリーナ・ジョリー、三代目金馬、小さん、枝雀、エンヤ、クイーン、ドゥルス・ポンテス、マドレデウス、J・S・バッハ、ちあきなおみ、トケイ・ピノ・グリ、アール・グレイ、自転車(冬季を除く)、あらゆる犬と猫
以上、私を幸せにしてくれる方々(敬称略)

カテゴリー+月別アーカイブ

 

FC2カウンター