いちごチーズケーキアイスクリーム

日曜日のお義父さんの80歳お祝いパーティは盛況のうちに終了したが、最後のお客様(ジェリーだ)が帰ったのが夜中の1時過ぎで、朝から仕上げの掃除やら料理やら会場準備やらでばたばたと走り回っていた私はさすがに疲れて、翌月曜は一日ソファに座り込んでぼおおっと過ごし、ジムにも行かなかった。

火曜からは通常営業に戻ったが、有難くも久しぶりに仕事を頂戴してしまったので、限られた視力の大部分をそちらに振り向けており、ふと気が付けばすでに1週間ブログを更新していない。あんまり休むとますます書けなくなるので、このあたりでひとつ埋め草記事をアップ。お題はパーティのために作ったアイスクリーム。

材料を混ぜた段階では辟易するほど甘くて「いやあ、これはちょっと・・・」と思っていたのだが、凍らせてみたらくどかった甘さがいくぶん和らぎ、かなりおいしいアイスクリームに変身した。作り方自体は超簡単。わたしは雑誌のクラフト社広告ページに載っていたのを見て作ったのだが、その後クラフトのウェブサイトを見たら、当然ながらそちらにも載っていたので一応コピペ (ここです)

要するに、①軟らかくしたフィラデルフィアのクリームチーズ1箱(8オンス:約227g)、加糖コンデンスミルク1缶(14オンス:約414㏄)、生クリーム(約70㏄)、レモンの皮のすりおろし(小さじ2:約レモン2個分)をミキサーでよく混ぜる ②冷凍庫で4時間ほど、ちょっと軟らかさが残っているくらいまで凍らせる ③取り出して、ミキサーでクリーム状になるまで混ぜる ④イチゴ(1.5カップ)を混ぜ込む ⑤粗く砕いた“HONEY MAID”ブランドのグラハムクラッカー3枚を混ぜ込む ⑥冷凍庫で8時間、または固まるまで凍らせる ⑦盛り付ける15分前に冷凍庫から取り出す

フィラデルフィアブランドのクリームチーズは、米国では8オンスのパッケージで売っているのかもしれないが、ここカナダでは250gパッケージで売っている。したがってレシピに正確に従うなら23gほど削り取らねばならないのだが、そんな馬鹿馬鹿しいことはようせんので、私はそのまま250gで作った。チェックしたところ日本では200gパッケージで売っているらしいが、この場合も足りない27gのために2箱買う必要はないと思う。もちろん「ベーグルに塗って食べる」など他の用途がある場合には、ぜひ2箱お買い求めください。なにしろレシピ提供はクラフト社なので、お礼の意味を込め一応売り上げに貢献せねば。

コンデンスミルクも同様。米の液量オンスは1オンス=約29.57㏄という半端さなので、これもお近くで手に入るコンデンスミルクのパッケージによって、適宜ご調整ください。イチゴの1.5カップというのも、米国の1カップは236.64㏄なので、200㏄カップをお使いの場合は、大目に入れた方がよろしいかと。ちなみに私は250㏄カップを使用しておりますが、たっぷり2カップくらい入れました。ただしイチゴは高かったので、実際に入れたのは冷凍ベリーミックス(イチゴ、ブルーベリー、ラズベリー、ブラックベリーの4種混合)ですが。^^;

というようにかなりいい加減に作っておりますが、そもそもこれは焼き菓子ではないので、分量はおおよそ正確であれば味やできあがりに影響はないと思います。クリームチーズも、かなり軟らかくしてからミキサーにかけても結構つぶつぶが残りますが、凍ってアイスクリームになった段階では舌につぶつぶ感が残ることもなく、大勢に影響なし。律儀につぶつぶが消えるまで延々ミキサーにかけなくてもだいじょうぶです。

最後に入れることになっているグラハムクラッカーですが、これは手に入るなら入れた方がよいかも。私自身は「どっちでもいいじゃん」と思っていたのですが、お客様の一人が「グラハムクラッカーが入ってるのね。おいしい!」とわざわざコメントしていましたから。ちなみに“HONEY MAID”というのはクラフト傘下のナビスコ社のブランドで、これも一応レシピの知的財産権に敬意を表して、敢えて太字で表記しました。知的財産権は大事であります。たとえアイスのレシピでも
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://gaudynight.blog.fc2.com/tb.php/1338-d3289fa9

Comment

Amei

該当品、または代替品は近場でほとんど調達できそうなんですが、一番入手性が悪いのはレモンかなーと思いました。皮をすりおろしてつかえる(=無農薬・低農薬)品は、近所にはなかなか売ってないのでございます。でも作ってみたくなりました。
  • URL
  • 2012/07/30 14:18

らうとら

んー、その場合はレモンなしでも、まあいけると思います。凍らせる前の段階では、けっこうレモンの香りが立っていたのですが、凍らせて食べる段階になったら前面に立ったのは(当然ながら)チーズ、ミルク、ベリーで、レモンはほとんど感じませんでしたから。そういえばウチの場合は老い先短い年寄りばかりの集まり(平均年齢70×歳!)だったので気にしませんでしたが、未来を担う青少年がいる場合は無/低農薬かどうかは気になりますわな。心配だったら、レモンなしで作ってみて。
  • URL
  • 2012/07/31 20:26

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

らうとら

Author:らうとら
ドロシー・L・セイヤーズ、ローリー・R・キング、P.D.ジェイムズ、ディック・フランシス、水村美苗、高村薫、戸塚真弓、ヘレン・ミレン、シャーロット・ランプリング、ソフィ・マルソー(40代以降に限る)、ヘレナ・ボナム・カーター、アンジェリーナ・ジョリー、三代目金馬、小さん、枝雀、エンヤ、クイーン、ドゥルス・ポンテス、マドレデウス、J・S・バッハ、ちあきなおみ、トケイ・ピノ・グリ、アール・グレイ、自転車(冬季を除く)、あらゆる犬と猫
以上、私を幸せにしてくれる方々(敬称略)

カテゴリー+月別アーカイブ

 

FC2カウンター