雨にも負けず、虫にも負けず

本日、土曜。1日どんより曇り空だったにもかかわらず先ほどから雷雨。これでもう5日連続雨。晴れるのも降るのもやや極端な今年の夏である。デッキに置いてあるユッカは、鉢から水があふれている。困ったもんだ。傘でも差し掛けた方がいいかしらん。

しかし天気の悪さに負けてはおれない。降ろうが照ろうが8月は8月。8月の次は9月で、その次は10月だ。10月には大量の球根植えが待っているのだ。というわけでこの数日間、雨にも負けず、虫にも負けず(夏場はヒトが外に出ると、とたんに黒い羽虫のようなものがわんわんと寄ってくる。朝夕や雨上がりが特にひどい。目や口に入り込みそうになる上、中には刺すものもおり、刺されるとこれがまた痒い。誠にやっかいなり) 花壇の拡幅工事に励む。この春作ったアメーバ花壇の横にぽつりと植えられている青樅を中心に半円形に芝をはがし、新しい花壇を作っているのである。ここは来春、ピンク系を中心に100本のチューリップが咲く予定なのだ。チューリップはタネではなく球根だし、194年の歴史を誇る、園芸家の信頼厚い球根専門店から買うんだから、たぶん、まず間違いなく発芽&開花するだろうと踏んでいるのだが、書いていたら今さらながら心配になってきた。青樅の根に邪魔されて、開花しなかったらどうしよう?急遽、一年生植物のタネでも蒔くんだろうか。ま、プランBも考えておこう。

上に書いた“194年の歴史を誇る、園芸家の信頼厚い球根専門店”というのは、先日Canadian Gardeningの付録でカタログがついてきたBRECK'Sという球根専門店である。美しく盛り沢山なカタログだけでもこちらの関心を買うのに十分であるのに、なんとこのカタログにはクーポンがついていて$75以上買うと、$35の割引き。$115以上買うと、さらに$15の割引きで、計$50の割引きになる! 生来“SALE!”とか“割引”とかの文字にめっぽう弱い私は当然このエサにひっかり、あれこれさんざん悩んだ末、チューリップだの、ユリだの、アリウムだの、120ドル以上注文した。折り返し送られてきた確認メールによると、当地に合わせ9月末頃に出荷してくれるそうである。注文した中で特に楽しみなのがこれ。↓ 私はどうも、何が出てくるかよくわからない、びっくり箱的なのに気が惹かれるようである。


           

     Early Summer Blast Mixture バタフライ・チューリップとか、ファイヤークラッカーとか
     楽しいいろいろなまぜまぜ

スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://gaudynight.blog.fc2.com/tb.php/1342-cdbeba1f

Comment

とらこ

こないだリスの写真のとき、カナダでも網戸があるんだなぁと感心したのですが、やっぱり虫はいろいろいるんですね。ドイツではたしか網戸という無粋なものはなかった気がします。夏はよく庭のテラスで食事したけれど、蚊などの虫は来なかったです。森の中を散歩しても虫さされしなかった。これって考えてみればすごいことですよね。やっぱり老後に住むのはドイツかなぁ(笑)。今の家にも小さいテラスがあるのですが、夏は蚊がひどくてテラスには3分といられません。
この頃、日本って台風とか地震とか自然災害がすごくて住みにくい国だなぁと痛感してます。でもやっぱりわたしは住むしかないのですが。(あとは西日本に移住するかどうかを熟考中。)
  • URL
  • 2012/08/12 10:36
  • Edit

らうとら

わあ、ドイツには虫がいなかったのですか? それはすごい! ここは何しろ田舎なもので(裏は全然手入れをしていない林だし)かわいいチッピーズや、よい声で啼く野鳥もいる代わり虫もいろいろいるのであります。この間は瞼を刺され、しばらく目がうまく開きませんでした。したがって、開く窓にはすべて網戸がついています。今「開く窓」と書きましたが、ここは冬寒いせいで、はめ殺しの開かない窓が多いんですよ。窓が3つくらい並んでいても、開くのはたいてい1か所だけ。日本では開かない窓なんて考えられなかったんだけど。
私も独り身になって日本に帰るとしたら、今度は関西に住みたいなあと思っています。とらこさんの「西日本」て具体的にどこかお考えですか?
  • URL
  • 2012/08/17 09:19

とらこ

ドイツも虫が全然いないわけじゃなくて、庭の地面に座っていたら刺されて痛かったことが一度だけありました。でも蚊はいなかったと思うんですけどねぇ。でも最近、記憶がいいかげんになってきてるんですけど。
西日本に住むのなら、夫とわたしのどちらかの出身地でしょう。広島か高松か。夫は最近、後者が気に入っているようです。らうとらさんはどこに住みたいですか?近所に住んでフランス語をおしえてほしいなぁ。
  • URL
  • 2012/08/17 10:37
  • Edit

らうとら

高松かあ、四国って行ったことないのですけど、いいとこですか? あったかくて、魚と野菜がおいしくて、買い物が歩いて行ける範囲で全部済むようなところだったら、いいなあ。わたしがぼんやり考えていたのは神戸のあたりなんですけどね。07年に行った時、ほどよく都会なのにこじんまりしてていいとこだなあと思ったもので。小学校時代からの友達もあの辺りに住んでますしね。まあ神戸辺りは不動産が高いから、半分は夢物語なんですけど。あ、それからフランス語は無理ですよ。ケベックに10年住んでも、教えられるほどにはならないと思う。だって家で使ってないんだから。ははは。
  • URL
  • 2012/08/29 08:40

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

らうとら

Author:らうとら
ドロシー・L・セイヤーズ、ローリー・R・キング、P.D.ジェイムズ、ディック・フランシス、水村美苗、高村薫、戸塚真弓、ヘレン・ミレン、シャーロット・ランプリング、ソフィ・マルソー(40代以降に限る)、ヘレナ・ボナム・カーター、アンジェリーナ・ジョリー、三代目金馬、小さん、枝雀、エンヤ、クイーン、ドゥルス・ポンテス、マドレデウス、J・S・バッハ、ちあきなおみ、トケイ・ピノ・グリ、アール・グレイ、自転車(冬季を除く)、あらゆる犬と猫
以上、私を幸せにしてくれる方々(敬称略)

カテゴリー+月別アーカイブ

 

FC2カウンター