仏語クラス

  • 2012/10/21 09:32
  • Category: 言葉
先週からフランス語の授業が始まった。生徒は10人くらい。平日の昼間の授業なので、仕事のある人は来られたり来られなかったり出席はばらばらだが、それでも毎回7-8人は来ている。生徒の仏語レベルは「どこから来たの?」と聞かれてもわからない超初級から、ある程度の語彙と文法力があり会話が成り立つ中級まで、これまたばらばら。

初級、中級とクラス分けできるほどの生徒数がいないのだから仕方ないのだが、マルチレベルクラスというのは教える方も教わる方も結構大変だ。初めての生徒に合わせて初級文法の説明に終始しているとわかる生徒は退屈してしまうし、わかる生徒に合わせてニュースなど取り上げると、初級者は口を開けてぽかん…状態になる。週2回、3時間ずつの授業で、両者を満足させ、かつ仏語力を伸ばしていくような授業を考えるのは、本当に大変だろうと思う。しかも基本的に他言語を介さず、仏語を使って仏語を教えるダイレクトメソッドなので、初級者にとっては簡単な文法の説明ですら、先生の言っていることが半分くらいしかわからず常にもやもや。なかなかにもどかしいのである。

しかしこれも生徒の出身国がばらばらで、何か国語にもわたるそれぞれの母語を使って説明するなんてことは不可能なのだから仕方がないのだ。ちなみに一番多いのは中南米のスペイン語圏(メキシコ1、キューバ1、ドミニカ1、チリ2)、以下英語(北アイルランド1、カナダのブリティッシュコロンビア州1)、デンマーク1、フィリピン1、中国1、日本1といった具合。デンマークとフィリピンは英語堪能なので英語組に入れてもいいのだが、まあ一応。

このうちスペイン語話者はクラスの半分を占めているうえ、明るく賑やかな人が多いので、クラスでは時々スペイン語の花が咲く。聞いていると文法構造も語彙もフランス語とよく似ているようで、簡単な置き換えでするりと理解できるようだ。「まあなー、同じラテン語系だもんなー、楽だよなー」とかなり羨ましい。仏語と全くなんの関連性も共通性もないアジア系言語を母語とする私と張さん(中国出身)は、そうした彼らを横目で見ながら、それぞれ自国で買って来た文法書をせっせと参照。ともに初級の私たちは、こうでもしないとすぐに溺れる。張さんなど昨年のクラスにも参加していたのだが、本人曰く「いまだしどろもどろ」で、長い会話が成り立つところまではいっていないそうだ。

まあ、もともと週2回、3時間ずつしかないクラスだけでフランス語が喋れるようになどなるわけはなく、結局のところクラスは動機づけというかモチベーションの維持というか、要するに補助装置であとは自己努力。はるか大昔から言われているように語学に王道はなく、初級は特に地道に自分で勉強して単語を増やし、文法を習得していくしかないのだ。

ということは過去の経験からもよーくわかっているのだが、これがなかなか。その後の生活(=就職)がかかっていたかつての中国語学習に比べ、不便なだけで食うに困るわけではない仏語学習は、どうも今ひとつモチベーションが上がらないでいる。なにか庭仕事とか編み物とか、共通の趣味があるオトモダチでもみつけて、士気高揚させるべきだろうか? あるいは近所に住んでいる叔母さん3人を順番に回って、お喋りの相手をしてもらうとか? 年齢が近く、一番気兼ねがない従妹ソフィに新しい彼氏ができてしまったのは誠に残念。彼氏がいなかった時には、気軽に遊びに行けたんだけどねえ。
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://gaudynight.blog.fc2.com/tb.php/1357-26674f29

Comment

やまけろ

右目、調子が悪かった原因も分かって改善されたようで良かった。

フランス語の授業に行かれるようになったのですね。マルチレベルのクラスって、、、難しいでしょう。ワタクシもフランス語表記の編み図を読み解きたい一心で教室に通いましたが、初心者クラス希望者が居ないため中級者クラスに放り込まれて90分週2回、初回の一ヶ月でギブアップしました。会話してたら分かるようになりますよ、って言われても、四六時中話してるわけでもないし食うに困らないと無理ですよね。

らうとら

はい、おかげさまで右目、だいぶましになりました。涙点プラグ、人工涙液、温湿布(ドクターの指示)のそろい踏みは結構効果的です。
そうですか、やまけろさんも仏語クラスに通われましたか。中級クラスに放り込まれたって、急にわかるようになんかなりませんよねえ。当該言語に日々囲まれ、生活がかかっている移民ですら、ある程度のコミュニケーションが成り立つようになるまでには、結構時間がかかるのだから。ところで仏語の編み物本、おもしろそうですね。やっぱり英語のみたいに「k2,yo,k2together,yo...」とか書いてあるんでしょうか? 今度ウォルマートの毛糸売り場に行ったら、立ち読みしてみます。(そう、当地はウォルマートの本、雑誌も仏語ばかりです。TT)
  • URL
  • 2012/10/23 20:22

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

らうとら

Author:らうとら
ドロシー・L・セイヤーズ、ローリー・R・キング、P.D.ジェイムズ、ディック・フランシス、水村美苗、高村薫、戸塚真弓、ヘレン・ミレン、シャーロット・ランプリング、ソフィ・マルソー(40代以降に限る)、ヘレナ・ボナム・カーター、アンジェリーナ・ジョリー、三代目金馬、小さん、枝雀、エンヤ、クイーン、ドゥルス・ポンテス、マドレデウス、J・S・バッハ、ちあきなおみ、トケイ・ピノ・グリ、アール・グレイ、自転車(冬季を除く)、あらゆる犬と猫
以上、私を幸せにしてくれる方々(敬称略)

カテゴリー+月別アーカイブ

 

FC2カウンター