日本上陸

  • 2012/10/24 21:39
  • Category:
今朝いつもどおり寝ぼけ眼でニュースサイトに飛んだら、「キンドル、日本上陸!」がトップニュース。「おお、とうとうか!」と普段ニュースは見出しくらいしかチェックしないのだが、こればかりは本文や関連記事まで読み、ついでアマゾンサイトまで行ってみた。

各端末の実際の発売は11月からのようだが、コンテンツを配信するキンドルストアは明日25日からのようで、開店(?)したら覗きに行ってみたし。昨年以来、読書量が激減している私ではあるが、本を全く買わなくなる日が来るとは思えず、電子書籍が端末、コンテンツとも豊富になるのは大変喜ばしい。なにしろ送料を気にしなくていいうえ、読みたい!と思ったその瞬間に読めるのだ。日本国内に住んでいるのならばどちらも大したメリットではないだろうが(日本国内の場合、通常配送なら送料無料だし、よほど不便な地に住んでいるのでない限り1-2日で届くのだから)、時として本代以上に送料がかかり、といって安い船便など選べば(アマゾンには船便の選択肢はないが他店にはある)届くまでに1か月はかかる。1か月も経ったのでは、当の本に対する興味はかなりしぼんでしまっており、「ああ、そういえばこれ頼んだんだっけ・・・」とかなり熱のさめた反応になることもしばしば。

それに加え、電子書籍は字の大きさを変えられる。先日久しぶりに昭和中期発行の文庫本を取り出し、読もうとしてその活字の小ささにメガネのほかに拡大鏡も持ち出さざるを得なかった私としては、楽に富める大きさに字を拡大できるのは大変ありがたい機能だ。(ちなみにその拡大鏡は日本製で“文庫三昧”という名前。いや、なるほど・・・の命名なり) ついでにいえば字を大きくできるということは、本の中の図版なども拡大できるはずで、手仕事派の私としてはこれもまた有難い限り。なんたって最近、編み図が見えんのだ。各種記号がちりばめられた編み図を見ていると、あっという間に目がチカチカしてくる。この間は仕方なく、自分で編み図を書き直した。小さい模様編みだったからそんなこともできたが、これがセーターとかの全面模様だったら、そんなことは到底無理である。書き直しているうちに写し間違え、わけのわからん模様になるのがオチだ。

紙の本には紙の本なりのよさがあることは十分承知しているが、それでも上記3点は私にとっては大きなメリット。「キンドル買おうかな~」とるんるんしていたら、雪だるまに「キンドルで買えるのは当該書籍を読む権利だけで、書籍そのものを買っているわけではない。しかもアマゾンはいつでもその権利を取り上げることができるのだ」と言って、わたしのるんるんに水を差した。以下、英紙ガーディアンの記事と、Simon Phippsさんのブログ。(めんどくさい場合は「ノルウェー女性、キンドル」とかの語で検索すると、日本語記事がヒットすると思います) すみませんが目が疲れたので、あとはまた後日。

http://www.guardian.co.uk/money/2012/oct/22/amazon-wipes-customers-kindle-deletes-account

http://blogs.computerworlduk.com/simon-says/2012/10/rights-you-have-no-right-to-your-ebooks/index.htm
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://gaudynight.blog.fc2.com/tb.php/1358-09940be4

Comment

Amei

「ノルウェー女性、キンドル」でググると、あなたのサイトが四番目だよー

アップルストアでも同じような問題が起きているようですね。A国で買ったデバイスをB国で使ってて、
ダウンロードできなくなったりとかクレカが使えなくなったりとか。

アマゾンUSマーケットプレイスでも香港クレカを受け付けてくれないところは結構あるなあ。
  • URL
  • 2012/10/25 09:59

らうとら

ひょえー、それは大変失礼しました。まさかそんなことになるとは思いませんで。でも今(27日朝)ググると拙サイトは1ページ目には出て来ず、他のお役にたつサイトがトップに来ているのでだいじょうぶでありましょう。
キンドル、多少リスクはあっても欲しいよねー。引越の時も、旅行の時も便利だもんね。わたしクリスマスプレゼントにねだろうかと思ってたんだけど、上記雪だるまの反応では無理っぽいなあ。
  • URL
  • 2012/10/27 20:08

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

らうとら

Author:らうとら
ドロシー・L・セイヤーズ、ローリー・R・キング、P.D.ジェイムズ、ディック・フランシス、水村美苗、高村薫、戸塚真弓、ヘレン・ミレン、シャーロット・ランプリング、ソフィ・マルソー(40代以降に限る)、ヘレナ・ボナム・カーター、アンジェリーナ・ジョリー、三代目金馬、小さん、枝雀、エンヤ、クイーン、ドゥルス・ポンテス、マドレデウス、J・S・バッハ、ちあきなおみ、トケイ・ピノ・グリ、アール・グレイ、自転車(冬季を除く)、あらゆる犬と猫
以上、私を幸せにしてくれる方々(敬称略)

カテゴリー+月別アーカイブ

 

FC2カウンター