ガッカリ

  • 2012/10/28 20:42
  • Category:
キンドルのお話の続きだが、amazon.jpを覗いてみたら、すでに「米版キンドルで日本語書籍DL可能か」、「日米でのアカウント統一可能か」といった、日本語本も英語本も読みたい方々からの多数の質問が寄せられていた。

ショックだったのは“秀太郎さん”がアップしてくださった下記コメント(失礼して全文コピペ)
「私も海外在住で、以前から日本語書籍が買えたら最高と思っていました。
アマゾンジャパンにメールで早速質問したところ、キンドル本体は日本で買っても、
残念ながら海外から日本語コンテンツの購入はできないとこのことです。
理由は述べてくれなかったです。
多分実際に買おうとすると『あなたの国から購入はできません』とエラーがでるかと。
これはキンドルだけの話ではないので、日本の出版業界の規制が関係しているのではないでしょうか。
ガッカリです」

おっしゃるとおり、まったくガッカリである。
日本先行販売とかの書籍ならいざしらず、一般の書籍も国外からは買えないのでは、電子書籍の存在意義の半分は失われると思うのは、海外在住者の自己中心的僻みか。2011年現在約120万人に達する海外在留邦人マーケットは/在留邦人の「日本語の本よみたい!」の熱い思いは、日本の出版業界には届かないのか。

いずれにしても現状キンドルは私どもにとっては無意味。紙の本を買い続けるしかないのねん。
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://gaudynight.blog.fc2.com/tb.php/1359-af49b2c7

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

らうとら

Author:らうとら
ドロシー・L・セイヤーズ、ローリー・R・キング、P.D.ジェイムズ、ディック・フランシス、水村美苗、高村薫、戸塚真弓、ヘレン・ミレン、シャーロット・ランプリング、ソフィ・マルソー(40代以降に限る)、ヘレナ・ボナム・カーター、アンジェリーナ・ジョリー、三代目金馬、小さん、枝雀、エンヤ、クイーン、ドゥルス・ポンテス、マドレデウス、J・S・バッハ、ちあきなおみ、トケイ・ピノ・グリ、アール・グレイ、自転車(冬季を除く)、あらゆる犬と猫
以上、私を幸せにしてくれる方々(敬称略)

カテゴリー+月別アーカイブ

 

FC2カウンター