お間違い

先々週の日曜から、トップダウン、Vネック、ラグラン袖のセーターを編み始めたのだが、1玉以上編んだ火曜になってやっと、増やし目の場所を間違えていたことに気付いた。首から編み始めるトップダウンセーターなのだから、ラグラン線の両側で均等に増やし目していくに決まっているのに、なぜか私は(k1、yo、k1/表目、掛目、表目)の最後のk1で増やし続け、結果ラグラン線の片側だけ異様に増えていく、何が何だかわからないがとにかくセーターには絶対になり得ないぞ!なものを編んでしまい、しばし呆然。50段近く編んだ後だったので、何とかこのままほどかずに軌道修正する方法はないかとあれこれ考えたが、そんなうまい話があるはずはなく、結局「ばか、ばか、ばか!」と自分を罵りながら全部ほどいた。

増やし目の位置を間違えたのは、編み方のどこにも「ラグラン線の目印であるステッチマーカーは、増やし目の後、yoした目の次に移動させること」という指示がなかったからで、たぶんあまりに当たり前のことなので書いてなかったのだろうと思うが、この手のセーターを編むのは初めての私はそれがわからなかった。ために1段目でラグラン線の目印に入れたマーカーは、以降、奇数段で(k1、yo、k1)の増やし目のたびに移動されることなく最後のk1の次に置かれたままになってしまい、よってラグラン線(yoの目)の両側ではなく片側だけが倍の勢いで増やし目されて扇の如く広がり、回転するプロペラのような“セーターではないもの”に変貌を遂げた次第。

間違いがわかった今から見れば「あほかいな、まったく・・・」のお間違いなのだが、初心者とはそんなもの。それに同じRavelryのフリーパターンでも、日本の方がお書きになったパターンは親切で、懇切丁寧にrm、pm(=remove marker、place marker)の指示がある場合が多い。このセーターの前にそうしたパターンのひとつ、violettaさんの“Hinagiku Hat” を編んでいた私は、マーカー移動が必要な場合は指示があるものだと思ってしまっていたことも敗因のひとつか。(ちなみにこのHinagiku Hatは3目1度のデイジーステッチの編み地が楽しく、しかも大変暖かい。カナダで暖かいと感じるのだから、日本だったら十分以上に暖かいと思う。お薦めである) 

何にしても1玉経過時点で気づいてよかった。まあ、いくらのろまな人でもVネックの片側だけ異常に大きく広がっていたら、気づかずにはおれないだろうけれど。
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://gaudynight.blog.fc2.com/tb.php/1364-ab01eb32

Comment

とらこ

編みものができるほど目の調子が良くなってよかったです!

らうとら

とらこさん、ありがとうございます。PC作業や読書に比べると、編み物は目の疲れが少ないんですよ。すごく複雑な模様編みやカラーワークをするのでない限り、だいたい見えてれば後は指がやってくれますから。それに単調な作業の繰り返しはメディテーションみたいで、精神の平静、安寧を保つのにもいいのであります。そしておまけに出来上がったものを身に付ければ暖かい。現在も手編みの靴下&腰巻で武装しております。
  • URL
  • 2012/12/01 21:34

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

らうとら

Author:らうとら
ドロシー・L・セイヤーズ、ローリー・R・キング、P.D.ジェイムズ、ディック・フランシス、水村美苗、高村薫、戸塚真弓、ヘレン・ミレン、シャーロット・ランプリング、ソフィ・マルソー(40代以降に限る)、ヘレナ・ボナム・カーター、アンジェリーナ・ジョリー、三代目金馬、小さん、枝雀、エンヤ、クイーン、ドゥルス・ポンテス、マドレデウス、J・S・バッハ、ちあきなおみ、トケイ・ピノ・グリ、アール・グレイ、自転車(冬季を除く)、あらゆる犬と猫
以上、私を幸せにしてくれる方々(敬称略)

カテゴリー+月別アーカイブ

 

FC2カウンター