雪やこんこん

例の雪で学校が休みになった翌週の月曜も未明から雪となり、しかもけっこうな降りだったが学校は休みにならなかった。よって登校。この雪は授業中も降り続き、私も時々窓外を眺めては「まだ降ってるなあ」とぼんやり思ってはいたが、いまだ雪慣れしていない私は、この意味するところを十分わかっていなかった。

わかったのは3時間の授業が終わり駐車場に出た時である。露天の駐車場に置き去りにされた我が愛しの赤いエラントラは、他の多数の車と共に3時間熱心に降った雪に埋まり、半分方見えなくなっていた。

「ひょえー」と思ったが、すごい!と感心して口を開け突っ立っていては家に帰れないので、トランクから除雪ブラシを取り出し、雪かきを始めた。まず前が見えなくては話にならないのでフロントウィンドウから始めたが、上の方はともかく下の方は霜氷になってウィンドウにくっついていて、なかなか取れない。他の窓も同様。必死でガリガリ霜氷落としに励むが、そうしている間にも雪は降り続いているので、一つの窓をやっていると、他の窓がまた雪で埋まり始める。前をやってれば後ろが埋まり、右をやっていれば左が埋まる。シジフォスである。いくらやってもきりがないし、私自身にも雪が積もり始めたので4面の窓を2周したところで「こんなことを永遠に続けているわけには行かん!」と、ブラシを捨てて走り始めた。が、駐車場を出るか出ないかくらいで、リアウィンドウが曇っていて後ろが全然見えないことを発見。リアウィンドウのヒーターを入れてみたが効果なし。どうも内側だけでなく外側にも問題(=雪だ、当然)があるらしい。が、エラントラの場合、リアウィンドウにワイパーはついていないので、雪を掃いたければ車を停めてまたブラシでガリガリやるしかないが、すでに道路に出てしまっており、後続車もいるので道の真ん中で突然停まるわけにもいかない。仕方なく、後ろは運転席側のミラーで確認しながら走ることにした。見えなくはなかったが、雪のせいでこちらも視界が悪く、後ろがろくに見えない状態でレーン変更したりするのは、胃が縮む思いがした。

ただ幸いだったのはどの車も徐行運転だったこと。街中はもちろん普段なら80-90kmhで飛ばしていくダウンタウンとの境の長い上り坂も、この日ばかりはみんな30-40kmhで慎重に進んでいく。この前の雪の時は、ここで道路下の林に突っ込んでいる車がいたからね。落ちたら即死、というような高さではないが、バックで戻れる高さでもない。いくら雪慣れしているカナダ人でも、慎重に運転するに越したことはないということである。いわんや初心者の私においてをや。

という風にのろのろ進んだので、ふだんは15分もかからず戻れるところを、この日は30分近くかけて帰宅。無事ウチのガレージに車を入れた時には心底ほっとした。雪が本気で降っている時の運転は、ほんとに怖い。後で聞いたところによると、近所に住んでいるシャーロットも、学校からの帰り後ろが見えなくて大変怖い思いをしたそうだ。

この雪は翌日の火曜も1日降り続き、気温が高め(-3度~0度)だったにもかかわらずしっかり積もって、あたりを真っ白白の雪景色に変えた。家の中から見ている分にはきれいだが、これを雪かきすることを考えると・・・


ウチの庭。遠くに見えるのは夏に建てた物置小屋

IMG_3538-2.jpg


裏の林&隣の家の物置小屋

IMG_3542-2.jpg


まっしろ、しろ~

IMG_3548-2.jpg


バードフィーダーも雪だらけ。それでも鳥は来る

IMG_3547.jpg



スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://gaudynight.blog.fc2.com/tb.php/1371-f48fc1c0

Comment

Amei

ひゃあ!バードフィーダーなのか雪だるま(いやいやご主人ではなくて)なのかわからないシロモノに!
  • URL
  • 2012/12/24 09:57

らうとら

そうなのよ。上の方、かき氷みたいでおいしそうでしょ?
  • URL
  • 2012/12/24 12:25

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

らうとら

Author:らうとら
ドロシー・L・セイヤーズ、ローリー・R・キング、P.D.ジェイムズ、ディック・フランシス、水村美苗、高村薫、戸塚真弓、ヘレン・ミレン、シャーロット・ランプリング、ソフィ・マルソー(40代以降に限る)、ヘレナ・ボナム・カーター、アンジェリーナ・ジョリー、三代目金馬、小さん、枝雀、エンヤ、クイーン、ドゥルス・ポンテス、マドレデウス、J・S・バッハ、ちあきなおみ、トケイ・ピノ・グリ、アール・グレイ、自転車(冬季を除く)、あらゆる犬と猫
以上、私を幸せにしてくれる方々(敬称略)

カテゴリー+月別アーカイブ

 

FC2カウンター