レスキュー、レスキュー

  • 2012/12/28 22:13
  • Category: 動物
大量の鳥が押し寄せるようになってから、窓ガラスにぶつかる鳥も急増。雪がしゃんしゃん降っているような日はそうでもないのだが、晴れの日はより窓ガラスを認識しづらいのか、快晴だった25日、26日は2日続けて窓ガラスに頭をぶつけて気絶している鳥を発見。夏場だったら放っておいてもだいじょうぶだろうが、晴れとは言え外気温は零下10度近い今日この頃、雪の中に放置しておいてはすぐに凍死してしまいそうなので、こちらも慌てて救助に走る。

この子は25日に保護したレッドポールのメス。レッドポールの特徴、頭の赤丸がご覧いただけるだろうか。

大きさは手のひらサイズ ↓

IMG_3557.jpg

IMG_3562.jpg


この子は家の中に入って温まっても、じいっとうずくまったままでなかなか動き出さなかった。ずっと手の中に入れているわけにもいかないので、空き箱にティッシュを敷き、毛布で囲った籠に入れて様子見。しばらくして目をパチパチし出したので、気が付いたことは分かったが、毛布の中の居心地がいいのか、外に出たそうな様子は見せない。

IMG_3567.jpg


結局1時間半ほど籠の中で休んでから仲間の元へ帰って行ったが、あまり急に飛び立ったのでこちらが窓を開けるのが間に合わず、帰る時またガラスに頭をぶつけていた。2回も頭をぶつけてお馬鹿になっていないといいけど。

この子は26日に保護した子。同じくレッドポールのメス。こちらは回復が早く、30分ほどで外に戻って行った。

IMG_3571-2.jpg


今日27日は雪だったので、救急出動はなし。でも野鳥用救急籠は片づけず、このまま置いておくことにした。鳥を救助してから、塞がった両手で空き箱を探したり、籠に毛布を敷き込んだりするのは大変なので。

そういえば春先にも窓ガラスに頭をぶつけ、脳震盪を起こしている子を保護したことがあった。今、写真で確かめると5月17日のようだ。もう暖かい時期だったので、この時は毛布ではなくこの笊(香港の日系豆腐屋のざる豆腐の笊)の中で休んでいった。模様から見て、この子は家スズメかなあ。よくわからない。


IMG_3168.jpg


もう一人、こちらは11月に玄関の天窓に頭をぶつけて倒れていた鳥。長い散歩から帰って来て見つけた。かなり激しくぶつかったらしく天窓に羽毛と血がついていて、拾い上げた時にはすでに半ば冷たくなっていた。暖かい家の中に入れ、しばらく様子を見てみたが、結局目を開けることはなかった。

IMG_3456-2.jpg


仕方なく庭の来春チューチップがたくさん咲くはずのところに埋めた。その時は名前がわからなかったが、今見るとこの子はgrosbeak(シメ)である。R.I.P.シメちゃん。
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://gaudynight.blog.fc2.com/tb.php/1374-e0cf56e9

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

らうとら

Author:らうとら
ドロシー・L・セイヤーズ、ローリー・R・キング、P.D.ジェイムズ、ディック・フランシス、水村美苗、高村薫、戸塚真弓、ヘレン・ミレン、シャーロット・ランプリング、ソフィ・マルソー(40代以降に限る)、ヘレナ・ボナム・カーター、アンジェリーナ・ジョリー、三代目金馬、小さん、枝雀、エンヤ、クイーン、ドゥルス・ポンテス、マドレデウス、J・S・バッハ、ちあきなおみ、トケイ・ピノ・グリ、アール・グレイ、自転車(冬季を除く)、あらゆる犬と猫
以上、私を幸せにしてくれる方々(敬称略)

カテゴリー+月別アーカイブ

 

FC2カウンター