通常営業

  • 2013/01/02 23:16
  • Category: 映画
30日 某さんの誕生日でフランスの家に集合。料理したのはお義父さん。またしても食べ過ぎで苦しい。おとーさん、付け合せのマッシュポテト、そんなに盛らんでください。(って、その前に前菜のチーズとバゲットたらふく食ったのはどこの誰だ?)

31日 午前ジム。クリスマスからの御馳走攻めで体重は増えているのに、筋力は低下。よよよ・・・。午後はちょっとだけ編み物。ちょっとだけ掃除。夕食時、いつもの通り映画鑑賞。ブリジット・バルドーとジャン・ギャバンの“En cas de malheur”(58年仏)を見始めたのだが、バルドーは大変魅力的なものの、その演じる役柄とストーリーがあまりにくだらなくて見るに堪えず、途中で放棄。腹ごなしに雪かきし、その後口直しにジーン・ティアニーとタイロン・パワーと“The Razor’s Edge”(46年米)を鑑賞。こちらはまあまあ。雪だるまはこの米40年代を代表する美人女優ジーン・ティアニーさんが好きで、彼女が出ている映画をちょこちょこ集めている。“The Ghost and Mrs.Muir/幽霊と未亡人”、“Heaven can wait/天国は待ってくれる”などでの彼女は私も好きだ。上記バルドーも、コケティッシュでお馬鹿なブロンドの役ばかりでなく、もう少し役柄に恵まれるとよかったのにねえ。カウントダウンなどすることなく、いつも通り11時就寝。

1日 いつも通り7時起床。(夏場は6時に起きていたのだが、冬は6時では真っ暗暗なので7時に変えた) 8時朝食、シリアルとりんご。雪だるまが起きるのを待って洗濯。くっきりと晴れ上がった素晴らしい上天気なので、昼食後散歩に出かける。気温零下6度、微風。重いスノーブーツを履いて雪道を歩くのは結構な運動だし、太陽も出ていたので最初は全然寒くなかったのだが、40分過ぎたあたりから腿から腰にかけてじわじわ冷えてきて、ついでにずっと外気にさらされている頬のあたりもピシピシし始めたので、散歩を切り上げ家に戻る。正味1時間。これ以上歩きたいなら、目明き帽と何か腰のあたりを覆うものが必要だ。3時過ぎ、お義父さん来訪。1時間ほどお喋り。夕食後、ジェリー来訪。3人でデンゼル・ワシントン、ライアン・レイノルズの“Safe House”を見る。超定番紋切り型、見ても見なくてもOKの類の諜報員アクション映画。唯一印象に残ったのは、板1枚の壁、跳び下りると屋根が抜ける掘立小屋が並んだ南アフリカのタウンシップの街(?)並み。

というように、大晦日も元旦もなく、通常営業。読むに値するようなことは何も書けておりませんが、今年もよろしくお願いいたします。


元旦の日の雪原

IMG_3598.jpg



スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://gaudynight.blog.fc2.com/tb.php/1375-9588ec3e

Comment

梨の木

遅ればせながら、あけましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願い致します。

年末の御馳走がすごいのは、どこも変わりませんね。それにしてもクリスマスの3連続は大変でしたでしょう。想像できるけど想像したくない、そういう領域です。もう七草ですから少しは胃も楽になられた頃でしょうか。

そう言えば、実家の父も野鳥にエサをやるのが大好きで、自分でバードフィーダーを作って楽しんでいます。気候のいい時期は近所の常連さんしか来ないのに、寒くなって雪でも降ろうものなら、すごい数の鳥が集まってきていました。エサが探せなくなるからでしょうね。冬の数ヶ月はレスキューが続きますね。

雪が多いと何かと日常生活が大変だと思いますが、どうぞ足下にお気をつけになって、健康で良い年をお過ごし下さい。

わたしも、今年はフランス語、頑張りマッス。
  • URL
  • 2013/01/07 21:41

らうとら

梨の木さま
コメントありがとうございます。お察しの通りクリスマスを挟んでの3夜連続の会食は大変しんどく、その後しばらくは野菜スープとパンで過ごしました。20代の頃ならともかく、50代の今はそうでもしないと胃がもちません。冬が来るたびに厚みを増すお腹のたぽたぽも情けないですし(泣)
フルタイムで働いていた頃は哺乳類専門、鳥になんて全然興味なくて、なぜ雪だるまが野鳥大好き!なのか全然分からなかったのですが、こうして自分で餌をやり始めてみると「へえ、鳥もけっこうかわいいじゃないか」と思えるようになりました。同じように見えても、種類によっていろいろ性格が違うのも面白いですし、見ていて飽きません。他の鳥を追い回すいじめっ子鳥なんかもいたりして、おかしいんですよ。

梨の木さんのブログ、本や映画の話、言葉、お子さんたちのこと、どれをとっても丁寧に書かれていて、読むのがとても楽しみです。こちらこそ今年もどうぞよろしくお願いいたします。
  • URL
  • 2013/01/09 11:33

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

らうとら

Author:らうとら
ドロシー・L・セイヤーズ、ローリー・R・キング、P.D.ジェイムズ、ディック・フランシス、水村美苗、高村薫、戸塚真弓、ヘレン・ミレン、シャーロット・ランプリング、ソフィ・マルソー(40代以降に限る)、ヘレナ・ボナム・カーター、アンジェリーナ・ジョリー、三代目金馬、小さん、枝雀、エンヤ、クイーン、ドゥルス・ポンテス、マドレデウス、J・S・バッハ、ちあきなおみ、トケイ・ピノ・グリ、アール・グレイ、自転車(冬季を除く)、あらゆる犬と猫
以上、私を幸せにしてくれる方々(敬称略)

カテゴリー+月別アーカイブ

 

FC2カウンター