零下40度までOK

木曜にびしゃびしゃと1日中雨が降り、金曜は逆にからりと晴れた上、気温が上がったので、路肩や庭に残っていた雪があらかたなくなった。昼間、青い空の下で陽射しを浴びている葉の落ちた木々だけを見ているとまるで秋の終わりのようで、とてもクリスマスまであと1週間の12月には見えないのだが、気温はと見れば、日の出直後の現在の気温は零下17度。外に出ればちゃんと真冬だ。

 

1年の半分以上は夏!みたいなところに20年近く住んだおかげで、暖かい気候用の服や靴はどっさり持っているが、寒い気候用のものはひぃ、ふう、みぃと数えるほどしかない。ことに靴がない。先週、半分融けた雪がまた凍った中を普通の靴で歩き、2度ほど滑りかけて冬用の靴が必要であることを実感。一昨日クリスマスショッピングに行ったついでに、シアーズで40%オフになっていたスノーブーツを買った。ヘビーデューティのゴム長の内側を断熱材で覆ったような作りで、零下40度までOKという触れ込み。当然かなり重くて長時間の歩行には向かなそうだし、そもそも零下40度の時に外歩きなんかしないとは思うが、1足しか買えないなら最悪の事態用を買っておいた方がいいので。

 

というのも23週間前に一度停電があったのだ。週に1度の食料品の買い出しに行っていたダウンタウンから戻ってきたら、旧町内全体が停電。道路の信号すら消えていた。商店も電気がなくては商売にならないので、突如閉店。真っ暗になった店内から、わらわらと客が追い出されていた。

 

何しろこのあたりは、エネルギーすべてを電気に頼っている。ウチも例外ではなく、帰っては来たものの、停電では何もできない。家電すべてがアウトなのに加え、暖房も停止。料理用のレンジも電気なので、煮炊きどころかお湯1杯わかせない。幸い珍しく出かける前にポットにお湯を入れておいたので、コーヒーを作ることはでき、それと買ってきたペイストリーでお昼にした。

 

有難いことに停電は30分ほどで復旧したが、エネルギーすべてが電気というのも困ったものだと実感。今回はたまたま外出していた時に停電になったので使おうと思えば車が使えたが、もし家にいる時に停電になったら車すら使えない。なにしろガレージのドアも電気仕掛けなのだ。手動では開かない。

 

したがって停電が長引いた場合、非常用発電機を備えているお義父さんの家か、そのそばで暖炉のある家に住んでいる叔母さんの家に歩いて行くしかないが、ともにウチからは4キロほど離れている。雪道を1時間歩くには、やはり“零下40度までOK!”の靴だろう。なまじな靴では、冷え性の私はたどり着けない。

 

と書いていたらまた雪が降り始めた。なんだ、雪なしの日は3日間でお終いか。

スポンサーサイト

Pagination

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

らうとら

Author:らうとら
ドロシー・L・セイヤーズ、ローリー・R・キング、P.D.ジェイムズ、ディック・フランシス、水村美苗、高村薫、戸塚真弓、ヘレン・ミレン、シャーロット・ランプリング、ソフィ・マルソー(40代以降に限る)、ヘレナ・ボナム・カーター、アンジェリーナ・ジョリー、三代目金馬、小さん、枝雀、エンヤ、クイーン、ドゥルス・ポンテス、マドレデウス、J・S・バッハ、ちあきなおみ、トケイ・ピノ・グリ、アール・グレイ、自転車(冬季を除く)、あらゆる犬と猫
以上、私を幸せにしてくれる方々(敬称略)

カテゴリー+月別アーカイブ

 

FC2カウンター