写真の色、モニターの色、実際の色

  • 2010/10/11 17:15
  • Category: 着物
先日ベイで落札した色無地、届いてみたらモニターで見た色とかなり違っていた。モニターでは明るい澄んだ空色に見えていたのだが、SAL小包から出てきた着物の実際の色は暗めの浅葱色。“澄んだ”ではなく“くすんだ”色合いである。「やや、またか!」と思う。


実はこの売り手さんの場合、こういうことが非常に多い。私のモニターだけでなく、他のモニターで見ても実物の色とは違って見えるので、モニターの問題ではなくもともとの写真の色が、実物と異なっているのだろうと思う。前回、明るいベージュと思って落札したウールの半幅も、届いてみたらミルクココア色だった。鮮やかな白地と思った帯が、実はかなりくすんだ生成色だったこともある。


ほぼ毎回そうなので、最近はこの売り手さんの場合は事前にメールで色を確かめるようにしている。先日「白地に明るい赤の絞り」と見えたなごや帯も、問い合わせたら実は「モスグリーン地に茶がかった暗い赤の絞り」だそうで、お返事を戴いてびっくりした。白地の帯が欲しかったので、この帯は入札に参加しなかったが、聞かずに落札していたら品物が届いた時点でまたびっくりしていたところだった。


ネットオークションの場合、写真と売り手が書く商品説明しか判断材料がないのだから、写真はできるだけ正確なものをご提供いただきたいものである。写真で実物に近い色を出すのは結構難しいのはわかっているが、モスグリーン地が白地に見える写真を掲載されては、人によっては「さぎ〜!」と叫びたくなりましょう。


それにこの方以外の売り手さんは、そこそこ実物に近い色の写真を提供してくださっている。品物が届いて色の違いにびっくりしたことはない。むしろ冒頭の色無地と同時に届いた別の売り手さんの帯などは、写真よりずっと状態がよく色合いもきれいで、「おお」と嬉しい方にびっくりした。これで送料込み2700円は、実にお買い得だった。ほくほく。ああ早く着てみたい。 
スポンサーサイト

Pagination

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

らうとら

Author:らうとら
ドロシー・L・セイヤーズ、ローリー・R・キング、P.D.ジェイムズ、ディック・フランシス、水村美苗、高村薫、戸塚真弓、ヘレン・ミレン、シャーロット・ランプリング、ソフィ・マルソー(40代以降に限る)、ヘレナ・ボナム・カーター、アンジェリーナ・ジョリー、三代目金馬、小さん、枝雀、エンヤ、クイーン、ドゥルス・ポンテス、マドレデウス、J・S・バッハ、ちあきなおみ、トケイ・ピノ・グリ、アール・グレイ、自転車(冬季を除く)、あらゆる犬と猫
以上、私を幸せにしてくれる方々(敬称略)

カテゴリー+月別アーカイブ

 

FC2カウンター