霜の次はハダニ・・・

雪だるまに「霜対策に扇風機貸してくれる?」と一応聞いてみたのだが、「だめです。あれは高かったんだから。庭で使いたいなら、自分で安いのを買いなさい」と言われてしまったので、防霜対策に扇風機を使うのは諦め、前夜同様、段ボール箱と新聞紙の覆いで何とか頑張ってもらうことにした。調べてみたらチューリップは案外霜に強そうで、氷点付近の寒さが何日も続くのでない限りだいじょうぶらしいので、何かで覆うことを考えるのは止めにした。第一、青樅を囲うように100本、3列にぐるりと植えてしまったので、それら全部を覆えるようなものは手元にないのである。そしてムスカリも、もう蕾はなくて全部咲いているので「まあ、だいじょうぶだろう」とカバーなし。水仙はすでにシーズン終わりかけで、今さら覆ったところでどうなるものでもないので、こちらも無視。

というわけで百合2種、計8本に覆いをかけ、鉢植えなどは当然家の中に取り込んだ他は運を天に任せて就寝したが、今朝起きて調べてみると、幸い被害ゼロ。チューリップは花も蕾もダメージを受けた様子はなく、ムスカリも色あせることもなく元気に咲いていて、大変ほっとした。長期予報によれば、今日以降は時折寒い日はあっても0度近くまで下がることはないようすで、つまりはもうこれからは霜の心配はない。園芸界で言う“Last frost date”が過ぎたわけで、晴れて庭への移植や種まきができる。ああ、雪融け以降、どんなにこの日を待っていたことか!

しかし、ほっとしたのもつかの間、どうもここ10日余り様子がおかしいと思っていたパンジーにハダニを発見! 2週間ほど前に発芽用ポットから9センチポットに移したのだが、今ひとつ生育が思わしくなく、葉色が悪い。中には緑であるはずの葉に、細かい白い点々が出来ているものもある。最初は移植に使った園芸用土が悪かったのかと思ったが、今日、苗を陽にかざしてよく見たら、葉裏に白い蜘蛛の巣のようなものが付いている鉢がいくつもあり、ネットで検索してハダニ(spider mites)というものが付いているのだとわかった。園芸サイトによれば、どんな植物にも付く、極めてありふれた害虫らしい。高温・乾燥が好きで、水分が嫌い。駆除用のスプレーなども売っているが、オーガニックな駆除法がよいなら、ローズマリーのエッセンシャルオイルを希釈したものを、葉裏にスプレーするとよいらしい。

しかし、室内用の鉢植えなどに発生した場合、完全駆除は難しいので、その鉢は思い切って捨てた方がよいと書いている園芸サイトもあり、泣く泣く100鉢以上あるパンジー&ヴィオラを仕分けしてみた。すると完全健康体と思われる鉢はたったの30鉢余。残りは“明らかに感染”と“感染の疑い”が半々という無残な結果だった。もっと早く気づいていれば、もう少し救えただろうに、物知らずの初心者というのは悲しいものである。

園芸に励んでいるみなさん、愛する植物の鉢は葉裏もよく見て、ハダニに気をつけましょう!
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://gaudynight.blog.fc2.com/tb.php/1434-76296414

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

らうとら

Author:らうとら
ドロシー・L・セイヤーズ、ローリー・R・キング、P.D.ジェイムズ、ディック・フランシス、水村美苗、高村薫、戸塚真弓、ヘレン・ミレン、シャーロット・ランプリング、ソフィ・マルソー(40代以降に限る)、ヘレナ・ボナム・カーター、アンジェリーナ・ジョリー、三代目金馬、小さん、枝雀、エンヤ、クイーン、ドゥルス・ポンテス、マドレデウス、J・S・バッハ、ちあきなおみ、トケイ・ピノ・グリ、アール・グレイ、自転車(冬季を除く)、あらゆる犬と猫
以上、私を幸せにしてくれる方々(敬称略)

カテゴリー+月別アーカイブ

 

FC2カウンター