ARROSAGE

日照りだった去年とは異なり、今年は今のところ順調に雨が降っている。むしろやや降り過ぎなくらいで、今朝は庭にキノコが生えているのを発見した。大豆くらいの大きさのキノコが密集して生え、ひとつひとつのキノコの周りがやや黒ずんでいるところは、まるで黒カビが生えた納豆のようで、些か気持ちの悪いキノコだった。

しかしそんな天候でも先週だったか町から係りの人が来て、「ARROSAGE」なる表題のリーフレットを配り、当町の方針について説明していった。「ARROSAGE」の文字通りの意味は「水撒き、散水」だが、日本語で表題をつけるなら「節水のお願い」といったところだろうか。

2つ折りになった簡単なリーフレットには「水は私たち全員の問題です。責任ある利用をしましょう!」から始まって、それぞれの番地に基づいた、ホースによる散水を行ってもよい曜日と時間、スプリンクラーを利用してもよい曜日と時間のほか、新しい芝生や植樹したばかりの生垣のために毎日の水遣りが必要な場合は許可を取ることとか、洗車に当たっての注意事項など、水の使用に関する種々の決まりが、いろいろと記されている。

それによるとウチは奇数番地なので、ホースによる芝生への散水を行ってもよいのは毎週木曜と日曜の夜7時から10時までの間。自動スプリンクラーによる芝生への散水を行ってもよいのは同じく毎週木曜と日曜の朝4時から7時の間だそうである。(これはホースか自動スプリンクラーか、どちらか一方のみの利用を前提としている) また洗車は週1回、バケツや止水レバーのあるホースヘッドがついたホースで行いましょう。雪を融かすために水を使ったり、雨の日に水遣りをするのは止めましょう、などとも書いてある。

この最後の「雨の日に・・・云々」を読んだ時には、「はあ? いったい誰がわざわざ雨の日に水遣りなんかするわけ?」と思ったが、これは当地をよく知る雪だるまによれば、庭にスプリンクラーを設置している場合、タイマーで自動的に散水するお宅もあり、そうなると土砂降りの最中だろうが何だろうが、時間が来ると自動的に散水が始まってしまうので、そうならないようスプリンクラーを止めろという意味だそうである。ははあ、なるほど、である。

米国の某ウェブサイトによれば、夏場使用される水の80%は屋外で使用されるそうだから、より北にあって夏が短いとはいえ、当地でも似たようなものなのかもしれない。確かに庭にプールがあるお宅も多いし、三尺の雪に埋もれて芝生や花壇への水遣りなどあるはずもない冬場とは異なり、夏場は雨が降らなければ芝生や花壇への水遣りは欠かせないから、水の使用量は段違いに増えるのだろう。だからこそ係員の個別訪問による「ARROSAGE」リーフレットの配布および説明なのだろうが、日本の、節水や節電に対する比較的厳しい態度を知る者にとっては、当町の「お願い」は、かなり生ぬるい気がする。

そもそも芝生への水遣りは上記の通り週2回に制限されているものの、花壇や鉢植えに対する水遣りは、ホースによるものを含め制限なしなのである。芝生の面積に比べたら花壇の面積など知れたものだから、ということなのだろうが、ウチのように庭のあちこちに花壇があり、かつ着々と拡張を進めているような家では、花壇へ撒く水の量だって馬鹿にならない。庭のあちこちに花壇を作り過ぎてホースを伸ばせないので、今のところ6リットル入りの如雨露でちまちま水遣りをしているが、いったい何往復することか。文字通り、塵も積もれば・・・の世界である。

それに、私はいまだに日本&香港の習慣が抜けなくて、水を無駄にしないよう無意識に動いているが、実は当町には水道料金というものがない。引っ越し後、電気料金は請求書が来たものの、水道料金はいつまでたっても請求が来ないので不思議に思って雪だるまに聞いたら、当町では水道料金は固定資産税に含まれていて、個別の徴収はないのだそうである。つまり、いくら使おうと料金は同じ! 節水しようがしまいが、懐には関係なし!

これではいくら町が「責任ある利用を心がけましょう」などと呼びかけたところで、実効があるのかどうか。時々いっしょに散歩に行くマダムBによれば、お友達の某さんは美しい芝生を保つため、町の散水規則などハナから無視して水遣りに努めているそうだし、道を歩けば指定時間外にシャッシャッと散水しているスプリンクラーをよく見かけるし、人間、懐が痛まないとなると、規則を守るのはなかなか難しいと見える。
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://gaudynight.blog.fc2.com/tb.php/1448-41815572

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

らうとら

Author:らうとら
ドロシー・L・セイヤーズ、ローリー・R・キング、P.D.ジェイムズ、ディック・フランシス、水村美苗、高村薫、戸塚真弓、ヘレン・ミレン、シャーロット・ランプリング、ソフィ・マルソー(40代以降に限る)、ヘレナ・ボナム・カーター、アンジェリーナ・ジョリー、三代目金馬、小さん、枝雀、エンヤ、クイーン、ドゥルス・ポンテス、マドレデウス、J・S・バッハ、ちあきなおみ、トケイ・ピノ・グリ、アール・グレイ、自転車(冬季を除く)、あらゆる犬と猫
以上、私を幸せにしてくれる方々(敬称略)

カテゴリー+月別アーカイブ

 

FC2カウンター