列車で

どうやら私たちは来月、トロントに行くらしい。雪だるまの学生時代からの友人で、香港でもいっしょだったジョゼ&ブライアン組を訪ねるのである。トロントは地図上の直線距離だとここから南西方向に600kmくらい。一般的にはモントリオールから飛行機だが、私たちはあえて列車で行く。よく渋滞しているモントリオール市内を抜け、空港まで車で行くのが面倒くさいのである。

といっても列車で行くのが特に簡単というわけでもない。ウチから10kmくらいにある最も近い駅からは、田舎のこととてモントリオール行の列車は2日に1本しかなく、しかもモントリオールでの接続があまりよくない。いくら暇な私たちでも、たかだか600kmの移動に2日がかりというのはあんまりなので、もちょっと遠い(70kmくらい?)が接続がややましで、駅そばに無料の駐車場もあるドラモンヴィルまで車で行き、そこから列車でモントリオール→トロントと移動することにした。

モントリオール→トロントは約550kmなので、ちょうど東京→大阪と同じくらいかなと思うが、東京と大阪を結ぶ新幹線が、いろいろ取り混ぜ15分に1本くらいはあるのに比して、モントリオール→トロントの列車は1日に10本くらいしかない。私たちが考えている日を例にとると、朝6時台に2本出た後、次は10時台に1本。続いて11時台、12時台に1本ずつ。1時間休んで(お昼休みか?)、14時台から17時台まで1本ずつの計9本でおしまいである。トロントまでの所要時間は、短いので5時間弱、長いのだと6時間半。どんな列車か知らないが、新幹線に比べだいぶのろい。

しかし、のろいということは車窓に広がる風景をじっくり楽しむ時間があるということで、これはこれで悪くない。飛行機では、たとえ窓側に座ったとしても風景を楽しめる時間はほんのわずかだし、車では助手席に座っている人はともかく、運転者は風景を楽しむ余裕などない。(それに高速道路から見える風景は、どこを走っても、原野、農地、点在する家々、たまに現れる店舗の看板くらいで変わりばえがしないし)

その点、列車なら雪だるまも私もゆったり座席に座って、お弁当でも食べながら、モントリオール→トロント間の漠々と広がる風景を楽しむことができる。地図で見ると沿線はのっぺりした丘陵地帯で、あちこちに小型の湖があるほかは特に何があるわけでもなさそうだが、何にもないとは言っても砂漠ではないのだから草や木ぐらいは生えているはずで、飛行機で前の座席の灰色の布地を見ているよりましである。沿線の町々の名前でも知るために、地図でも買いにいこうかな。グーグルマップを印刷するという手もあるが、レターサイズの紙をとっかえひっかえするのもナンだしな。
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://gaudynight.blog.fc2.com/tb.php/1453-7ed703be

Comment

とらこ

わーい、トロント。一度だけ行ったことがあります。(わたしが行った唯一のカナダの都市)デトロイトから電車だった。夏だったし、いい感じだったなぁ。住んでみたい街でした。
  • URL
  • 2013/07/03 10:25

梨の木

らうとらさん、調子は如何ですか?

わたし、実は地図がかなり好きです。知らないところに行くときは、観光ガイドより先に地図を見ます。地理が頭に入っていないと観光情報も上滑りしてちっとも頭に入らないんですよ。列車の旅なら地図をお持ちになったらきっと楽しいですよ〜。
  • URL
  • 2013/07/04 17:58

らうとら

とらこ様
デトロイトから電車かあ。そうですよね、トロントくらいまで下がると、アメリカはすぐそこなんですよね。“都会”に行くのは久しぶりで、最初はあまり気乗りがしなかったのですが、友人夫妻が美術館とか植物園とか、都会ならではの訪問場所をいろいろ選りすぐってくださっているようなので、今はちょっと楽しみになりました。都会の夏を堪能してまいります。
  • URL
  • 2013/07/04 20:36

らうとら

梨の木様
柄にもなくちょっと勉強に精を出したら、眼痛から頭痛が始まってしまって、ちょっとやれやれであります。(コレハカミサマガ、ベンキョウスルナ、トイッテイルノカ?)

さて、地図。そう、ぜったい地図が要りますよね。今日お買い物に行くので、ちょっと地図コーナーを覗いてみます。お手頃なのがあるといいのですが。雪だるまには「ラップトップ持っていけば?」と言われましたが、仕事の出張じゃあるまいし、それもなんだかねえ。やっぱり紙の地図ですよねえ。
  • URL
  • 2013/07/04 20:42

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

らうとら

Author:らうとら
ドロシー・L・セイヤーズ、ローリー・R・キング、P.D.ジェイムズ、ディック・フランシス、水村美苗、高村薫、戸塚真弓、ヘレン・ミレン、シャーロット・ランプリング、ソフィ・マルソー(40代以降に限る)、ヘレナ・ボナム・カーター、アンジェリーナ・ジョリー、三代目金馬、小さん、枝雀、エンヤ、クイーン、ドゥルス・ポンテス、マドレデウス、J・S・バッハ、ちあきなおみ、トケイ・ピノ・グリ、アール・グレイ、自転車(冬季を除く)、あらゆる犬と猫
以上、私を幸せにしてくれる方々(敬称略)

カテゴリー+月別アーカイブ

 

FC2カウンター