胸を凍らせる

先日病院からバイオプシーの日程について連絡があり、仏語だったので雪だるまがその概要を翻訳して説明してくれた。で、その説明では「まず胸を凍らせて針で組織を採取し、それからもう一度マンモグラフィをする」ということだったので、私は液体窒素か何かで当該部位を凍らせるのか? まるでイボかホクロの除去みたいだな、と薄ぼんやり思ったのだが、翌日になって雪だるまが思いついたように「そういえば、昨日の説明は間違っていたかもしれない・・・」と言いだした。

彼が言うには病院の担当者が「胸をgelerする」と言ったので、つい自動的に“freeze”と訳してしまったが、この“geler”は凍らせるではなくて麻痺させる、つまり麻酔をするということだったかも、というのである。

辞書を引くと“geler”には、凍らせるとか凍えさせるとかの意味しかないので、この語を麻痺、麻酔の意味で使うのはケベックだけなのかもしれないが、そう言われてみると以前ジェリーか誰かが、この語を麻酔の意味で使っているのを聞いたような記憶があり、バイオプシーの場合、「当該部位を凍らせる」という訳より、「当該部位を麻酔する」の意味の方が妥当であるように思う。少なくとも当事者である私としては、マイナス196℃にもなる液体窒素を押し当てられて急激に低温やけど状態を作られるより(←これは結構痛いという話だし)、麻酔されて何にも感じない状態で針を刺される方がよほどよい。

それにしても雪だるまの仏語・・・。英語訛りはあるし、時々適切な単語が浮かばなかったりするし、今回のように意味を取り違えたりするし、なんともはや楽しいレベルで、とても純粋ケベッコワの両親の子どもとは思えん。まあ、とりあえず日常生活の用は足りているから、別にいいのだが。
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://gaudynight.blog.fc2.com/tb.php/1473-eb7c2e00

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

らうとら

Author:らうとら
ドロシー・L・セイヤーズ、ローリー・R・キング、P.D.ジェイムズ、ディック・フランシス、水村美苗、高村薫、戸塚真弓、ヘレン・ミレン、シャーロット・ランプリング、ソフィ・マルソー(40代以降に限る)、ヘレナ・ボナム・カーター、アンジェリーナ・ジョリー、三代目金馬、小さん、枝雀、エンヤ、クイーン、ドゥルス・ポンテス、マドレデウス、J・S・バッハ、ちあきなおみ、トケイ・ピノ・グリ、アール・グレイ、自転車(冬季を除く)、あらゆる犬と猫
以上、私を幸せにしてくれる方々(敬称略)

カテゴリー+月別アーカイブ

 

FC2カウンター