今年は2クラス?

  • 2013/09/14 10:37
  • Category: 言葉
一昨日ジョゼから「来週水曜18日に、2013/14の仏語クラスの説明会をやります」との連絡があった。8月末に学校に電話して聞いた時には20日(金)と言っていたのだが、予定が変わったのか、はたまた学校が持っていた情報が間違っていたのか。まあよくあることなので、先生が18日というのなら18日に出かけていこう。

ジョゼによれば、今年は学生の数が多いので、レベル別に2クラスに分けて授業ができそうとのことで、もし本当にそうなれば、去年のようにアルファベもまともに言えない超初級者も、日常会話程度は喋れる人も全部いっしょの1クラスという編成よりも、教える方も教わる方も楽だろうと思う。

それにしても2クラス作れそう、ということは少なくとも20人近い生徒候補者がいるということで、ウチの町のあたり、以前より移民が増えているんだろうか? 隣の大きな市はともかく、ウチのあたりを歩いている限りでは特に移民が増えている感じはしないのだが、一目でそれとわかるアジア/中南米/アフリカ系(visible minorities)はともかく、コケイジアンの移民は外見からはわからないので、何とも言えない。

個人的には、田舎でも少しずつ少しずつ、元からの住人に恐怖感や危機感を抱かせない程度のペースで移民の流入が進み、「あれ?」と気が付いたら田舎でもあちこちにノン・ホワイトの顔が見られるようになっていたというのが理想かと思うが、今のところvisible minoritiesの比率はカナダ全体で20%、5人に1人程度(2011年統計) 移民の大多数は大都市近郊に居を定めることが多いから、田舎での比率はもちろんこれより低い。

去年のクラスでは最終的に残ったのは、ギリシャ1、キューバ2、レバノン1、中国3、フィリピン1、コロンビア1、日本1だったが、さて今年はどうか。もっといろいろ増えると、面白いんだがな。
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://gaudynight.blog.fc2.com/tb.php/1478-b843ddce

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

らうとら

Author:らうとら
ドロシー・L・セイヤーズ、ローリー・R・キング、P.D.ジェイムズ、ディック・フランシス、水村美苗、高村薫、戸塚真弓、ヘレン・ミレン、シャーロット・ランプリング、ソフィ・マルソー(40代以降に限る)、ヘレナ・ボナム・カーター、アンジェリーナ・ジョリー、三代目金馬、小さん、枝雀、エンヤ、クイーン、ドゥルス・ポンテス、マドレデウス、J・S・バッハ、ちあきなおみ、トケイ・ピノ・グリ、アール・グレイ、自転車(冬季を除く)、あらゆる犬と猫
以上、私を幸せにしてくれる方々(敬称略)

カテゴリー+月別アーカイブ

 

FC2カウンター