239km 2時間半

ヴァーモントまで行ってきた。昔、雪だるまが言った通り、確かに23時間で米国国境に着いたが、距離に関しては「南に6070キロ」というのは大ウソ!! お義父さんの家の近くのガソリンスタンドで0にした距離計は、走りに走って国境のU.S.カスタムに着いた時には、239キロを表示していた。なーにが、6070キロだ、まったく! 

 

言われた時から変だとは思っていたのだ。どう地図を見ても、半径6070キロの円周内に加・米国境はない。いったいどこをどう走ると、6070キロでヴァーモントに着くのだろう?と首をひねっていたのだが、2回聞いて2回とも「6070キロ」と答えたので、疑問に思いながらもそれ以上は追求しなかったのだ。しかし今日走ってみて、はっきりわかった。6070キロでは行程の3分の1。隣町を越えたあたりまでしか行けない。アメリカはそんなに近くない。

 

それにしてもお義父さんの運転だったから、239キロをピタリ2時間半(平均時速100キロ弱)で走れたが、私だったら4時間かかっても国境までたどり着けたかどうか。確かに市街地は町を出て自動車道に乗るまでの10kmほどしかないが、いくら信号なしの自動車道でも、たまにはカーブや上り坂、下り坂、見通しの悪い悪路や「鹿に注意」の看板がある。それを平均100km/hで走るのは、並大抵のことではないと思うのだが、お義父さんは慣れているのか、半分鼻歌混じり。前の車が遅いと、どんどん追い越す。たとえ片側1車線しかない道路でも、対向車が来ないと見るや、センターラインを越えて対向車線に入り、追い越しにかかる。たまには遥か向こうに対向車の影が見えていることもあり、それでも追い越しにかかるお義父さんに私は多少肝を冷やしたが、ま、自信があってやっていることだろうし、たとえ駄目でも、100キロ超の速度で走っている車同士がぶつかれば、中途半端に生き残ることはあるまいと思って、右足でありもしないブレーキペダルを踏みしめるのは止めにした。案の定、トラックと正面衝突することもなく、無事帰ってこられた。お義父さんの運転は、とても78歳の人のものとは思えない。

スポンサーサイト

Pagination

Comment

legalcat

239キロを2時間半でカバーする、
もみじマークのお義父さん、すごいですね。
広々としたカナダに住んでいるとは250キロというの60-70キロ位の感覚なんだろうなと思いました。
  • URL
  • 2011/12/17 17:14
  • Edit

loutra

100km/hを超えると耳の中でカンカンカンカンと警報が鳴り、
冷や汗が出始める私とはえらい違いです。
いくらクルーズコントロールを使っているとはいえ、
お義父さん、走りながらかけてるウィンナワルツやマーチに合わせて
右手で指揮しちゃいますから。
紅葉マークなんて、鼻で笑いそうです。
距離もねえ、なんで240キロが60−70キロになるんだか…
私には皆目見当がつきませんです。
  • URL
  • 2011/12/19 08:38
  • Edit

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

らうとら

Author:らうとら
ドロシー・L・セイヤーズ、ローリー・R・キング、P.D.ジェイムズ、ディック・フランシス、水村美苗、高村薫、戸塚真弓、ヘレン・ミレン、シャーロット・ランプリング、ソフィ・マルソー(40代以降に限る)、ヘレナ・ボナム・カーター、アンジェリーナ・ジョリー、三代目金馬、小さん、枝雀、エンヤ、クイーン、ドゥルス・ポンテス、マドレデウス、J・S・バッハ、ちあきなおみ、トケイ・ピノ・グリ、アール・グレイ、自転車(冬季を除く)、あらゆる犬と猫
以上、私を幸せにしてくれる方々(敬称略)

カテゴリー+月別アーカイブ

 

FC2カウンター