名前

日本で子どもにつける名前に流行があるように、当地ケベックでも子どもの名前には流行り廃りがある。こちらに来てまだ3年目の私には、どの名前が今風で、どの名前が昔風なのか、今ひとつよくわからないが、長年当地で暮らしている人、たとえば義弟ジェリーなどは、「名前を見れば、だいたいの年齢の見当はつく」と常日頃から言っている。たとえば「Maelie」(女子名)とか「Liam」(男子名)とかの名前なら、まず間違いなく20代以下の若い人で、逆に「Monique」とか「Gérald」なら、まあ40~50代以上だそうである。日本で「陽菜」とか「翔太」とかから平成生まれを、「敏子」や「勝男」から昭和も中頃までの生まれの人を想像するのと同じなのだろうと思う。

で先日ジェリーは、仕事先の予約名簿に「Frédérique et Amélie」と載っているのを見て、「ははあ、これは若いカップルのマッサージ予約だな」と思い、同僚と2人、マッサージ室に向かった。彼が働くスパには、恋人同士や友人同士、2人一緒にマッサージを受けられる“カップル・マッサージ”というメニュがあり、けっこう人気なのだそうである。で今回も当然それだと思い、Frédérique はともかくAmélieは明らかに最近の名前なので、若いカップルだろうと想像したわけなのだが、ドアを開けてびっくり。

マッサージ室でローブを羽織り、にこにこと待っていたのは、30代のお父さんと9歳の娘のカップルだった! なんでもしばらく前、パパだかママだかにくっついてスパに来たアメリー嬢は、面白半分30分のハーフタイムマッサージを受けたのだが、それがえらく気に入ってしまい、今回はお誕生日のプレゼントとして、時間が倍のフルタイム・マッサージをねだったのだそうである。

“若い女の子”というジェリーの想像が間違っていたわけではないのだが、それにしても9歳の女の子とは! ちょっと、若過ぎ・・・ しかも、どういうわけだか分担表でお父さん担当に割り振られていたのは小柄なジェリーで、アメリーちゃん担当に割り振られていたのは6フィートを超す大男のマッサージ師D。小柄なジェリーが汗だくでお父さんをマッサージする一方、大男のDがマッサージ台にちょこんと乗っかったアメリーちゃんを、指先だけでちょこちょこマッサージしている様子は、かなり滑稽だったそうである。アメリーちゃんの方は、大きなおじさんにマッサージしてもらって大変満足の様子だったそうだから、別にいいのだけれど。
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://gaudynight.blog.fc2.com/tb.php/1510-9434e095

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

らうとら

Author:らうとら
ドロシー・L・セイヤーズ、ローリー・R・キング、P.D.ジェイムズ、ディック・フランシス、水村美苗、高村薫、戸塚真弓、ヘレン・ミレン、シャーロット・ランプリング、ソフィ・マルソー(40代以降に限る)、ヘレナ・ボナム・カーター、アンジェリーナ・ジョリー、三代目金馬、小さん、枝雀、エンヤ、クイーン、ドゥルス・ポンテス、マドレデウス、J・S・バッハ、ちあきなおみ、トケイ・ピノ・グリ、アール・グレイ、自転車(冬季を除く)、あらゆる犬と猫
以上、私を幸せにしてくれる方々(敬称略)

カテゴリー+月別アーカイブ

 

FC2カウンター