休暇明け

  • 2013/12/29 23:35
  • Category: 雑記
クリスマス休暇明けの27日は、みなクリスマスの間、運動もせずにさんざん飲み食いした罪悪感に駆られたと見えて、ジムの駐車場はいつになく車でいっぱい。中もふだんの1.5倍くらいの人がいて、わいわいと満員御礼状態だった。

私と雪だるまも24日からの御馳走攻め&運動不足で、お腹がぼてぼて。体重増加がはっきりわかる身体の重さだったので、メニューを増やして運動に励んた。緩んでしまった筋肉と増えてしまった体重は、1回運動したくらいでなんとかなるものではないが、しないよりはまし。久しぶりに身体を動かすのは、気持ちいいし。

ついでに今は学校が冬休みなので午前中にジムに行け、顔なじみのメンバーにたくさん会えたのも楽しかった。仕事や家事の都合からか、ジムに来る人たちはみな、ある程度決まった時間に現れる。たとえば午前中は近所の奥様方とリタイア後のオジサンたちが多く、午後は時間が自由になる若い男の子たち(時間が自由になるのに空いている午前中に来ないのは、ワカモノは朝寝坊だからである)、夜は仕事を終えた20代~40代の男女という具合。

で私たちは午前の「近所の奥様&リタイア後のオジサンたち」組に属していたのだが、毎日午前中に学校があるようになってからジムには午後にしか行けず、それまで2年間顔を合わせていた人たちに会えなくなって、寂しく思っていたのである。

しかしこの日は午前中に行けたおかげで、例の散歩友達のマダムBと彼女のBFのR氏、いつも冗談ばかり飛ばしているミスター・グッドワイフことセルジュ氏、麦畑に降りていく途中の坂道の大きな家に住んでいるX氏、いつもガムを噛んでいる人相の悪いオジサン、白髪をおかっぱにした私より小柄なマダム・リュネット等々と会え、別に全員を挨拶を交わしたわけではないが、なじみの顔を見られて嬉しかった。

ちなみにセルジュ氏を“ミスター・グッドワイフ”と呼んでいるのは、CBSの番組「The Good Wife」で主人公アリシア(=The Good Wife)の夫役を演じているChris Noth によく似ているからである。ただしセルジュ氏の性格はドラマ内の人物とは全く異なり、口をついて出てくる言葉は冗談ばかりという超明るいお人柄。いつだったかのバレンタインデーには奥さんに「これはマルチ・エクササイズ・メンバーズカードだ」と言ってタンポンを1箱贈り、激怒する奥さんに「だって箱に“これがあれば水泳でもスキーでもジョギングでも何でもできる”って書いてあるぞ」と抗弁したとか。

彼は昨日も雪だるま相手に「今年のクリスマスはサンタに“僕をもっと強くしてください”とお願いしたんだが、どうもあんまり強くなっている気がしない」と言って、頭を振っていた。雪だるまは「効果が出るまでに時間がかかるのかもしれない」と調子を合わせていたが、さてセルジュ氏、来年はどーんと強くなって、プレート6枚、軽く挙げたりするのだろうか。

chrisnoth.jpg

これはセルジュ氏ではなくて、Chris Noth氏。
そう、彼に似ているセルジュ氏は割合ハンサムなんです。
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://gaudynight.blog.fc2.com/tb.php/1519-9e28c8de

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

らうとら

Author:らうとら
ドロシー・L・セイヤーズ、ローリー・R・キング、P.D.ジェイムズ、ディック・フランシス、水村美苗、高村薫、戸塚真弓、ヘレン・ミレン、シャーロット・ランプリング、ソフィ・マルソー(40代以降に限る)、ヘレナ・ボナム・カーター、アンジェリーナ・ジョリー、三代目金馬、小さん、枝雀、エンヤ、クイーン、ドゥルス・ポンテス、マドレデウス、J・S・バッハ、ちあきなおみ、トケイ・ピノ・グリ、アール・グレイ、自転車(冬季を除く)、あらゆる犬と猫
以上、私を幸せにしてくれる方々(敬称略)

カテゴリー+月別アーカイブ

 

FC2カウンター