また忘れた

  • 2014/03/24 10:34
  • Category: 雑記
昨日は昼前お義父さんから電話があって「夕ご飯を食べにおいで」とご招待を受けたので
雪だるまと二人、途中で伯母さん(お義父さんの姉上)も拾って、いそいそと出かけて行った。

お義父さんは別に特別な理由はなくても、何かおいしいものを作ると呼んでくれるので、
昨日もその手の夕食会だろうと思って、ワイン1本さげて気楽に出かけたのだったが
部屋に入ったら「ハッピー・アニヴァーサリー!」と、お義父さんとフランスにハグされ
「しまった! 何かのお祝いだったか?」と、お義父さんたちの腕の中で一瞬青ざめたが
次の瞬間「お前さんたちの結婚記念日だろう?」という声が聞こえて
「ああ、そういえばそうだった…」と雪だるまと二人、間抜けな顔をして笑い合った。
私たちは二人とも、そんなことはすーーーーーーっかり忘れていたのである。

実際、結婚記念日を迎えるのは今年で10×回目なのだが
今まで一度として覚えていた試しがない。
結婚した翌年ですら忘れていたくらいなのだから
6年とか、9年とかの中途半端な年数の時に覚えているはずはなく
10年目は確か激烈な頭痛と吐き気に襲われて寝込んでいてそれどころではなかったし
つまり未だかつて結婚記念のお祝いなんかしたことがないのである。

しかし昨日はお義父さんが、おいしいソースつきのミートローフを作ってくれた上
デザートは絶品のブレッドプディング! アペリティフにサン・ラファエルをちびちび舐めたし
お義父さんちのごはんは何から何までおいしくて、私は大変ご機嫌だった。

特にブレッドプディング!
ちょっと硬くなったようなパンを適当な大きさに切り、卵+砂糖+牛乳液に浸してオーブンで焼くだけ
の超単純なデザートなのだが、単純なものほど技量の差が露骨に現れるもの。
お義父さんのはレーズンが入っているわけでもないし、クリームをかけてこってりさせてあるわけでもないし
ごくごく単純な、最も基本のブレッドプディングなのだが、卵・牛乳液に浸されて柔らかくなった部分と
焼けてカリカリ、カラメル風味になった部分との対比が見事だし、甘さも十分甘いがくどくはないという
微妙なところで均衡を保っていて、ジェリーが「親父のが一番うまい」というだけのことはある
ブレッドプディングなのである。

もともとのレシピは、お義父さんの弟夫妻から貰ったとかいう話で
以前から雪だるまが「レシピ、ちょうだい」とねだっているのだが
まだ貰えていない。
貰えたところで、同じ味に作れるというものでもないのだけれど。
ブレッドプディングとブラウニーは、お義父さんの永久欠番になるのかもしれない。










スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://gaudynight.blog.fc2.com/tb.php/1549-88632800

Comment

らうとら

とらこさま
どうやったら拍手コメントへのお返事ができるのかわからないので
ここにお返事を載せておきます。

結婚記念日を一度も忘れたことがないとのことですが
いったいどうやって覚えていらっしゃるのでしょうか?
年の初めにカレンダー&手帳に書き込む?
あるいは大変覚えやすい日(元旦とかクリスマスとか)に
結婚なさった?

うちは3月のふつーの日を選んでしまったもので
10何年たっても、一向に覚えていられません。
とほほ
  • URL
  • 2014/03/26 09:31

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

らうとら

Author:らうとら
ドロシー・L・セイヤーズ、ローリー・R・キング、P.D.ジェイムズ、ディック・フランシス、水村美苗、高村薫、戸塚真弓、ヘレン・ミレン、シャーロット・ランプリング、ソフィ・マルソー(40代以降に限る)、ヘレナ・ボナム・カーター、アンジェリーナ・ジョリー、三代目金馬、小さん、枝雀、エンヤ、クイーン、ドゥルス・ポンテス、マドレデウス、J・S・バッハ、ちあきなおみ、トケイ・ピノ・グリ、アール・グレイ、自転車(冬季を除く)、あらゆる犬と猫
以上、私を幸せにしてくれる方々(敬称略)

カテゴリー+月別アーカイブ

 

FC2カウンター