ピーナツバター

ピーナツバターは、ただピーナツをすり潰しただけの、無加工、100%オールナチュラルタイプが美味しいと重々わかってはいるのだが、スーパーで普通のとは違うフレーバー付きのとかを見ると、つい好奇心に駆られ、ちょっと試してみたい気になってしまう。

先日も某スーパーのクラフトフェアかなんかで、ホイップタイプのピーナツバターが売られていて、そのふわふわっとした食感がなんだか目新しくて、つい買ってしまったのだが、ホイップタイプなので冷蔵庫から出してすぐ塗れる点は便利なものの、残念ながら肝心のお味の方はピーナツそのものの滋味に乏しく、薄めた牛乳のように頼りない感じで今ひとつ。

でもまあ買ってしまったので仕方なく、折に触れパンに塗っては食べていたのだが、大瓶のせいかこれがなかなか減らない。2、3か月経っても、1/3も消費できない。いい加減うんざりしてきたので、先週末、大量消費を目指して、これを材料にピーナツバタークッキーを焼いてみた。

ピーナツバター260g、無塩バター225g、白砂糖200g、ブラウンシュガー220g、薄力粉310g、卵2こ、塩小さじ1/2、ベーキングパウダー小さじ1、ベーキングソーダ小さじ1 1/2 をミキサーで混ぜ、そのままでは生地がねばついて扱いにくいので冷蔵庫で1時間ほど冷やしてからボールに丸めて天板に並べ、375°F(190℃)のオーブンで10分焼くだけ、という超基本型のクッキーなのだが、最初わたしが適当と思える大きさに丸めたら、やたら数ができる。この分量で4ダース、48枚のはずなのだが、その倍くらいはできそうな勢いでボールが増えていく。

これはいかん、あんまり数が多くては焼くのが面倒くさい、と急遽すでに丸めたボールにまた生地を足して倍くらいの大きさにし、やっと何とかレシピ通り48このボールにしたが、焼き上がってオーブンから出てきたクッキーは案の定、おやつというより食事になりそうなくらいの堂々たる大きさで辺りを睥睨していた。

Ameiさんではないが、“なんだかいろんなことがいっぺんに”わかったような気がした。

こんな大きさのクッキーを3枚も4枚もおやつに食っているから超肥満体になるのだ、北米人!

ちなみにお味今ひとつのピーナツバターで作ったクッキーは、やはり今ひとつなお味でした。
美味しくてついつい食べ過ぎてしまうのも困りものですが、せっかく作ったものが今ひとつというのもなんだかさみしい。
みなさま、ピーナツバターはやはり All Natural 100%タイプを選びましょう。
ふたを開けたばかりの時は、油分と固形分が分離したりしていてかき混ぜるのが大変ですが、毎日毎日混ぜ混ぜしているうちに、だんだん軟らかくなって塗りやすくなります。だいじょうぶです。

くまちゃんマークでおなじみのクラフト
オールナチュラルタイプは、茶色のふたが目印です。
(別に他のメーカーのでもいいんですが、
ウチの近所で売っているのはクラフトばかりなもので)



peanutbutter.jpeg






スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://gaudynight.blog.fc2.com/tb.php/1557-cad3dca9

Comment

Amei

ええ、全然反省してないので大変です。(体重的に)

ところで先日見慣れない北米メーカーのホットケーキミックスを買ってきて焼いたら、三枚分レシピが我が家の5枚に化けたので、やっぱ量の感覚違いますな。粉を2カップの時点で「三枚のはずねーだろ」と思いましたが、一般の日本人ご家庭なら8~10枚分ぐらいあったとおもいます。

ビロ~ン ∩(⊙‿⊙)∩
  • URL
  • 2014/04/17 10:28

らうとら

いや、ほんと、北米ポーションはケタが違いますよね。
食事でも、ケーキ、アイスクリームみたいな甘もの類でも
一人前の分量が、軽く日本の倍はある。
下手をすると3倍くらいの時もある。
いくら大きい北米人でも、まさか日本人の2、3倍の背丈のはずはなく
とりすぎたカロリーはすべて横に伸びる方向に働く。
肥満が社会問題になるのも、もっともであります。

と言いつつ、今日はイースターのパーティで
北米ポーションの食事をしてしまった。
ううう、苦しい。
そして明日以降の体重がこわい…
  • URL
  • 2014/04/21 10:35

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

らうとら

Author:らうとら
ドロシー・L・セイヤーズ、ローリー・R・キング、P.D.ジェイムズ、ディック・フランシス、水村美苗、高村薫、戸塚真弓、ヘレン・ミレン、シャーロット・ランプリング、ソフィ・マルソー(40代以降に限る)、ヘレナ・ボナム・カーター、アンジェリーナ・ジョリー、三代目金馬、小さん、枝雀、エンヤ、クイーン、ドゥルス・ポンテス、マドレデウス、J・S・バッハ、ちあきなおみ、トケイ・ピノ・グリ、アール・グレイ、自転車(冬季を除く)、あらゆる犬と猫
以上、私を幸せにしてくれる方々(敬称略)

カテゴリー+月別アーカイブ

 

FC2カウンター