エコバッグ

土曜日、Costcoのカートの中にエコバッグを2つ置き忘れてしまって、かなりショックである。2つとも手持ちのエコバッグの中では最も使いやすく、だからお気に入りだったバッグで、しかもそのうちの1つはゴムみたいな素材でちょっと洒落たデザインだった割にはものすごく丈夫で、15年以上使っているのにびくともしない優れものだったのだ。あああ、無くして惜しいことをした。

Costcoではいつも大荷物になるので、バッグを3つ持って入ったのだが、この日はなぜだか欲しいものが軒並みなくて(日本のCostcoは知らないが、当地のCostcoは行くたびに品揃えが微妙に違い、欲しいものがいつもあるとは限らない)バッグ1つで足りてしまい、使わなかったバッグ2つをカートに入れたままにしてしまったのが運の尽き。私が車のトランクに買ったものを入れている間に、雪だるまがカートを返しに行ったのだが、彼はカートの中に残されたバッグに気づかず、そのまま返してしまったのである!

まったく、空っぽのカートの中に、赤と青の派手なプリントのバッグと黒のバッグが転がっていれば、馬鹿でも気づくだろうと思うのだが、雪だるまは「全然気づかなかった」と言い張っている。きっと同店で買ったばかりの巨大シャトー風バードフィーダーが嬉しくて気もそぞろ、カートの中なんか見もせずに、上の空もいいところでカートを押して行ったに違いない。ああ、私の可哀そうなエコバッグ! 今ごろCostcoの駐車場で雨に濡れそぼっているのだろうか、それとも次にカートを取った人に気付かれて、ラッキー♪されているのだろうか? 赤/青の方はともかく、黒の方は何しろお気に入りだったので、考えると何だか胃のあたりがきゅうんとなるのだが、それはそれとして手持ちのエコバッグが2つ減ってしまったのは大問題。早急に補充せねばならぬ。

どんなものでもよければ、各スーパーが自店のロゴ入りのを格安($0.79~0.99)で販売しているので、それを買えばいいのだが、どうも今ひとつ面白みに欠ける。何かいいのはないかとEベイを覗いてみたりもしたが、面白いと思ったものは送料も入れると論外!の値段になってしまうので、早々に諦めた。

ちなみに日本でよく使われているタイプのエコバッグは、こちらではほとんど役に立たない。1回に買う量と、そのバッグを使う場面が全然違うからである。何もかも小振りで小奇麗な日本とは異なり、当地は牛乳1袋が3L入り、ジャムは500g、りんごは1~2kg、パンは2~3斤に相当する量が1袋という国である。なまじな大きさのバッグでは、買った物が入りきらない。そして大都市はいざ知らず、当町のような田舎では歩いて買い物に行く人などまずいないから、バッグはレジから車、車から家の中に運び込むのに使うだけ。日本のように買い物袋を提げて歩いて帰る、なんてことは全く想定していないので、自ずとバッグは“この大きさならどんなに詰めても楽に持ち運べるだろう”という大きさではなく、“この大きさなら目一杯詰めても何とか持ち上げられるだろう”という大きさに作られている。標準サイズは35×42×17cmくらいだが、もっと大きいのももちろんある。一度ダウンタウンのスーパーで、イケアの巨大ショッピングバッグをエコバッグに使っている人を見かけたことがあるが、あれなどトイレットペーパーでも運ぶのでない限り、いっぱいに詰めたが最後、常人では持ち上げられそうもないと思うのだがどうだろう。まあ、その時見かけたのは、上背もあれば横幅もあるガタイのいいお兄さんだったので、心配する必要はなさそうだったが。
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://gaudynight.blog.fc2.com/tb.php/1563-df5d907a

Comment

Amei

私はエコバッグを二種類、自作しました。ひとつは一目惚れした模様のシャワーカーテンをサイズを考えずに買ったら長すぎたので、すそを切った歯切れで通常サイズのを。

もうひとつは、去年日本に帰った時に友人と買い物に出て、軽いけれどかさばるものばかり買い込んで持ちきれなくなっていたら、友人が貸してくれたサンタクロースの袋並みの巨大な肩掛けのマチ付きエコバッグが便利だったので、同様のものを自作。

後者は重いものは無理なんですが、私は服や靴などを年に数度まとめて買い漁る癖があり、そのときにすごく便利です。

我が家は息子が牛乳を一日1.5L飲むので、その補充が大変で、牛乳用の丈夫なエコバッグがあります。
  • URL
  • 2014/05/07 09:58

らうとら

私も一瞬、手持ちの布で自製しようかと考えたのですが、重いものを入れた時の持ち手の強度が心配で、ついでに大きさが大きさなので、ある程度布地に腰があり、自立するくらいのバッグでないと物を入れづらい。接着芯でもつければいいのだろうが、当地ではどこで売っているのかわからない(手芸屋なんか、ないのだ)、ので諦めました。
結局、昨日買い物の時にスーパーのロゴ入りのを2つ買って、ちょん。面白くないけど、不織布で結構丈夫だし、ダメになっても諦めのつく値段だし、とりあえずこれで我慢します。
でもEベイで見た、恐竜模様のバッグ、欲しかったなあ。
  • URL
  • 2014/05/08 09:32

Amei

服や靴を買うときに、袋や紙袋を断るようになったせいで、家に大きな袋が全然たまらなくなったのですよ。それはそれで不便。着なくなった服をまとめて出すときなどに。

以前に頂いたヘラジカ模様のエコバッグは愛用してます! ワイン用の仕切りが、ガラス瓶の醤油とかオリーブオイルとかに便利です。

重い物用を自作するのは難しいですね…
  • URL
  • 2014/05/08 15:43

らうとら

手芸屋さんでも近くにあれば、丈夫な持ち手/ベルトでも買って自作する手もあるのでしょうが、何しろここは田舎なもので。ほんと、選択肢が制限されますわ。みんなが持ってるスーパーのロゴ入りバッグなんか、面白くないよお。くすん、くすん。
  • URL
  • 2014/05/10 21:32

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

らうとら

Author:らうとら
ドロシー・L・セイヤーズ、ローリー・R・キング、P.D.ジェイムズ、ディック・フランシス、水村美苗、高村薫、戸塚真弓、ヘレン・ミレン、シャーロット・ランプリング、ソフィ・マルソー(40代以降に限る)、ヘレナ・ボナム・カーター、アンジェリーナ・ジョリー、三代目金馬、小さん、枝雀、エンヤ、クイーン、ドゥルス・ポンテス、マドレデウス、J・S・バッハ、ちあきなおみ、トケイ・ピノ・グリ、アール・グレイ、自転車(冬季を除く)、あらゆる犬と猫
以上、私を幸せにしてくれる方々(敬称略)

カテゴリー+月別アーカイブ

 

FC2カウンター