デカフェ

この度、デカフェというものを買ってみた。今までは紅茶を飲もうがコーヒーを飲もうが、カフェインで眠れなくなるなんてことはなかったので、昼でも夜でも好き勝手にコーヒー、紅茶を飲んでいたのだが、最近、寄る年波か、はたまた体質が変化したのか、夜コーヒーを飲むと目が爛々と冴えて、いつまでたっても寝入れなくなったのだ。

いくら完全リタイアのお気楽な身分でも、朝方の私としては夜中の1時や2時まで起きていたくはない。しかしコーヒーは飲みたい。ならば、デカフェという経緯である。

ちょうどセールだったので、インスタント(ネスカフェ)とレギュラー(Lavazza)と両方買ってみた。まだインスタントの方しか試していないが、カフェイン抜きでも味が違うようには感じられない。にもかかわらず、夜飲んでも、ちゃんと定時に眠れる。なかなか結構。

そしてついでにウィキのカフェインの項も読んでみた。紅茶にもカフェインは含まれているはずなのに、なんで紅茶は寝る前に飲んでも眠れて(私の場合)、コーヒーは眠れないのか不思議だったからである。

でウィキによると、紅茶1杯(235ml)に含まれるカフェインは47mg、インスタント・コーヒー1杯(235ml)に含まれるカフェインは62mgと、もともと紅茶の方がカフェインが少ない上、“茶に含まれるタンニンと結び付いてその効果が抑制され、コーヒーのような興奮作用は弱く緩やかに作用する”からだそうである。ふうん。

も一つついでに、カフェインは摂り過ぎると中毒症状を起こしたり、ひどい時には死亡したりするそうだが、カフェインの半数致死量(投与した動物の半数が死亡する量)は、体重1kgあたり約200mgだそうで、つまり体重50kgだとすると10,000mg。インスタント・コーヒー(1杯62mg)なら160杯くらい、レギュラー・コーヒー(95mg)なら100杯くらい飲まねばならず、そんな量をいっぺんに飲んだり飲ませたりするのは不可能なので、コーヒーで死んだり殺したりするのはどうやら無理のようである。そういえば推理小説にも、ニコチンで殺す話は出てくるが、コーヒーで殺す話は出て来ないなあ。濃縮すればしたで、苦くて飲めたものではないだろうしなあ。
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://gaudynight.blog.fc2.com/tb.php/1567-d2777617

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

らうとら

Author:らうとら
ドロシー・L・セイヤーズ、ローリー・R・キング、P.D.ジェイムズ、ディック・フランシス、水村美苗、高村薫、戸塚真弓、ヘレン・ミレン、シャーロット・ランプリング、ソフィ・マルソー(40代以降に限る)、ヘレナ・ボナム・カーター、アンジェリーナ・ジョリー、三代目金馬、小さん、枝雀、エンヤ、クイーン、ドゥルス・ポンテス、マドレデウス、J・S・バッハ、ちあきなおみ、トケイ・ピノ・グリ、アール・グレイ、自転車(冬季を除く)、あらゆる犬と猫
以上、私を幸せにしてくれる方々(敬称略)

カテゴリー+月別アーカイブ

 

FC2カウンター