他人の不幸に一役買うのはいやである

  • 2014/05/30 21:10
  • Category: 雑記
昨日は買い物の帰り、店の外のカートの中に置き忘れられた財布を見つけた。
たぶん、駐車場までカートをカラカラ押してきて、買った物は車に入れたが
ハンドルに近い上部に置いた財布はころり忘れて車に乗り込んでしまったのだろう。

あらぬ疑いをかけられては嫌なので財布そのものには触りもしなかったが
どうみても女性のものと思われる長財布で、カードやら何やらでみっしりと膨らんでいた。
昨今、財布の中に入っているのは現金というより免許証、バンクカード、クレジットカードを始めとする
各種カード類で、当地の場合はこれに州の医療保険カードや病院の登録カードが加わり
人によっては学生証や会社の身分証、プレゼントで貰ったギフトカードなどが加わったりもするから
それぞれ財布はカードでぎっしり、の状態だと思う。仕事もしていなければ、口座も一つだけ
クレジットカードも1枚だけの私ですら、財布の中には10枚以上のカードがひしめいて
カード用のポケットだけでは入りきらない有様なのである。況や現役で活躍中の人に於いてをや。

これらのカードはもちろん大部分再発行がきくものだが、
それにしても全部いっぺんに無くしたとわかった時の血の気が一気に引くような絶望感と、
その後の再発行にかかる手間暇は、考えただけで身がすくむ。

なので私は、私の車のそばに置き去りにされていたその財布入りのカートをカラカラと押して店に戻り
レジの女性に財布を指し示して、忘れ物であることを伝えた。
私は「誰かがカートの中に財布を置き忘れましたよ」という文をフランス語で言うことはできなかったのだが
“Quelqu'un...(誰かが)”と言ってカートの中の財布を指し示しただけで、コトは十分通じた。
幸い、混んでいる店でレジには4、5人の従業員がおり、そのやりとりを見ていたので
彼ら全員で結託して財布をネコババすることはないだろうと思い(そう、私は人を余り信用していないのである)
そのまま店を出た。

私は格別正直な人間でも、善意に溢れた人間でもないが、人のものを積極的に盗ろうとは思わない。
(空き地や道端=誰か、または州の所有地での石ひろいを、他人の財産に対する侵害、
他人の財物の窃取と言われれば一言もないが) 万引きもしない。
自分がされたらいやだから、他人にもしない、という幼稚園児のような理屈である。
他人の不幸に一役買うのはいやなのである。
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://gaudynight.blog.fc2.com/tb.php/1572-c82f8684

Comment

とらこ

全然違う話題でごめんなさい。らうとらさん、たしか以前ワイルドフラワーみたいな種を買ってましたよね?あれは開花しましたか?わたし、ああいうさりげない花がすごく好きなんですよ。きのうバラ園に行ったとき、別の場所にワイルドフラワーが一面に咲いていて、らうとらさんのことを思い出しました。
  • URL
  • 2014/05/31 17:25
  • Edit

らうとら

ワイルドフラワー、そういえば去年もタネを買った話は書いたけど、咲いた話は書かなかったような。申し訳ありません。写真、探したのですけど見つからなくて、仕方なく一昨年の写真をアップいたしました。1エーカーくらいの庭があったら、思いっきりワイルドフラワーのタネ、蒔いてみたいんですけどねー。あれは大スケールでやらないと、面白みがないです。
  • URL
  • 2014/06/01 23:22

Amei

元の話でゴメンナサイ。私もらうとらさんとほぼおなじ感覚です。あと強いて言えば、こっそり拾得した場合には「そんな薄汚いことをした自分が許せなくて後々長いこと寝覚めが良くない」と思います。

「喜んで拾う」「後ろめたく思いながら拾う」「捨て置く」「届ける」等々、対応には色いろあると思うのですが、戦乱に巻きもまれているわけでもない治安の良い現代先進国(一応)に済む我々としては、「届ける」「他人の不幸に一役買うのはいや」という感覚を子供にも持って育って欲しいのです。でもこういうのってどうやって教えればいいのでしょうね。

ちなみに夫は「捨て置く」派です。学齢期から人格形成期までがびっちり文化大革命と重なってます。
  • URL
  • 2014/06/03 10:07

らうとら

文革時期に育った人が「捨て置く」派になるのは、わかる気がします。よいことにせよ、悪いことにせよ、何かにかかわるのは身のためにならないと考えるのは、あの時期に育った人としては当然でしょうから。
翻って現在、善悪の基準というものは結局のところ、各個人の考え方に帰するところ大で(特に他人が見ていない場合)、どう処すべきか教えることはできても、それを実行するか否かはまた別。天知る、地知る、我知る、で結局自尊心の問題かなあ。とエラそうに言っている私も、各所でさまざまな悪いことをやらかし、夜中にぎゃあ!と恥の叫びを上げているわけではありますが
  • URL
  • 2014/06/03 22:53
  • Edit

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

らうとら

Author:らうとら
ドロシー・L・セイヤーズ、ローリー・R・キング、P.D.ジェイムズ、ディック・フランシス、水村美苗、高村薫、戸塚真弓、ヘレン・ミレン、シャーロット・ランプリング、ソフィ・マルソー(40代以降に限る)、ヘレナ・ボナム・カーター、アンジェリーナ・ジョリー、三代目金馬、小さん、枝雀、エンヤ、クイーン、ドゥルス・ポンテス、マドレデウス、J・S・バッハ、ちあきなおみ、トケイ・ピノ・グリ、アール・グレイ、自転車(冬季を除く)、あらゆる犬と猫
以上、私を幸せにしてくれる方々(敬称略)

カテゴリー+月別アーカイブ

 

FC2カウンター