2014年春 動物編

  • 2014/06/03 22:32
  • Category: 動物
初チッピーは、4月の初めだった。まだ庭に大量に雪が残っていた頃だったが、冬眠から覚めたらしい寝ぼけ眼のチッピーが、彼の棲み家と想定される庭石のそばの雪の間から、ちょこんと顔を出してあたりを見回していたのである。4月とはいえ、まだまだ暖房なしではいられなかった室内からそれを見ていた私と雪だるまは、たとえまだ雪が40cm近く積もっていようとも、気温が零下であろうとも、とうとう春が来たのだと実感した。


4月初め 雪の中のチッピー

IMG_4150.jpg


チッピーが現れた!となれば、準備すべきはピーナツである。殻付き、塩なしの純正ピーナツ。まあほんとは、塩さえついていなければ殻はついていてもいいのだが、私と雪だるまの場合、嵩張る殻付きのピーナツをチッピーが無理やり頬袋に詰め込み、頬をぱんぱんに膨らませて駆けていく様子が可愛いので、鳥用には殻なしを買っても、“チッピーには殻付きピーナツ”と決めている。

この今年のチッピー、去年の子に比べ物怖じしないようで、最近は頻繁にデッキに姿を現し、ピーナツをねだるようになった。特に雪だるまには慣れて、するするっと彼の膝に登り、背伸びして雪だるまの手からピーナツを取って行く。なんとも愛らしい。
またいつだったかは、開け放してあったフランス窓から家の中に入り込み、階段を下りて地下の雪だるまの仕事部屋まで行き、ぐるりと探検して帰って行った。網戸に登ってエサを要求した2012年のチッピー・ザ・頑皮ほどではないが、この子もなかなか冒険心旺盛と見える。


雪だるまの膝に乗りピーナツを頬張る(お見苦しい腕と脚が見えていてすみません)

IMG_4275.jpg


そして最近、2匹目のチッピーがいることも発見した。上記チッピーよりいくぶん大柄、年も取っているようで、頭の後ろの毛の毛艶が悪く、ややみすぼらしい。よってこの子はラッティ(ratty=みすぼらしい)と命名された。犬と違い個体差が少ないシマリスなので、チッピーとラッティを遠目で見分けるのは困難だが、近寄ればわかる。また性格も違う。ラッティの方がより慎重で警戒心が強く、間違っても膝に登ってきたりはしない。

チッピーのほかに我が庭によく出没する動物と言えば、ブラッキー(黒リス)3兄弟がいる。ほんとは兄弟かどうかは不明なのだが、よく3匹連れ立ってやって来るので、ブラッキーブラザースと呼んでいる。黒リスは食べる量が半端ではないし、庭を掘り返したり、チッピーをいじめたりするので歓迎はしていないのだが、冬眠しない彼らは冬の間も休むことなく出没する。そして鳥のエサをかすめ取って行く。厚顔なる泥棒たちである。


どうみても、コソ泥の顔

IMG_4200.jpg


もうひとつ、ごくたまにだが灰色リスの姿を見ることもある。この間見かけたのは、まだ子供なのかチッピーと黒リスの中間くらいの大きさで、色も灰色と茶色の中間のような色だった。


フィーダーポールに登る灰色りす君

IMG_4203.jpg


そのほか隣家の飼い猫も時々出没するが、猫は黒リス同様、鳥をいじめたり(というか、獲ったり)、チッピーをいじめたりするので、我が家では歓迎されていない。見かけると雪だるまが激しく追い払う。英語で「出て行け!」とか何とか言っているようだが、当地の猫に英語が通じるかどうかは疑問である。みんなフランス語で躾けているのではないかしらん。私自身は猫が好きなので少々残念なのだが、チッピーを食われては困るので、私も見かければ出て行ってくれるよう(日本語で)お願いしている。

そして哺乳類以外の動物では、以前にも書いたようにさまざまな鳥が、さまざまにやって来る。何しろ鳥好きの雪だるまが、あれこれ中身の違うフィーダーを7個も設置している。エサは常に豊富である。水が飲みたければバードバスもある。裏には雑木林もあり、遊び場&お休み処には不自由しない。天気の良い日、デッキに座ってぼーっとしていると、チッキディー、ナットハッチ、キツツキ、パープルフィンチ、ゴールドフィンチ、グラッコー、各種のスズメ、ロビン、ダヴ、ピジョンなどが三々五々やってくる。5月に入ってからは、ハミングバードも来るようになった。

お、と書いているうちに、またチッピーがデッキに現れました。フランス窓に手をかけ、こちらを覗きこんでいます。ピーナツの要求と思われます。さっき8個、あげたばかりなのになあ。もう食ってしまったのだろうか? それともどこかのキャッシュに貯め込んだのか。まあいいや。給食おばさんに変身しますので、今日はここまで。
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://gaudynight.blog.fc2.com/tb.php/1575-65ff4ad6

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

らうとら

Author:らうとら
ドロシー・L・セイヤーズ、ローリー・R・キング、P.D.ジェイムズ、ディック・フランシス、水村美苗、高村薫、戸塚真弓、ヘレン・ミレン、シャーロット・ランプリング、ソフィ・マルソー(40代以降に限る)、ヘレナ・ボナム・カーター、アンジェリーナ・ジョリー、三代目金馬、小さん、枝雀、エンヤ、クイーン、ドゥルス・ポンテス、マドレデウス、J・S・バッハ、ちあきなおみ、トケイ・ピノ・グリ、アール・グレイ、自転車(冬季を除く)、あらゆる犬と猫
以上、私を幸せにしてくれる方々(敬称略)

カテゴリー+月別アーカイブ

 

FC2カウンター