サイクリング

  • 2014/07/27 08:39
  • Category: 雑記
学校は休みだし、夏の盛りは庭仕事も暇なので、最近よくサイクリングに出かける。サイクリングと言っても、トゥール・ド・フランスみたいなかっこいい装備に身を固め、極細タイヤの自転車で風を切って道路を疾走するようなのではなくて(このあたりの道路には、そういう人が多い)、家の中にいる時の服装のままふらりと自転車にまたがり、ヘルメットもかぶらず畑の中の田舎道をのんびり走る長閑なやつである。

私が住んでいる町は、住宅は小高い丘の上に広がり、その下、南側の斜面はなだらかな起伏の農業地帯になっている。だから南斜面に下る3本の道のどれを採っても、住宅地と農業地帯の境目は長い下り坂。その長い下り坂を一気に走り下りると、目の前にぱあっと青々とした農業地帯が広がる。道沿いにぽつり、ぽつりと農家が点在してはいるが、視界の大部分は茫々と広がるトウモロコシ畑やじゃがいも畑だ。それが延々と続く。遠くの丘は青く霞んでいる。


IMG_4393.jpg


IMG_4394.jpg


別に何があるわけでもないのだが、その茫々とした風景の中をきこきこ自転車で走っていると、だんだんと気が晴れてくる。人は通らない。車もたまにしか通らない。道端の水路にはガマやススキに似た草が茂り、丈の高いワイルドフラワーが青やピンク、黄色の花をつけている。畑を渡る風が、農家の庭のポプラの葉を白く光らせる。葉が鳴るさらさらという音が、空に響く。ポプラというのは、風の音を聞くための木だという気がする。

ウチから一番近い Rang St. Michelを下り、南斜面を横断する形のRang St. Pierre を走って、Rang St. Mathieu を登ると、ほぼ南斜面を一周したかたちになる。あるいはもう少し足を伸ばし、Rang St. Mathieuの代わりに109e Rueを登れば、もっと大きな一周になる。(Rang は、この辺りでは日本の農道のような田舎道を指す) 一回りしてだいたい10kmくらいだろうか。起伏のある道をのんびり走り、途中、農家の庭に山羊や馬が出ていれば、自転車を降りて眺めても、1時間ちょっと。夏の午後の気晴らしには、もってこいのエクササイズだ。
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://gaudynight.blog.fc2.com/tb.php/1592-b5304990

Comment

とらこ

いいなぁ。涼しそう。空気も良さそう。放射線も低そう。いいなぁ。
  • URL
  • 2014/07/27 16:04
  • Edit

らうとら

はい、確かに涼しいです。今日も朝は13度、午前10時で18度。ちっとも夏じゃない!!
このまま秋になだれ込むのではないかと、わたしはちょっと心配です。
放射線、うーん、東京よりは少ないかも。個人的には今年はいっぱい浴びましたがw
  • URL
  • 2014/07/30 12:08

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

らうとら

Author:らうとら
ドロシー・L・セイヤーズ、ローリー・R・キング、P.D.ジェイムズ、ディック・フランシス、水村美苗、高村薫、戸塚真弓、ヘレン・ミレン、シャーロット・ランプリング、ソフィ・マルソー(40代以降に限る)、ヘレナ・ボナム・カーター、アンジェリーナ・ジョリー、三代目金馬、小さん、枝雀、エンヤ、クイーン、ドゥルス・ポンテス、マドレデウス、J・S・バッハ、ちあきなおみ、トケイ・ピノ・グリ、アール・グレイ、自転車(冬季を除く)、あらゆる犬と猫
以上、私を幸せにしてくれる方々(敬称略)

カテゴリー+月別アーカイブ

 

FC2カウンター