ブログ

  • 2010/09/07 16:32
  • Category: 雑記
先日知人たちと茶飲み話をしていた際、同席したひとりから「ブログって、あれ日記なんでしょ? 自分の日記を公開したり、ひとの日記を読んだりに一体何の意味があるんだろ」との発言があり、その時は「いや日記とは限らず、単なる情報発信の場としてブログを使っている人も多いから、意味のあるなしの判断はどんな情報をどの程度の精度で発信しているかによるでしょう」と返したのだが、さてほんとのところはどうだろう。


わたしは自分でもこうしてブログを書いているし、毎日お気に入りのブログを巡回して人様がお書きになったブログを読んで大いに楽しんでもいるので、ブログに対して否定的な考えはもっていないのだが、精度の低い情報、稚拙な、あるいはあくどい文章に辟易された方も多いのだろう。一応複数の人の目を通り吟味されてから世に出てくる出版物とは異なり、ネットは誰でもどんな文章でも発表することができる。玉石混淆になるのはやむを得ない。


読む側(情報を取る側)としては、ブログの文章が好みに合わない時は敬して遠ざけ、かつ書かれていることを鵜呑みにしないという態度で接するのが妥当な線かと思うが、さて。
スポンサーサイト

Pagination

Comment

雪見

学生の飲み会で、ときどき「ブログ」という言葉が出るとどきっとします。中には「ブログ、始めてみたんですけどぉ、なんか続かなくてぇ」などと言う学生がおり、「みなさんは、ブログはやろうと思わないですか〜?」などと聞かれると、嘘をつきたくないけど、「やってまーす!」と言うこともできず、歯切れが悪くなってしまいます。そろそろと話題を変えてしまったりします(笑)。そういうとき、積極的に話に加わらずに黙ってしまう学生がいたら、「ひょっとしてやってるのかな…」と密かに疑います(笑)。
  • URL
  • 2010/09/08 10:10
  • Edit

loutra

確かに急に黙ってしまうのは、罪を認めているかも(笑)
私の場合“絶対に秘密”にしているわけではないのですが、公開すればするほど書ける内容に制限が出てくるので、生身の私を知っている人にブログのURLを公開することはなるべく避けています。なので元からの知り合いでこのブログを知っている人は、5人くらいしかいないと思います。逆にブログが縁で知り合った人にお会いするのは、一向にかまわないというか、むしろ楽しみなんですけど。(日本に住んでいれば、雪見さんにももっと頻繁にお会いできるのにねえ。多鳴ちゃんにだって会えるかも!)
ブログって日記かもしれないけど、あるテーマで書くことも多いし、そういう場合、書くことである程度考えが整理されるような気がするんですけど、どうでしょう? まあ大したこと考えちゃいないんですけどね。
  • URL
  • 2010/09/08 17:52
  • Edit

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

らうとら

Author:らうとら
ドロシー・L・セイヤーズ、ローリー・R・キング、P.D.ジェイムズ、ディック・フランシス、水村美苗、高村薫、戸塚真弓、ヘレン・ミレン、シャーロット・ランプリング、ソフィ・マルソー(40代以降に限る)、ヘレナ・ボナム・カーター、アンジェリーナ・ジョリー、三代目金馬、小さん、枝雀、エンヤ、クイーン、ドゥルス・ポンテス、マドレデウス、J・S・バッハ、ちあきなおみ、トケイ・ピノ・グリ、アール・グレイ、自転車(冬季を除く)、あらゆる犬と猫
以上、私を幸せにしてくれる方々(敬称略)

カテゴリー+月別アーカイブ

 

FC2カウンター