ばいばい、おうち

  • 2014/09/25 11:30
  • Category: 雑記
妹から、実家処分の件が決まったと連絡があった。
実家の前に住むSさんに、居抜きで譲る。
解体せず、中の家具、什器一切、片付けない代わり、無償譲渡。
司法書士等の法務費用はあちら持ち、だそうである。
こちらの持ち出しにならずに済んで、ほっとした。

都会なら、たとえどんな土地だろうと更地にすれば買い手がいるだろうが
田舎ではそうとも限らない。
まして実家は立地がやや特殊で、幹線道路からウチへの通路が
Sさんちの庭を通り抜けるようなかたちでついている。
地図の上ではちゃんと道路なのだが、ぱっと見、そうは見えない。
人の家の庭を通り抜けて、ウチに入るようにしか見えないのである。
そしてそこに築40年超の木造家屋が建っている。
父がグループホームに移ってからは誰も住んでいないので、
すでに4年近く無人のまま、掃除もしていない家である。

Sさんからは以前から「売ってもらえないか?」という話がきていたのだが
父が生きている間は、売れなかった。
父の名義だから売れなかったのではなく、40年余り前、父と母が苦労して建てた家を売ってしまっては
父がどんなにかがっかりするだろうと思い、売るに忍びなかったのである。

しかしその父も今年2月に亡くなった。
妹も私も、今後実家を住居として利用することがあるとは思えず
それなのに固定資産税を払い続け、また掃除や、
人が住んでいないから傷む一方の家の手入れに、頻繁に通えるわけでもない。
Sさんが居抜きで貰ってくれると言うなら、渋る理由はないのである。

ただ困ったのは、私の荷物だ。
実家にはまだ数百冊の本のほか、個人的な手紙や書類、写真など
細々したものが置いたままなのだ。
あれを全部ゴミにしてしまうことは、いくら何でも出来かねる。
幸い、今のところSさんが使いたいのは1階だけで
2階を利用するつもりはないようなので
2階の奥の部屋(=かつての私の部屋)は、
来年1月、私が日本に行くまで、そのままにしておいてくれるよう
妹からSさんに頼んでもらうことにしたが
はたしてそれでなんとかなるか。

いずれにせよ、これで日本には家もなくなった。
父もなく母もなく、残っているのは妹だけだな。
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://gaudynight.blog.fc2.com/tb.php/1608-d7f6ec3d

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

らうとら

Author:らうとら
ドロシー・L・セイヤーズ、ローリー・R・キング、P.D.ジェイムズ、ディック・フランシス、水村美苗、高村薫、戸塚真弓、ヘレン・ミレン、シャーロット・ランプリング、ソフィ・マルソー(40代以降に限る)、ヘレナ・ボナム・カーター、アンジェリーナ・ジョリー、三代目金馬、小さん、枝雀、エンヤ、クイーン、ドゥルス・ポンテス、マドレデウス、J・S・バッハ、ちあきなおみ、トケイ・ピノ・グリ、アール・グレイ、自転車(冬季を除く)、あらゆる犬と猫
以上、私を幸せにしてくれる方々(敬称略)

カテゴリー+月別アーカイブ

 

FC2カウンター