物忘れ-傾向と対策

  • 2014/09/27 10:34
  • Category: 雑記
今日は朝からぴかぴかの上天気、空は真っ青に晴れ上がり
冷たい東風も吹かず、まるで夏の名残のような暖かさ。
気温も23度まで上がって、半袖で過ごせた。
この間、零下に下がり、毛布を膝に巻きつけてソファに座っていたのがウソのようである。
天気予報によると日曜まではこんな陽気が続くが、そのあとはまた寒くなるようで
暖かさを楽しめるのも、あと二日か。

それはともかく、4月以来医者の命で毎朝タモキシフェンを呑んでいるのだが
千篇一律の単調な毎日を送っているせいか、はたまた記憶力が急速に衰えてきているせいか
ここ何回か、朝、薬を呑んだかどうか思い出せないことがしばしばあった。
朝食が終わってしばらくしてから、ふと「あれ、薬のんだっけ?」と
ティーポットのそばに置いてある薬の瓶を見るのだが、じいっと考えても
呑んだかどうか、はっきり思い出せない。

これではいかん!と、一時は蓋に曜日が書いてあり、
呑んだかどうか一目でわかるようになっているピルケース

こういうやつですね ↓

pill case

を買おうかとドラッグストアにも行ってみたが、
値段を見ると、これが結構高い。
ただのプラスチックケースのくせに、3~5ドルくらいもする。

こんなものに3ドルも払うのは嫌だと思ったので
何か代わりになるものはないかと、あれこれ考え
思い付いたのが、携帯用クリーム入れ。
旅行の時など、手持ちのクリームを小分けにして詰めるアレである。

蓋に曜日は書いてないが、週の初めに、1か月分の薬が入っている薬局のケースから
1週間分7粒の薬を取り出してこのケースに入れ、そこから毎日1粒ずつ呑んでいけば
その残量によって、その日飲んだかどうかは、すぐわかる。
たとえば水曜なのにケースに4粒残っていれば、呑み忘れているということである。
いくら曜日関係なしの無職の身でも、今日が何曜日かくらいは普通覚えているし
たとえ忘れても、コンピュータやカレンダーを見れば、すぐにわかる。
おまけに小さくて、じゃまにならない。便利である。

その後よくよく考えたら、私は昔ヨークの銀細工店で買った銀のピルケースも持っていたが
これは細工が繊細すぎ、また蓋の留め金も華奢にできていて、どちらかというと飾り物。
あまり日常使いには向かない。
1つ50円もしないような携帯用クリーム入れの方が、美しくはないが、ずっと実用的である。


きれいなのはこっちだが

IMG_4467.jpg


こっちの方が気軽に使える

IMG_4466.jpg

スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://gaudynight.blog.fc2.com/tb.php/1610-2b720828

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

らうとら

Author:らうとら
ドロシー・L・セイヤーズ、ローリー・R・キング、P.D.ジェイムズ、ディック・フランシス、水村美苗、高村薫、戸塚真弓、ヘレン・ミレン、シャーロット・ランプリング、ソフィ・マルソー(40代以降に限る)、ヘレナ・ボナム・カーター、アンジェリーナ・ジョリー、三代目金馬、小さん、枝雀、エンヤ、クイーン、ドゥルス・ポンテス、マドレデウス、J・S・バッハ、ちあきなおみ、トケイ・ピノ・グリ、アール・グレイ、自転車(冬季を除く)、あらゆる犬と猫
以上、私を幸せにしてくれる方々(敬称略)

カテゴリー+月別アーカイブ

 

FC2カウンター