ぐぐとらは便利なんだけど

  • 2014/10/05 11:52
  • Category: 言葉
昨日は午前中はおとなしく寝て過ごし、頭痛が消えた気がしたので
「これならだいじょうぶだろう♪」と午後から学校へ出かけたのだが
授業の後半、コンピュータ室に移動したあたりからまた頭痛がぶり返し
我が頭の血管と神経の交錯状況にほとほと愛想が尽きた気持ちで、家に帰って来た。
そして7時半にはベッドに入り、寝てしまった。
この2日間で、普段の倍くらい寝た気がする。

それはともかく、昨日は学校に着いた時点でジョジアンに
一昨日、私が休んだのは体調不良だったためだと伝えた。
ついで隣席の王さんも同じく休んだが、こちらは体調不良だったわけではなく
彼女は私の車で一緒に来ているので、私が休むと彼女も休むことになってしまうのだ
と伝えたかったのだが、これには敢え無く失敗、撃沈。

学校へ行く前、ぐーぐる・とらんすれいと で、“give her a ride” の仏訳を調べたら
“lui donne un tour”と出たので、「おし、これに主語をつければおっけー」と思ったのだったが、
言われたジョジアンは、「は?」と目をぱちくりさせて、「な、なんのことかな?」という顔。
私の発音が悪すぎたせいか、はたまたこんな言い回しはないのか、とにかく通じていないことに
間違いはない。あわてて、「彼女は車を持っていない。彼女は私と一緒に来る。
だから私が来られない時は、彼女も来られない」と、もう切り張り、片言、ブロークンもいいところの
フランス語で言い直して、やっと了解してもらった。
そして家に帰ってから雪だるまに“give a ride” のフランス語は、“donner un tour” じゃないの? 
と聞いたら、「そういう言い方はしないと思う」との答え。
じゃあ、なんて言うの?と重ねて尋ねると、しばらく考えてから その状況によって
emmener(連れて行く)か、amener(連れて来る)を使うのが普通じゃないか、と言った。
つまり“give someone a ride” みたいな言い方はしない、ということのようである。
はあ、なるほど。

ぐーぐる・とらんすれいと は、英⇔中のような文法も語彙も全く別種の言語間はともかく
英⇔仏のような比較的構造が似ており、かつ利用者膨大と思われる言語間では、
機械翻訳とは思えないほど精度が高いので、結構便利に使わせてもらっていたのだが
ま、たまにはこういうこともありますな。
語句の文字通りの意味からは意味が類推できないような言い回しをイディオムというなら
“give someone a ride” は完全なイディオムというわけではないと思うのだが
少々それっぽいことも確かで、だから機械翻訳するとややおかしくなるのかもしれない。

ちなみに“give her a ride”を、ぐぐるで日本語にしてみたら
「彼女に乗車を与える」と出てきた。
うーん、わからなくはないが、今ひとつ。
いつだったか、友達から来たメールの中国語「天啊,你们已经在加拿大了!
(=なんとまあ、あなたたちもうカナダにいたの!)」だったかを、面白がって機械翻訳してみたら
「私の神は、あなたがカナダでそれを持っている!」と出てきて、大爆笑したのよりは
大幅にましではあるけれど。
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://gaudynight.blog.fc2.com/tb.php/1617-7b7ac2e7

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

らうとら

Author:らうとら
ドロシー・L・セイヤーズ、ローリー・R・キング、P.D.ジェイムズ、ディック・フランシス、水村美苗、高村薫、戸塚真弓、ヘレン・ミレン、シャーロット・ランプリング、ソフィ・マルソー(40代以降に限る)、ヘレナ・ボナム・カーター、アンジェリーナ・ジョリー、三代目金馬、小さん、枝雀、エンヤ、クイーン、ドゥルス・ポンテス、マドレデウス、J・S・バッハ、ちあきなおみ、トケイ・ピノ・グリ、アール・グレイ、自転車(冬季を除く)、あらゆる犬と猫
以上、私を幸せにしてくれる方々(敬称略)

カテゴリー+月別アーカイブ

 

FC2カウンター