『風車小屋だより』

  • 2014/11/02 21:54
  • Category:
先日のフランス語教室では、どういうわけだか出席者が少なく、これで新しい項目を始めてしまうわけにはいかないと、代わりに「本を読んで、その要約と感想を書く」というお題を頂戴した。本はみんな(といっても4人だけだったが)でジョジアンと共に学校の図書室に行き、そこで借りた。

ドアに付いたガラス窓からちらちら眺めていた時も「なんだか小さい図書室だなあ」とは思っていたが、中に入ってみると思った通り大変小さい図書室で、蔵書も多くない。それでも一応、哲学、自然科学から文学まで並んでおり、文学は国別に一塊になっていた。一番充実していたのは当然ながらケベック文学のコーナーで、書架3つくらいを占領。まあな、ケベックの学校でケベック文学を置いていなかったら、話にならないしな、と思う。

係りの女性から各コーナーについて簡単な説明を聞いた後、それぞれ恋愛小説(ホセ君)やケベックの歴史についての本(王さん)、Asterixの絵本(仏語はABCから始めたばかりのZ君)など、好みに合わせて1冊選択。そんななかで、私はドーデの『風車小屋だより』(Lettres de mon moulin )を選んだ。子供の頃に読んだ印象から言って、これなら初級の私にも何とか読めるかなと思えたことと、本が薄くて持ち運びに便利なこと、短編集で各話が数ページしかないので、視力と根気が尽きる前に1話くらいは読了できるだろうと思えたのが理由である。(4~500ページもある大部の本では、一生読み終われそうにない)

ところが、本を持って借り出し手続きに行くと、係りの女性はその薄い本を手に取りながら「これは詩の本?」と聞く。びっくりした私はへどもどしながら「いや、contesだと思う」と答えたのだが、どうも彼女はドーデを知らないようすで、ふうんという顔で手続きを進めていく。

正直わたしは「仮にも図書室担当の人が、どうしてドーデを知らないの?」とちょっと呆れたのだが、家に帰ってア○ゾン・ジャパンを検索してみると、私が子どもの頃あれほど有名で、小・中学校の図書館必備だった彼の本は、今ではほとんど絶版、品切れ。全然読まれている風がないのだった。さすがにア○ゾン・カナダでは仏語版も英訳版もまだ扱っているが、それとてベストセラーという感じではない。

考えてみれば、私が子どもだったのは40年も前。当時の必読図書は“今”の必読図書ではなく、19世紀フランスの一小説家などケベックでは知られていなくて当然ということか。雪だるまでさえ、ドーデの名は知っていたが読んだことはなく、「(動詞の活用でまごまごしているくらいのくせに)19世紀のフランス語を読む気か?」と笑っていたし。

しかしそうは言っても、現代ケベックの作家など、梨の木さんが薦めてくださった一人を除いて私は全く知らないし、現代のフランス語だから読みやすいというわけでもあるまい。それに古典はすでに翻訳がある。辞書を引き引き考えてもわからなかったら、翻訳を当たるという手を使えるのである。しかもネット上にあったりするから、便利至極。現代作家では、こうはいかない。
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://gaudynight.blog.fc2.com/tb.php/1628-6c32b2d4

Comment

梨の木

ドーデはそちらではあまり知られていないのですね。同じフランス語圏の人が名前もしらず、フランス語とは全然縁のない日本では翻訳もあり名前も知られているって、なんだか変な感じがしますねぇ。

「風車小屋便り」の中に「セガンさんの山羊」と言う話があるのですが、フランスではこれだけとりだして子ども向きの本になっていたりするので、「風車小屋だより」全体は読んだことがなくても、この話だけは知っているという人がけっこういるかもしれません。

わたしも何回かディクテでやりました。。。。難しかったです。。。
でも、南仏の空気の香りがただよってくる文が好きで、いまもときどき読み返します。らうとらさんの話をきいて、また読みたくなりました。
  • URL
  • 2014/11/04 00:20

loutra

このあと、例の日本語学習中のV君にも聞いてみたのですが、やっぱり彼も知りませんでした。そして中をぱらぱらっと見て「あ、アルジェが出てきますね。うーん、フランスとかアルジェとか、ここからは遠いですからねえ」と言っていました。フランスとのつながりなんて全然意識していない感じで、私の方がびっくり。ケベック人にとっては、ケベックはケベック、フランスはフランスで、フランス語を共有している意識なんか、ないのかもしれません。

ところでドーデ。「セガンさんの山羊」は実は去年授業で、その一部を少しだけ読みました。普段教室では使わない単純過去があちこちに出てきたことだけが印象に残っています。今わたしが読んでいるのは(読もうとしているのは)、「LE SECRET DE MAÎTRE CORNILLE」。よくわからないところもあるけど、なかなか楽しいです。
  • URL
  • 2014/11/04 21:58

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

らうとら

Author:らうとら
ドロシー・L・セイヤーズ、ローリー・R・キング、P.D.ジェイムズ、ディック・フランシス、水村美苗、高村薫、戸塚真弓、ヘレン・ミレン、シャーロット・ランプリング、ソフィ・マルソー(40代以降に限る)、ヘレナ・ボナム・カーター、アンジェリーナ・ジョリー、三代目金馬、小さん、枝雀、エンヤ、クイーン、ドゥルス・ポンテス、マドレデウス、J・S・バッハ、ちあきなおみ、トケイ・ピノ・グリ、アール・グレイ、自転車(冬季を除く)、あらゆる犬と猫
以上、私を幸せにしてくれる方々(敬称略)

カテゴリー+月別アーカイブ

 

FC2カウンター